• 女性は、交渉の場面で不利なのか?

    林 久美子 , Official Columnist

    「女なんだから、しおらしくしておけ!」「女なんだから、助けてくださいと言え!」自分の思い通りの方向に物事が進まず、狭い部屋に苛立ちの声が響いた。いずれも、現職の男性国会議員が、女性国会議員に対して投げつけた暴言の一部である。政治は交渉の場面が多い。誰と誰が組むのか、どの法案を優先して成立させるのか、 ...

  • 内定取り消しを恐れて交渉を我慢、求職者が払う代償は

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のコールから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は4か月の転職活動の末、つい最近内定をもらいました。内定を承諾する前に、提示された条件を交渉したいです。自分には、より高い基本給と役職をもらう価値があると思います。低い役職で新たな役割に就いてしまうと、なかなか成功できないのではないかと思いま ...

  • 顧客との交渉 避けるべき5つの「罠」

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    新規、既存を問わず、顧客との交渉は、極めるのが難しいスキルだ。一般的に使われがちな戦略はあるが、その多くは「交渉ではアグレッシブな姿勢を取るべき」という考えに基づいており、理想的とは言えない。こうした戦略は特定の環境ではうまくいくかもしれないが、顧客との関係性を台無しにする危険性もある。私は、ビジネ ...

  • 謝罪の強要は無意味 人を変える対話法とは

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    誰かと口論になった時、相手に謝罪させれば成功だというのは、大きな誤解だ。自分の使命は間違いを犯した相手に苦悩や罪悪感、責任を感じさせることにあるとか、「すみません」と謝らせることが相手のためになると、あなたは信じているかもしれない。だが「すみません」を言わせたからといって、相手の行動が変化する保証は ...

  • 「怒り」で交渉を決裂させないための5つの方法

    Alexandra Dickinson , CONTRIBUTOR

    誰にでも、交渉相手にいら立ったり、相手に軽く見られていると感じたり、怒りを感じたりすることはある。そうした場合にも関係を維持するため、あるいは一層強化するために必要なのは、次の5つの対応だ。1. まずは自分の感情を把握するマインドフルネス(今この瞬間に注意を向けること)によって、感情をよりよくコント ...

  • 内定に飛びつく前に言うべきこと

    Lelia Gowland , Contributor

    転職活動でついに内定を受けたその瞬間は、喜びのあまり「はいっ!いつから出社しましょうか?」と言ってしまいたくなる。しかし、どれほど胸が躍っていようと、その気持ちはぐっとこらえよう。内定承諾前は、会社側と交渉する絶好の機会だ。たとえ交渉しないと決めても、返事の前に一息つくことで、新たな職場での成功に向 ...

  • 女性に対する男性の交渉姿勢、トランプ当選で攻撃的に 6つの対処法

    Avery Blank , CONTRIBUTOR

    昨年の米大統領選以降、女性に対する男性の交渉スタイルがより攻撃的になっていることが、ペンシルベニア大学ウォートン校のコリーン・ロー助教授らの研究により明らかになった。トランプ大統領の名前にあやかり「トランピング・ノームズ(打ち負かす典型的行動様式)」と題された論文にまとめられた研究結果は、米経済誌ア ...

  • 出資求めるピッチは女性に「二重に不利」、有効な戦術は?

    Geri Stengel , CONTRIBUTOR

    「ピッチ」はエンジェル投資家やベンチャーキャピタルに対し、自分の事業に出資をしてくれるよう説得するための機会だ。そのため、起業家にとってピッチのスキルは極めて重要なものだ。起業家のアイデアがどれほど良いものであろうとそうではなかろうと、投資家たちがお金を出す相手はアイデアというよりピッチをする起業家 ...

  • 給与交渉の際に考えるべき5つのポイント

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    100万ドルほしいなら、給与交渉術を学ぶべきだ。ビジネスインサイダーによると、キャリアを通じて給与交渉を避けた場合、人生のなかで約100万ドル(約1億1900万円)を失っている計算になるという。原因はただ、「あなたが質問するのを恐れているから」にほかならない。私がキャリアコーチングを担当しているクラ ...