• 「人材獲得戦争」に勝つのはデジタルに強い会社

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    かつてなく熾烈な争いとなっている「人材獲得戦争」で、企業が明確な優位性を得るためにできることが一つある。それは、会社をデジタル面で傑出した存在にすることだ。つまり、自動化技術や人工知能(AI)、職場の協働ツールなどの技術を完全装備すると同時に、従業員がデジタル分野の知識を深められるよう、訓練に大きな ...

  • 人の管理から開発へ 「人財」時代の人事のあり方

    堀尾 司 , Official Columnist

    経営の中で人材という経営資源がどう位置づけられてきたのか。俯瞰的に経営の潮流をたどってみると、そこには「人をどう見るか」という思想の変遷がうかがえる。人事がこれまで、経営の中でどのような役割を担い機能してきたのか、その変遷を見てみよう。従来から今に至るまで必要とされる機能の一つは「労務管理」「人事管 ...

  • 米国の人材紹介企業ランキング2018

    Vicky Valet , Forbes Staff

    採用プロセスがシンプルなことはほぼない。それは求職者側にとっても、求人企業側にとっても同じだ。米キャリア情報サイト「グラスドア」によると、優秀な人材を集めることが最大の課題だと認める採用責任者は76%に上る。また、従業員採用プロセスは、米国で1人当たり平均23.8日かかり、コストは平均4129ドル( ...

  • 業績を著しく損なう高離職率 人材引き留めのためすべきこと

    Jeff Boss , CONTRIBUTOR

    私が所属していた米海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」では、優秀な隊員を殉職で失うことが多かった。私がいたレベルでは、優秀な隊員が自発的に「もううんざり」と言うことはほとんどなかった。だが、そうした例は実際にあった──それは私だ。顧客指導や講演で私の経験を共有すると、常に聞かれる質問が2つある。1つ目は ...

  • メルカリの「世界を制する人材戦略」 幹部の採用基準とは

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    未上場で評価額が10億ドル(約1100億円)を超え、「ユニコーン」と称されるメルカリ。同社が急成長を続ける背景には、経営陣それぞれの意思決定の歴史があった。メルカリのHPを見ると、24人もの経営陣の名前がずらりと並ぶ。彼らは何を基準に登用されているのか。そんな疑問を抱いてしまうのは、創業からわずか4 ...

  • 中国エリート学生が日本企業に求める条件

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    「破壊こそ、創造」──そんな刺激的なキャッチコピーで、日本のみならず、世界の学生たちに支持されているインターンシップがある。ワークスアプリケーションズが提供する、約20日間にわたるインターンシップだ。実際のビジネスで起こりうる答えのない難解な課題を分析し、仮説を立て、それを実現する新製品を企画・開発 ...

  • 平均年収は3千万円以上「自動運転エンジニア」獲得戦争の行方

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車の開発競争が激化する中、大手企業が技術力のあるスタートアップを次々と傘下に収めている。GMは5億8100万ドルでクルーズ・オートメーション(Cruise Automation)を、ウーバーは6億8000万ドルでオットー(Otto)を買収し、フォードはアルゴAI(Argo Ai)に10億ドル ...

  • 勤務先が「従業員を大切にしているか」見極める10のヒント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    企業の多くが人材を募集する際、「業界の最も優秀な人材が働きたがる当社」などといった言い方をする。だが、口で言うのは簡単なことだ。企業の素晴らしさはその発する言葉ではなく、賃金規定をはじめとする諸規定、社内のリーダーシップや文化に関わる問題に向ける関心、従業員が何らかの調整を必要としたときに見せる柔軟 ...

  • 移民制限で米国が失うのは「科学の人材」 高校生のコンテスト結果が証明

    Stuart Anderson , CONTRIBUTOR

    移民を認めないことにしたら、米国は何を失うのだろうか?それは、米国にとって最も重要なものの一つ、移民の子どもたちによる国への貢献だろう。米国政策財団(NFAP)が先ごろ発表した報告書によると、全米の高校生を対象に行われる科学コンテスト、「インテル・サイエンス・タレント・サーチ」では2016年、最終候 ...

  • 事務職でキャリアを築く無期雇用派遣「ミラエール」の展望とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スタッフサービスが「無期雇用派遣」の仕組みを、大手派遣会社のなかで初めて本格的に事務職にも取り入れ(ミラエール)、新しい就業のカタチとして注目を集めている。同社東京オフィス事業本部・本部長の平井真にヒットの理由を聞いた。「ミラエール」の名前の由来は「未来にエールを」です。営業職として出発した ...

  • 日本で最も成功した女性起業家、テンプスタッフ篠原欣子の人生

    Chloe Sorvino , Forbes Staff

    今から約40年前、高校卒業後にイギリスとオーストラリアの企業で秘書職を経験した篠原欣子は、自宅の一室で人材派遣業のテンプスタッフを創業した。現在82歳の彼女は、日本で最初の資産額10億ドルを超える女性起業家となった。篠原は2013年にテンプスタッフの持ち株会社のテンプホールディングスの会長職に退いた ...

  • 有能な外国人に敬遠される「日本」という職場、魅力は中国・インドに及ばず

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    国の競争力に関する2つの重要な側面において、中国とインドは日本を追い抜いた。人材を引き付ける力、そして維持する力だ。これは、世界経済フォーラム(WEF)が発表した2016~17年版の国際競争力ランキングで示された重要な結果の一つだ。優秀な人材を誘致する力の項目で、中国は22位、インドは23位と日本の ...

  • ビジネスリスクを解消する「人材戦略xテクノロジーxイノベーション」という方程式

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    地政学的なリスクや市場の不安定化により、かつてないほど経営が難しくなっている。そうした時代に、社長が取るべき道とは。世界的コンサルティングファーム「PwC(プライスウォーターハウスクーパース)」の協力のもと、世界の経営者たちの思考を紐解いていく。日本のCEO126人を含む世界83カ国から1,409人 ...

  • 「求められる人材」になる5つの方法

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    企業が求める人材とは、どのような人なのだろうか?雇用市場にあまり長くとどまることなく、容易に次の仕事をみつけられる人だ。つまり、コミュニケーションをうまく取ることができる人だ。こうした人たちは、自分の関心事や経験について、応募先の採用担当者に適切に伝えることができる。どうすれば、企業が採用したい求職 ...

  • 英テック企業ら悲鳴 EU離脱で「人材難」が急襲、国外脱出の動きも

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    6月24日朝(現地時間)、ロンドンのテック企業関係者に衝撃が走った。EU離脱の是非を問う国民投票は、大方の予測を裏切り離脱派が勝利。イギリスのEU離脱が決定的になった。ロンドンのテック起業家の90%が望まない決定が下された。起業家の多くはEU圏外からの移民だ。スタートアップ企業の多くが戦略の見直しを ...

  • 信頼出来る人材スカウトを見分ける5つの基準

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    現在の職場とは関係ない人材スカウト(ヘッドハンターともいう)から声を掛けられ行動を共にすることになったならば、自分の中に何か基準を設定せねばならないと誰もが考えるだろう。自分に接触してくる人材スカウトと軽い気持ちで込み入った話をする前に、その人物を見極める必要がある。さもないと厄介な事態になりかねな ...