• 住宅リフォーム向けローンで急成長! やりくり上手のCEO

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米簡易ローン「グリーンスカイ」は話題のフィンテック企業だが、社屋は至って簡素である。「創業数年で大型資金調達ができなくてよかった。やりくり上手になる。慎重になるんだ。卓球台とか余計なものはまず買わないしね」と、共同創業者兼CEOのデビッド・ザリック(43)は話す。そうした堅実な経営も手伝ってか、同社 ...

  • 米国の家計負債が過去最多に 自動車「サブプライム」ローンは要警戒

    Zack Friedman , CONTRIBUTOR

    株式市場が比較的安定している中で、米国では別の「最高値」が更新された。ニューヨーク連邦準備銀行が11月14日に発表した新たなデータによると、家計負債が13四半期連続で、過去最高額を記録している。今年第3四半期(7~9月)の家計負債は前期比0.9%増(インフレ調整前)となり、総額およそ13兆ドル(約1 ...

  • 全米一高額なロースクール、学生ローン額は2900万円に

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    法律の世界でのキャリアは刺激的で、(時に)名誉あることだが、仲間入りを果たすにはとんでもない額を支払わなければいけない。米国法曹協会(ABA)によると、米国のロースクール(法科大学院)卒業生が背負い込む学生ローンの平均額は、公立で8万4000ドル(約930万円)、私立で12万2000ドル(約1350 ...

  • サラリーマンがゼロから資産家に成り上がるルールとは?[不動産で資産運用 第3回]

    黒木 陽斗 , CONTRIBUTOR

    不動産の世界で代々資産家といわれる人達は何代にも渡って資産を引き継いできた人たちです。しかし、資産家の家に生まれるかどうかを自分で選ぶことは出来ません。一方、私がシリコンバレーで出会った多くのビジネスエリートたちは、受け継いだ資産はゼロでも頭脳をフル回転させて一代で短期間に成り上がっていった人達でし ...

  • 日本初の「住宅ローン借り換え」サービス、アプリと実店舗で

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    マイナス金利の導入で、注目が集まる住宅ローン。借り換え希望者を対象にサービスを提供するMFSがいま、アクセルを踏み込む。「2月のマイナス金利導入以降、住宅ローン市場で借り換えブームが起きています」MFSの中山田明CEOは、ここ数カ月の住宅ローン市場の状況について、こう話す。ブームになるのは、低金利の ...

  • 高利子で問題の米消費者金融、真の解決法は「銀行の参入」だ

    Elizabeth Harris , CONTRIBUTOR

    6月2日、消費者金融保護局(CFPB)はペイデイローン(消費者金融が給与を担保に提供する短期・小口ローン)に関する初の規制案を発表した。CFPBが提案した規制案は、貸主(金融業者側)に対して借主の返済能力を考慮に入れるよう求め、また貸主が借主の銀行口座から返済金の回収を試みることができる回数を制限す ...

  • カニエがザッカーバーグから10億ドルを無税で受け取る方法

    Robert W. Wood , CONTRIBUTOR

    米ラップ歌手カニエ・ウエストが5,300万ドル(約60億円)の負債を抱えているという爆弾ニュースにはいささか圧倒された。いくら才能があるとはいえ、個人の負債としてはゾッとする金額である。もっとも、物事は何事も相対的ではある。おそらく、マーク・ザッカーバーグ・フェイスブックCEOにとっては、5,300 ...

  • 非課税で資産を継承?今一番おいしい親族内ローンとは

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    ほぼ利率ゼロの親族内ローンと聞いたらどうだろう。今、アメリカで3年以内の短期親族内ローンであれば、利率たった0.56%で組むことができる。もう少し期間を延ばして9年までならば1.68%、10年以上でもたった2.61%である。親族内ローンは、これからの世代を後押ししたいと思っている親や祖父母たちに最適 ...