• AI×住まいを落合陽一氏と議論|blueprint

    INVALANCE blueprint , .

    株式会社インヴァランスは、メディアアーティストの落合陽一氏と「超AI時代の暮らし方」について未来の住空間を考える対談型カンファレンス【blueprint】を立ち上げた。その内容は特設サイト、そしてForbes JAPAN BRAND Voice Channelにて随時展開される。インヴァランスは東京 ...

  • 入居者の満足度が生む、好循環のマンション投資

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    将来への資産形成、このままでいいとは誰も思っていない自分の10年後、20年後のライフスタイルをしっかりイメージできているだろうか。貯蓄や資産は、正しい見極めのうえに立ち、長期で考えるのが鉄則だ。低金利に期待できないまでも分散投資の一翼を担う貯蓄か、それとも株式などのエクイティ商品か。働き盛りのビジネ ...

  • アメリカ中古不動産の流動性を支える2つの安心

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本で不動産投資を行う場合、物件の価値は築年数によって大きく左右されるが、アメリカでは、築年数よりもその物件が建てられている周辺環境によって不動産の価値が決まる。ゆえに都市開発が進み、治安に優れたエリアは、築20年、30年の物件がリフォーム、リノベーションの繰り返しにより、新築物件と何ら変わりない価 ...

  • 数字で読み解く「不動産投資でアメリカが選ばれる」3つの理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資の潮流が、日本国内への投資から海外を含めた分散投資へと変わりつつある。海外への不動産投資先として、まずは人口の増減、経済成長率が投資判断の一つの目安となるが、リーバンス・コーポレーションCHAIRMAN & CEOであるNICK ICHIMARU は、そこにこだわり過ぎてはいけない ...

  • 企業と人の動きで知るテキサス不動産投資の魅力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    海外不動産をポートフォリオに組み込む投資家が増えている。そのなかでも人気エリアとなっているのがアメリカだ。成長性、透明性、税制優遇など、アメリカの不動産ならではのメリットを、現地物件を数多く扱うリーバンズコーポレーションのCHAIRMAN & CEOであるNICK ICHIMARUに聞いた。 ...

  • 不動産投資に適した世界の都市、LAが1位 東京もランク入り

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    ロンドンを本拠地とするシュローダー・インベストメント・マネジメントは6月26日、「シュローダー・グローバル・シティーズ30・インデックス」を発表した。それによると、世界で最も不動産投資に適した都市は、米カリフォルニア州ロサンゼルスだった。同ランキングの発表は、今年で3回目となる。映画の街として知られ ...

  • 「負けない不動産投資」を実現する5つの視点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    長期にわたって安定的にリターンがあると人気の「不動産投資」。しかも、投資リスクもやり方次第で十分回避可能だという。ではどうすればいいのか? さっそく「負けない不動産投資」を実現するための5つの視点を見ていこう。【視点1】 経営戦略的な視点で不動産投資を捉える不動産投資に興味があり、学ぶ意欲もある。だ ...

  • 100年続く企業、長寿の秘訣は「オフィスビル投資」にあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    超高齢化、人口減少、人材の流出・・・。日本の中小企業、とりわけ地方企業を取り巻く環境は厳しい。 事業の先細りが予想される中、持続的に成長していくにはどうすればいいのだろうか。そのカギは「オフィスビル投資」にある。実際、100年続く長寿企業の数を業種でみると、オフィス賃貸業が2位にランクインしている。 ...

  • 年商185億円を稼ぐ男の、堅実な資産のつくり方!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    不動産投資で堅実に資産をつくっていく方法は“アパート投資”にある——。こう語るのは、不動産コンサルティングを手がけるPresi(プレジ)の代表取締役 石井雄也氏だ。過去に年間70件以上の不動産取引を成功に導き、185億円の売り上げを達成した実績を持つ人 ...

  • 超多忙でも不動産投資を成功に導く、“シンプルな鉄則”とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「本業が忙しいから、不動産投資を始める余裕がない」サラリーマンが不動産投資を始める際に聞こえてくるのが、こうした声だ。しかし、中には超多忙でも不動産投資で成功を収める人もいる。Williamson-Dickie Japanの代表を務める、平山真也氏もその1人だ。経営者として結果を残しつつ、「不動産投 ...

  • 都心の中古ワンルームで資産1億を狙え!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    失敗しやすく、リスクが高そう・・・。そんなイメージが強く、なかなか手を出しづらい不動産投資。日本不動産イニシアティブ 代表取締役の澁谷賢一氏によれば「失敗するべくして失敗している」という。「不動産投資を成功に近づけるためには、最低限、立地の選択を誤らないことが大切です。目先の高利回りに惑わされてはい ...

  • 不動産投資で夢をつかんだ元サラリーマンの教え

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大卒男性の生涯賃金は2億8653万円(厚生労働省調べ)。一般サラリーマンが億を超える資産を築くことなど夢物語に思えるが、水戸大家さんの代表取締役 峯島忠昭氏は「不動産投資なら不可能ではありません」と言う。「弊社のお客様には資産10億円、年間手残り2000万円、現預金で5000万円以上となりセミリタ ...

  • 不動産市場の「資産リッチ」と「キャッシュリッチ」とは[不動産で資産運用 第2回]

    黒木 陽斗 , CONTRIBUTOR

    億単位で不動産投資を行っている投資家とはいったいどんな資産背景をもっているのでしょう?不動産市場にいる資産家と呼ばれる人たちを大きく分けると「キャッシュリッチ」と「資産リッチ」、「スーパーリッチ」という3つのタイプに分類することができます。前回に続き今回は、「キャッシュリッチ」と「資産リッチ」の2つ ...

  • なぜいま不動産、しかも海外なのか?[海外不動産投資術 第1回]

    當麻 智 , CONTRIBUTOR

    今回から4回にわたり海外不動産投資について書かせて頂きます。まずは、不動産投資の最大のメリット、そして、なぜ海外なのかにについてです。不動産投資には、レバレッジが利くとか、インカムゲインが得られるなどのメリットもありますが、私は不動産投資の最大のメリットは「コントロールの幅の広さ」であると考えます。 ...