• 米国で出張中のライドシェア利用が拡大、主要な「足」に

    Michael Goldstein , Contributor

    出張旅行者が支払う交通機関の利用料(航空賃・船賃を除く交通費)のうち、米配車サービス大手のウーバーとリフトに支払われる金額の占める割合が、ますます増加している。力を増す企業があるその他の全ての市場と同様、両社は競合相手に大きな打撃を与えている。ウーバーとリフトの利用拡大から特に大きな痛手を受けている ...

  • 苦境のウーバーを横目に「リフト」が躍進、乗車回数が2倍に

    Biz Carson , Forbes Staff

    2017年はウーバーが苦戦した一方、競合のリフト(Lyft)は好調な業績をあげていたことが分かった。1月16日、リフトは昨年の乗車回数を2倍に伸ばし、米国とカナダのトロントでの乗車回数の合計が3億7550万回に達したと発表した。トロントでは昨年12月にサービスを開始していた。リフトの2015年の乗車 ...

  • リフト幹部が語る自動運転の「AI実用化」 4つの課題

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    配車サービスのリフト(Lyft)で機械学習部門を率いるGil Arditiは10月24日のカンファレンス「VB Summit 2017」に登壇し、ステージ上で他のメンバーらとAIの実用化と競争の優位性の構築についてディスカッションを行った。リフトは先日、グーグルなどから新たに10億ドル(約1136億 ...

  • ウーバーに1兆円注ぐソフトバンクの「打算」とグーグルの思惑

    Biz Carson , Forbes Staff

    ソフトバンクはウーバーへの出資に向けた交渉に入っており、早ければここ2週間のうちに正式アナウンスが行われる見込みだ。出資額は50億ドルから70億ドル、もしくはそれ以上になる可能性もある。関係筋によるとソフトバンクはウーバーの出資元らに対し、株式の買い取り提案を進めており、同時に直接投資の道も模索中と ...

  • ライドシェアの米リフト、病院への「無料送迎」で保険大手と提携

    Bruce Japsen , CONTRIBUTOR

    全米の保険会社を代表するブルークロス・ブルーシールド(BCBS)協会は、配車サービスのリフトと提携し、医療機関への「無料送迎」サービスを開始する計画だ。診療予約を入れても無断でキャンセルする患者が多い状況を改善するための取り組みだという。BCBSは、特定の民間医療保険の加入者のうち交通機関へのアクセ ...

  • 配車サービス、リフトが「相乗り」事業停止 参加ドライバー不足が原因

    Brian Solomon , Forbes Staff

    配車サービス業者らが次に期待を寄せる分野が、通勤客をターゲットとした「相乗り通勤(carpooling)」だった。配車サービス大手のリフト(Lyft)は今年3月、サンフランシスコのベイエリア限定で相乗り通勤サービス「リフト・カープール(Lyft Carpool)を立ち上げた。しかし、その試みはどうや ...

  • GMとリフトの2社連合が目指す「自動運転タクシー」の実現

    Brian Solomon , Forbes Staff

    自動車メーカーと配車アプリが手を組んだのはGMとリフトが初めてだった。その後、自動車メーカーが配車アプリに出資するケースが増えており、GMのダン・アムマン社長とリフトのジョン・ジマー社長は、「真のパートナーシップが求められている証拠だ」と語る。ジマーは「出資を受けるのも1つの方法ですが、1社ではでき ...

  • 配車アプリ乱立時代の終焉 「リフト身売り」でウーバーVS滴滴の2強対立へ

    Mark Rogowsky , CONTRIBUTOR

    配車アプリのリフト(Lyft)に身売り説が急浮上している。リフトは投資銀行のカタリストパートナーズ(Qatalyst Partners)と提携し、売却先候補の選定に入ったと伝えられる。この噂が事実であれば、ウーバーとの間で繰り広げてきた資金調達戦争はついに最終局面を迎えたことになる。専門家の多くは、 ...

  • 配車サービス、リフトに身売り説 「投資銀行との提携」をWSJ報道

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーを筆頭とする配車サービスの資金調達合戦が新たな局面を迎えた。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)はウーバーの競合、リフト(Lyft)が投資銀行、カタリストパートナーズ(Qatalyst Partners)と提携したと報道した。WSJはこの動きをリフトの新たな資金調達への動き、もしくは売 ...

  • 配車アプリで急拡大の「相乗り」 リフトでは全配車の4割に

    Brian Solomon , Forbes Staff

    配車サービス業界では今、同じ方向へ向かう複数の乗客を同乗させる「相乗りサービス」が急速に伸びている。リフトは今週、相乗りサービス「リフト・ライン(Lyft Line)」を米国の6都市で新たに開始。シアトル、デンバー、フィラデルフィア、サンディエゴ、シリコンバレー、ニュージャージーで利用可能になった。 ...

  • 米国でも加熱の「中国人旅行客」争奪戦 配車アプリ各社が対抗

    Brian Solomon , Forbes Staff

    世界を席巻するウーバーに対し、競合企業らは連合を結成し対抗の動きを進めている。4月上旬から、配車アプリのリフトと、同業で中国最大手のディディ・クアイディ(滴滴快的)は、国境を越えた共同サービスのベータ版をリリースした。中国でディディ・クアイディを利用しているユーザーは、同じアプリを使ってアメリカでリ ...

  • GM、5億ドルを米リフトに投資――自動運転車をめぐるウーバー、テスラ、グーグルとの競争で勝ち抜きをはかる

    Brian Solomon , Forbes Staff

    自動運転車が実現に近づいてきた。しかもその動きは、かつてなく速まっている。1月4日、配車サービスの米リフトがシリーズF投資ラウンドで10億ドルを調達したと発表した。その半分にあたる5億ドルが創業107年のゼネラルモーターズ(GM)からのもので、その出資金を屋台骨にGMとリフトは自動運転車ネットワーク ...