• 米国でまた悲劇的事故 「ダックボート」観光は安全なのか?

    Michael Goldstein , Contributor

    米ミズーリ州ブランソンにあるテーブルロック湖で先週、「ダックボート」と呼ばれる水陸両用の観光用ボートが転覆し、17人が死亡する悲劇的な事故が起きた。今回の事故は風速29メートルもの暴風が原因とされているが、ダックボートは今まで多くの事故に見舞われてきた。北米では過去19年間に水陸合わせて少なくとも7 ...

  • 自動運転車死亡事故、ウーバーが続ける「沈黙」という最悪の対応

    Chunka Mui , Contributor

    米アラスカ州のプリンスウィリアム湾で1989年、石油輸送船エクソン・バルディーズ号が25万バレルもの原油を流出させた事故では、エクソンの対応が危機管理の悪い見本となった。同社は評判を損ねただけでなく、石油探査に対する世間の態度を硬化させることにもなった。ニューヨーク・タイムズ紙は、エクソンの失敗の主 ...

  • ウーバー、死亡事故で問われる責任と「LiDARメーカー」の立場

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    3月18日、ウーバーの自動運転車がアリゾナ州テンピで夜間走行中に、自転車を引きながら道路を横断していた女性をはねて死亡させた。現在、連邦機関が事故原因を捜査している。車両に搭載されていたLiDARのメーカー「ベロダイン(Velodyne)」は、「困惑している」とコメントしている。ベロダインは、自動運 ...

  • 死亡事故発生の自動運転車、機械に求められる「倫理観」とは

    Oliver Smith , Forbes Staff

    米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究所、メディアラボは2016年、「モラル・マシーン(Moral Machine、道徳的な機械)」と名付けたゲームを公開した。ドライバーのいない自動運転車が走行中、倫理的にどのような選択をすべきか明確にするための情報収集を目的としたゲームだ。自動運転車は乗員を犠 ...

  • 自撮り中の事故死が増加 75階建て屋上で宙づりの露モデルに批判

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    有名になろうとして撮影していた写真で、命を落とすこともある。また、危険な写真の投稿により、インターネット上で批判にさらされることもある。アラブ首長国連邦のドバイを訪れていたロシアのモデル、Viktoria Odintcovaは当局から、地上約300m、75階建ての「カヤンタワー」の屋上で許可を取らず ...

  • ノート7爆発、原因は「リスク承知」の強引設計

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火・爆発問題が騒がれてからしばらくたち、主要メディアの関心は米大統領選などの話題に移っているが、業界関係者らはいまだに「ノート7の欠陥はいったい何だったのか」と首をかしげている。スマホ業界では近年、サムスンよりもずっと小規模なメーカー各社が ...

  • 契機となった死亡事故から20年超、医療は安全になったのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医療界の最高峰で起きた死亡事故。トップニュースになるほど、単純ミスだった。そこで対策を講じたものの、実はその対策に落とし穴があった。1995年3月23日、ボストン・グローブの一面に“Doctor’s Order Killed Cancer Patient”という見 ...

  • 見た目がきれいな洗剤の危険性、米専門家らが警告 「命にかかわる問題」

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    命に危険を及ぼす「きれいな毒薬」──この危険な製品によって、米国では2013~14年に2人の子供が命を落とした。現状では、死亡事故が多発しているとはいえない。だが、「ジェルボール」状の洗濯用または食器用の洗剤の誤飲が原因の急性中毒の発生件数は増加し続け、深刻な状態に陥る例も増えている。全米各地にある ...