• マーク・ザッカーバーグの姉が説く、多忙な人生から罪悪感をなくす方法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2018年5月、『PICK THREE | YOU CAN HAVE IT ALL』を上梓したザッカーバーグ・メディアCEOのランディ・ザッカーバーグ。彼女は講演や会合で世界中を飛び回り、1年のうち100日は移動に費やしているという。理想は好きな仕事をしながら、家族の時間をつくり、友人と定期的に会い ...

  • 休暇と仕事を両立するための5つのアドバイス

    Jeanne Croteau , CONTRIBUTOR

    米国では、多くの人が柔軟な働き方を採用している。これには確かにメリットがあるものの、明白なデメリットもあるかもしれない。その一つは、休暇の取得だ。複数の仕事を単発でこなしている人にとって、休暇の取得は大きな課題になり得る。私は、パートタイムの非常勤講師として働きつつ、複数のサイトに記事を寄稿している ...

  • 「6つのレベル」で考える仕事とプライベートの境界線

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のターニャから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は2週間前、弁護士事務所の事務アシスタントの採用面接を受けました。面接官である弁護士の女性とは、意気投合しました。弁護士の下で働いたことはありませんが、慣れれば仕事をこなせることは分かっています。弁護士から「他に何か質問はありますか」と聞か ...

  • 「残業監視ドローン」のスタートアップが示した日本の現実

    Tim Romeo ,

    日本企業の残業時間の長さは世界的に有名だ。従業員が深夜までオフィスに居残り続ける光景は日常的になっている。日本のドローン関連のスタートアップ「ブルーイノベーション(Blue Innovation)」はテクノロジーの力でこの課題を解決しようとした。同社のドローンを活用した残業監視サービス「T-FREN ...

  • 働く女性たちに40歳未満の男性同僚が不可欠な理由

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    働く女性にとって、健全なワークライフバランスの維持は難しいことだ。だが、40歳未満の男性従業員の割合が高く、さらに管理職以上のポジションにもその年代の男性たちが就いている企業の場合、女性たちが職場で感じるストレスが少なくなる可能性があることが分かった。ボストンコンサルティング(BCG)が先ごろ発表し ...

  • 最高のワークライフバランスを達成する4つのコツ

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    世の中には、油断すると仕事に完全にのまれてしまうタイプの人がいる。こうした人々は、不安や競争心、さらには有害な「情熱」に突き動かされ、仕事と私生活のめりはりをつけるのに苦労しがちだ。一方で、睡眠を犠牲にすることなく仕事で素晴らしい成功を収める人もいる。このタイプは、人間らしい生活を送りつつも仕事で成 ...

  • 「生きがい」で食べていく人生マップ 今、あなたがいる地点は?

    尾原 和啓 , Official Columnist

    勤務中はきっちり働き、休日は休み家族との時間や趣味を大切にする—。 “仕事と生活の調和や両立”を目指すことを「ワークライフバランス」と呼ぶようになって久しいですが、僕は以前からこの言葉に違和感を感じています。そもそも、なぜワーク=仕事と、ライフ=人生を切り分けてし ...

  • 劣悪な職場を逃れた後、休憩期間を設けるべき理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    ひどい仕事は、トラウマを生むこともある。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を崩し、天井知らずのストレスを生み、健康を害し、社会人や人としての価値に疑問を抱かせる。ひどい仕事に就いていると、より良い場所へ今すぐ逃げ出したいという衝動に駆られる。どんな仕事であれ、ここよりはましに違いない──と ...

  • ワークライフバランスに優れた米企業トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    最近では、競争力を高めたい企業は、優秀な人材を引きつけるため、社員が職場と私生活の間でバランスをうまく取れるようにしている。ワークライフバランスはかつてなく手に届きやすいものとなった。柔軟性に富んだスケジュールや子育て支援サービス、技術の進歩による遠隔勤務などのおかげだ。企業レビューが1000万件以 ...

  • 従業員の「精神的健康」について企業が取るべき7つの対応

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    心理療法士である筆者はしばしば、従業員の精神的健康の促進に関する企業の態度を、患者たちの言葉から感じ取る。「ワーカホリック」を称賛する企業、リーダーが人を罵倒するような企業などには、精神的健康に問題を抱え、治療が必要な従業員が複数いる。心理療法士たちは、従業員の精神的な健康と職場環境との明確な関連性 ...

  • 性別にかかわらず平等な機会と報酬、スタートトゥデイで進む女性の活躍

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ボーナス全員同額、基本給全員同額、1日6時間労働などの施策で生産性とワークライフバランスの向上をはかるスタートトゥデイ。そんな風土が、女性の活躍も後押しする。「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」を企業理念に掲げるスタートトゥデイ本社は、さながら美術館のようだ。ウェイティングスペースにはイサムノグ ...

  • イクメンは懲罰対象? 英企業が抱える「断絶」のリスク

    Dina Medland , CONTRIBUTOR

    英国では、企業が男性従業員らに「父親であることへの罰」を科すようになっている。多くの父親たちが仕事と家庭生活のバランスを取ろうとキャリアを後回しにする傾向が見られる中で、企業が取るそうした態度の危険性が指摘されている。ワークライフバランス推進のための活動を行う慈善団体ワーキング・ファミリーズとブライ ...

  • 「おもてなし」が労働生産性を下げ、長時間労働を増長させる?

