• 生命に関する責任を負うのは誰だ? 人間にできてAIにできない仕事の境界線

    西内 啓 ,

    連載4回目の今回はAIプロダクトの価値をチェックする5つのポイントのうち3つめにあたる「責任性」という点について考えていきたいと思います。責任性とはつまり、仮に99%正しい判断を下せるAIがあったとして、残り1%の「失敗」に対して、誰がどのようなリスクを負い、その責任を誰が負うべきかということです。 ...

  • アルコールは1日1杯でもリスク? 「適量」に再定義の必要性

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    アルコールの消費量はどの程度までが安全なのか──。その境界線についてはこれまで、情報が混乱してきた。だが、先ごろ発表された研究結果によると、「安全な」アルコール消費量の上限は、少なくとも米国ではこれまで考えられてきた以上に少ない量になるようだ。ここ数年に公表されたその他の研究結果でも、「アルコールの ...

  • 2017年のキャリアに不満足? 来年実行すべきたった一つのこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    私が今月、5000人のリーダーを対象に行なった調査では、現職に非常に満足している人は22%のみという結果が出た。残りの78%は、現状より少し、もしくはおおいに昇進したいとの答えに分かれた。つまり、どの程度上の地位を望むかは分かれるにせよ、現状に甘んじたくはないと考えている人が大半だということだ。では ...

  • 「負けない不動産投資」を実現する5つの視点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    長期にわたって安定的にリターンがあると人気の「不動産投資」。しかも、投資リスクもやり方次第で十分回避可能だという。ではどうすればいいのか? さっそく「負けない不動産投資」を実現するための5つの視点を見ていこう。【視点1】 経営戦略的な視点で不動産投資を捉える不動産投資に興味があり、学ぶ意欲もある。だ ...

  • サイバー攻撃、馬肉混入、製油所爆発に共通する「心理的バグ」

    Alastair Dryburgh , CONTRIBUTOR

    サイバー攻撃の被害を受けた英国の病院。ビーフバーガーに多量の馬肉が混入していることが判明し、評判が大きく傷ついたスーパーマーケットチェーン。15人が死亡、170人が負傷した爆発事故が起きた米製油所──。これら3つの出来事は全て、同じ原因で起きた。だがそれは世界規模の陰謀などではなく、人間ならほぼ誰も ...

  • 投資と経営のプロ、モハメド・エラリアンが読む2017年

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    反エスタブリッシュメント運動の拡大、マイナス金利の行方、「トランプのアメリカ」の始まり、EUと中国の経済不安─日本の投資家・経営者はいかに備えるべきか。リーマン・ショック後の「ニュー・ノーマル」は終わりつつあり、その後の世界経済は悪化する確率が上昇している─投資と経営のプロ中のプロが2017年を読む ...

  • 日本に「失敗を許容する」カルチャーを

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    シリコンバレーにおける成功のキーワードは「リスク」である。米国にはリスクマネーがあり、リスクを取る起業家がいて、そしてリスクを取って失敗した人を許容するカルチャーがある。日本人はリスクを取りたがらない民族だと言われる。リスクを取って投資する人もリスクを取って起業する人も少ない。しかし本当に問題なのは ...

  • 中国減速とトランプ米国、どちらが日本にリスクか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    コロンビア大学のキャンパスを突っ切って、アムステルダム通りのカフェレストランで旧友たちと再会した。長く情報機関で働いていたマークとシンクタンクに所属する中国人の戴さんだ。ハグし合って久闊を叙すと、話題は中国リスクに集中した。中国は経済が急減速しているだけではなく、政治的にも困難さが増して社会も落ち着 ...

  • 2016年のビジネスを脅威にさらす9つの政治的リスク

    Jonathan Webb , CONTRIBUTOR

    世界的なサプライチェーンを混乱させる脅威の中でも、最も予測不可能なのが政治的リスクだ。企業活動は今年、対ロシア経済制裁やフランスでのテロ事件、ユーロ圏内で続く政治的危機の影響を受けた。2016年にビジネスに影響を及ぼし得るのはどのような脅威だとみられるのか、幅広い分野のアナリストに話を聞いた。その結 ...