• 人口減続く中国「一人っ子政策廃止」でも出生率は日本以下

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    中国政府は2016年に「一人っ子政策」を緩和し、高齢化や若年労働者不足を解決する意思を明らかにした。しかし、中国では個人資産が増加する一方で、20年にわたり人口減少が続いている。中国の出生率の減少に歯止めはかかっていない。そんな中、小売業界でも変革が求められている。世界最大の人口を誇る中国では、自動 ...

  • 老いる中国、「出産補助金」検討も焼け石に水?

    Yue Wang , FORBES STAFF

    31歳のシャオ・チエンは、2人目の子どもは産むべきではないと考えている。彼女は出産をきっかけに1年前、建築士を辞めて専業主婦になった。給与を失ったため、今は懸命に節約して養育費を捻出している。「昨年は第1子に全てを費やした。もう1人育てる時間もお金もない」。シャオはこうフォーブスに語った。シャオだけ ...

  • 某ブランドが作る「生地の長さ」は、日本経済のバロメーター?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    毎年、ラニフィーチョ工場で作られるファブリックの長さー2,300,000m「エルメネジルド ゼニア」は、毎年2,300,000mの生地を織り上げる。この数字は、ラグジュアリーブランドとしてはもちろんのこと、テーラーの本場イタリアにおいても、スーツ生地としては群を抜くものとなっている。イメージを膨らま ...