    パク スックチャ , Official Columnist

    久しぶりにパリへ行った。土曜日に到着したので、その日はホテル近辺で夕食をし、日曜日に街へ繰り出した。通りにある小売店だけでなく、プランタンやギャラリーラファイエットなどの百貨店も閉まっているので、散歩をしながら、オルセー美術館へ行き、アート鑑賞して一日を過ごした。日曜日のパリは時間がゆっくりと流れて ...

  • 「自宅勤務のプロ」に聞く、仕事の生産性を向上させる8つのヒント

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    米求人情報サイト、フレックスジョブス(FlexJobs)が8月末に発表した調査結果によれば、最も生産的に仕事をできる場所としてオフィスを挙げた人は、全体のわずか7%だった。とはいえ、自宅で仕事をしていても、洗濯物がたまっていたり家族に用事を頼まれたりと、同じように気が散るものだ。そこで自宅勤務のプロ ...

  • 求職活動中にもお勧め、スケジュールが組みやすく短期で稼げる8つの職種

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    一時的な収入を得るため、短期の仕事が必要になる理由は色々あるだろう。だが、勤務時間を柔軟に設定することができ、恒常的に求人があり、始めるのも辞めるのも、一時中断するのも簡単な仕事は限られている。長期にわたって続けられる仕事を探して求職活動中のあなたにお勧めの、8つの仕事を紹介する。1. ペットの世話 ...

  • アメリカ人の6割は「ワークライフバランスに悩み」

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    どんなに仕事が充実していても、働きすぎると燃え尽きてしまいかねない。では一体、仕事の大変さと、そのほかのことで得られる満足感のバランスをとる一番の方法は何だろうか––。言うまでもなく、その答えは人それぞれ。ある調査によると、多くのアメリカ人は自分にとってベストなバランスを見出 ...

  • ワークライフバランスに協力的な米企業は? 上位25社を紹介 働く人のニーズは日本と共通

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    職種に関わらず、米国でも多くの人たちが前の世代より長い労働時間を求められるようになっている。さらに、テクノロジーによって仕事はますます、家庭に持ち込まれるようになっている。こうした中で、従業員のワークライフバランスを重視する企業は一層、働く人たちにとっての魅力を増している。やりがいのあるキャリアを求 ...

  • 女性の仕事満足度を高める5つの要素

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    女性は仕事の何に満足感を得るのだろうか。企業の給与などに関する情報を収集・提供するペイスケール(Payscale)が実施した調査によれば、仕事に対する女性の満足度は、男性ほど報酬と結びついてはいないようだ。では、報酬以外のどのような問題が満足度に影響を及ぼしているのだろうか。女性の労働環境の改善を目 ...

  • オフィスのデザインも仕事に影響する? 企業が知っておくべき3つの「職場指数」

    Jacob Morgan , CONTRIBUTOR

    時代と共に職場も変化を続けるなか、一歩離れたところから自分たちの現状と今後の方向性を評価することは重要だ。ステープル・ビジネス・アドバンテージ(オフィス用品大手ステープルズのBtoB部門)では、2年前から毎年「職場指数」を発表している。アメリカとカナダの企業で働く従業員たちが何を重視しているのか、テ ...

  • 「従業員の本音」調査で明らかに、不満度が高いのは大企業

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    現代の職場は、進化を続けている。恐らくその変化の速度は、過去に例がないほどだろう。職場の現状を把握するため、コンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は今年5月、さまざまな職業に従事する1,385人と、企業の最高経営幹部200人を対象とした調査を実施した。以下、働く人たちの仕事 ...

  • ジェフ・ベゾスが語る「ワークライフバランスより大事なこと」

    Ryan Mac , Forbes Staff

    アマゾンのジェフ・ベゾスCEOは、カリフォルニア州で開催されたRecode Codeカンファレンスに登壇。ITコラムニストのウォルト・モスバーグを聞き手に、近頃メディアの話題にのぼる言論の自由をめぐる話題と、アマゾンの企業文化について雄弁に語った。ベゾスは共和党の大統領候補者、ドナルド・トランプがメ ...

  • お手本はザッカーバーグ? 「父親の育休」先進企業の取り組みと課題

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    先見性のある企業は、父親の育児休暇制度を本格的に導入しているようだ。最近のある調査によると、意思と豊富な資金のある企業は、新米パパ(あるいは両親)のために仕事と家庭の両立をぐんとやりやすくしている。父親の育児情報&コンサルティングサイトFatherlyでは先日、新米パパにとって最も働きやすい企業のラ ...

  • 進む雇用の多様化、女性が生き残るには?

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    育児中の女性の間で、限られた時間を活用して働き続けようという動きが広がり始めた。こうしたニーズに細かく対応するサービスも登場し、働き方の多様化が進んでいる。「労働時間が他の正社員より短くても、能力を発揮して企業に貢献できる女性を評価する機運が高まっており、出産後に退職したとしても、仕事に復帰しやすい ...

  • 健全な職場のための新常識? 幸福度を高めるキーワード

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    新しい年にも慣れてきたころだ。よりバランスが取れ、物事を全体的に考え、先見の見通しを持って行動する職場を実現するために、今年は何を重視すべきか考えてみるのにいい時期だろう。米世論調査会社ギャラップの調査によると、同国企業の従業員の70%は職場に感情的なつながりを感じていない。雇用主は職場に健康的な感 ...