• 自撮り中の事故死が増加 75階建て屋上で宙づりの露モデルに批判

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    有名になろうとして撮影していた写真で、命を落とすこともある。また、危険な写真の投稿により、インターネット上で批判にさらされることもある。アラブ首長国連邦のドバイを訪れていたロシアのモデル、Viktoria Odintcovaは当局から、地上約300m、75階建ての「カヤンタワー」の屋上で許可を取らず ...

  • ノート7爆発、原因は「リスク承知」の強引設計

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火・爆発問題が騒がれてからしばらくたち、主要メディアの関心は米大統領選などの話題に移っているが、業界関係者らはいまだに「ノート7の欠陥はいったい何だったのか」と首をかしげている。スマホ業界では近年、サムスンよりもずっと小規模なメーカー各社が ...

  • 契機となった死亡事故から20年超、医療は安全になったのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医療界の最高峰で起きた死亡事故。トップニュースになるほど、単純ミスだった。そこで対策を講じたものの、実はその対策に落とし穴があった。1995年3月23日、ボストン・グローブの一面に“Doctor’s Order Killed Cancer Patient”という見 ...

  • 見た目がきれいな洗剤の危険性、米専門家らが警告 「命にかかわる問題」

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    命に危険を及ぼす「きれいな毒薬」──この危険な製品によって、米国では2013~14年に2人の子供が命を落とした。現状では、死亡事故が多発しているとはいえない。だが、「ジェルボール」状の洗濯用または食器用の洗剤の誤飲が原因の急性中毒の発生件数は増加し続け、深刻な状態に陥る例も増えている。全米各地にある ...