• 仮想通貨を規制する中国、何が起きているのか

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    仮想通貨ビットコインに関する話は、一年ほど前には多くの意味で、「中国に関する話」になっていた。ビットコイン取引の90%以上が、取引手数料がかからない中国で行われていたためだ。電気料金が安いことから、ビットコインのマイナー(採掘者)の大半は中国におり、世界最大のビットコインのマイニング会社、ビットメイ ...

  • ドラえもんも弾圧対象か 香港に迫る「暗黒時代」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    7月1日、中国返還20周年を迎える香港。事件は、その直前に起きた。民主化運動の活動家たちが香港当局に次々と逮捕、拘束されたのだ。これは、記念式典に出席するために香港入りする習近平主席への香港当局の配慮だった。拘束されたのは、雨傘運動の象徴ともいえる黄之鋒と周庭をはじめ、十数人の民主活動家たちだった。 ...

  • 中国政府、対外投資の規制強化 ワンダの米TV企業買収も中止に

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国企業は昨年、不動産からエンターテイメントスタジオまで、世界中で何千億ドルという買い物をしたが今年に入り、その動きは減速している。中国政府は海外投資への締め付けを強化しており、企業らが対外投資プロジェクトを延期する動きも起きている。国内経済が減速する中で中国企業らは海外投資を活性化させ、政府は昨年 ...

  • 下落続く人民元、通貨当局「試練の1年」に

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    中国の外貨準備高減少はすぐに通貨危機に結びつくわけではないが、資本流出とその結果である人民元の下落の動向がどうなるか、中国の通貨当局にとって難しい局面を迎えそうだ。中国の2016年末の外貨準備高が3兆105億ドルと、前年末に比べて3300億ドルの減少となった。外貨準備高がピークであった14年6月の4 ...

  • 中国政府が「豚肉」の価格を警戒すべき理由

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    中国指導部は今、不安に駆られているに違いない。理由は同国の食料経済の問題だ。ロイターが報じたところによれば、中国では今年1月、豚肉の価格が前年比で7.1%上昇した。心配するほどのことには思えないかもしれない。だが、1989年の天安門事件の本当の原因を知っている共産党関係者らはいら立ち、落ち着きを失い ...

  • シャオミが初の「自社製CPU」発表 中国政府も開発を支援

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    中国のシャオミはアップルやサムスン、ファーウェイに続き、独自のCPUを製造し、自社製品に搭載する。シャオミは同社初の自社製CPU「Surge S1」を2月28日に発表した。3月に発売する約218ドルの低価格スマホMi 5Cで採用する。この動きは同社がCPU製造において、クアルコム等の外部企業への依存 ...