• 「想いが届く」ラジオの可能性[小山薫堂の妄想浪費 vol.17]

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第17回。薫堂少年をメディアの世界へと誘いざなったのは、熊本は鶴屋百貨店のラジオ番組。世界の隅々まで声と想いが届く“ラジオ”の魅力をあらためて考えてみた。前号で百貨店の魅力について書いたのだが、ちょっとだけその ...

  • 850局のラジオが聴けるiHeartRadio オンデマンドでスポティファイに対抗

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    5年以上前にオンラインストリーミングを始めたiHeartRadioが12月1日からオンデマンド・サービスを開始した。ネットラジオ大手も音楽ストリーミングの未来はオンデマンド配信にあると見ているようだ。業界スタンダードとなった月額9ドル99セントを支払えば、楽曲をスキップしたり、最近聴いた楽曲を再生し ...

  • 米音楽業界、最強のジャンル「カントリー」 専門ラジオ局は40%増 

    Brittany Hodak , CONTRIBUTOR

    アメリカではラジオの王者と言えばカントリーミュージックだ。リスナーベースにおけるカントリー専門局のシェアは15.2%で、10.6%の「ニュース・トーク」や8%の「全米トップ40」、7.6%の「アダルトコンテンポラリー」を引き離している。カントリー専門局の数は2008年に2,874件だったが、2015 ...

  • 「若者のラジオ離れ」深刻に 米ミレニアル世代利用率は12%

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    米国の若者のラジオ離れを示すデータが明らかになった。ミュージック・ビジネス・アソシエーションと調査企業LOOPは7月12日、「音楽に関するミレニアル世代の消費行動」と題するリポートを発表した。それによると、ミレニアル世代は上の世代ほどラジオを聞かず、その利用頻度は大幅に低下している。この調査には3, ...