• トラックの無人運転も実現へ ハイテク化が進む「物流」業界

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ロボットとの協働、トラックの自動運転化……。アナログな手法が一般的だった物流業界だが、ここ数年、テクノロジーが浸透し始め、ハイテク化が進んでいる。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「物流」を変える4つの最新事例を紹介する。1. ロボッ ...

  • 兼業も許可、ラクスルが「多様な働き方」を推める理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    なぜトップスタートアップは、優秀な人材を惹きつけるのか。秘訣は「働き方の工夫」にあった。シーンを牽引するメルカリ、ラクスル、ソラコムの3社が実践する「イノベーティブなワークスタイル」とは? ラクスルの永見世央CFOに話を聞いた。「活躍できるのは男性や20代だけ。そのような力を発揮できる人材の幅が狭い ...

  • ラクスル 松本恭攝ー日本にも現れた「ジョブズの申し子」後編

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    前編はこちら富山県で生まれ育った松本は、高校時代、社会にインパクトを与えたいという思いがあったわけではない。公務員ばかりの一族に育ち、松本恭攝の「攝」という難しい漢字の由来を彼に聞くと、「実家が浄土真宗系なもので」と、生活に寺が根ざす北陸らしい答えが返ってくる。彼の世界観を変えるきっかけは、中国で大 ...

  • ラクスル 松本恭攝ー日本にも現れた「ジョブズの申し子」前編

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    仕組みを変えて、古い業界を解放せよ!日本にも現れた「ジョブズの申し子」古くて非効率で先行きが見えない業界そのものを仕組みから変える—。印刷の世界を変えたラクスルは、世界と連携を始めた!誰もやりたがらない競争のない環境で、新しい価値を提供したい名刺やチラシの印刷、ポスティングに新聞への折込 ...