• 生活の質を劇的に向上 今すぐできる5つの方法

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    やる気の出ない時や、嫌な気分の時、「どうすればすぐに気持ちを立て直せるだろう?」と考えたことはないだろうか。人生が思い通りに進まないと感じる時や、単にストレスで機嫌が悪い時、生活の質を瞬時に改善できる5つの方法を、以下に紹介したい。1. 整理整頓手帳のスケジュールは更新できている? やることリストを ...

  • 「ミニマリスト」として生きるべき7つの理由

    Joshua Becker , CONTRIBUTOR

    筆者がミニマリストとして生きることに決めたのは、10年ほど前のことだ。それまでは自分の所有している物を気にすることにあまりに長い時間を費やし、必要のないものを買い集め、管理することにあまりにも多額の無駄遣いをしていた。それでも物は私に、喜びも持続的な幸福ももたらしてくれなかった。自分の人生に集中する ...

  • マセラティが世界初、太平洋豪華クルーズ上で発表した「レヴァンテ GTS」詳細レポート

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    360度、見渡す限り広がる碧い海と空。潮風に吹かれ、穏やかな波の音を聴きながら、プロセッコのグラスを傾ける。そう、ここは太平洋を航行する豪華客船上だ。 イタリアの高級車ブランド「マセラティ」が8月19日夕、太平洋を航行中の巨大なイタリアのクルーズ船「MSCスプレンディダ」上でSUVの人気車種「レヴァ ...

  • 生命を燃やすことと失うことの違い ゲノム解析研究者の問い

    高橋 祥子 , Official Columnist

    鶏が先か卵が先か問題は、鶏がいないと卵が生まれないし卵がないと鶏が生まれないという、因果性のジレンマの例として使われ、私が世の中で最も危険だなと思うものの一つです。例えばビジネスにおいては、市場が大きくならないと成功事例が出ないけど成功事例がないと市場が拡大しない、とか、多くの人が買ってくれないと原 ...

  • 1分動画のエブリー、3年目に目指すは「エコシステム化」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スマホで手軽に視聴できる1分程度のレシピ動画「DELISH KITCHEN」を中心に、料理や美容、ファミリー&ライフスタイル、ニュースなど4つの動画メディアを展開するエブリー。同社の調べによれば、DELISH KITCHENのアプリDL数は配信10か月で800万を突破。「オンライン・オフラインを問わ ...

  • 「田舎はモノが回ってくる」現象を生む、もったいない精神

    増村 江利子 , Official Columnist

    少ないモノで暮らす人は「ミニマリスト」と呼ばれているが、私の解釈は、モノを「所有しない」のではなく「依存しない」ことができる人だと考えている。例えば、冷蔵庫は家にないけどコンビニが近くにあるから大丈夫というのは、結局コンビニというサービスに依存していることになる。私はふとあるとき、東京の食料品店に並 ...

  • タトゥーのインクは体内を移動? 不明点の多さが示す危険性

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    タトゥーを入れることには、肝炎などへの感染以外にも危険性があるのだろうか──?英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に掲載された研究結果によると、タトゥー用のインクは私たちが考えていた以上に、体の奥深くに入り込んでしまう可能性があるようだ。タトゥーを入れてくれる店で「体のどの部分に入れたいか」と ...

  • 「完璧」は退屈、自分なりの向上を実現する4つの思考

    Shelley Zalis , CONTRIBUTOR

    「完璧な人」など退屈だ。人に個性を与えるのは、それぞれが持つ欠点だ。私たちには二つの選択肢がある。誰もが取る方法を選び、皆と同じことをするか、ルールを破り、自分自身のやり方で何かを成し遂げ、新たなルールを作るか──。後者を選べば不完全で、面倒な道を進むことになる。それでも大きな成功を得たいなら、面倒 ...

  • 絶対に「詫びる必要がない」10のこと

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    「申し訳ありません。ですが…」──そう前置きすることは、今後のあなたの運命を悪い方へと向かわせる。何も間違いを犯していないときにわびることは、あなたを弱い人、簡単にクビにできる人のように見せるし、礼儀正しいことでもない。それでも謝りたいなら、それでもいいだろう。ただし、以下に挙げる10 ...

  • 旅の影響は「予想以上」、生涯の友に出会う人も

    Tanya Mohn , CONTRIBUTOR

    ホステルを利用する米国人たちは旅行中、異なる文化とどのように触れ合い、旅先からどのような影響を受けているのだろうか──。米ホステルワールド・グループ(Hostelworld Group)は4月24日、こうした点を明らかにするために実施したアンケート調査の結果を発表した。170を超える国の約3万300 ...

  • 毎日のビジネスへのモチベーションをアップさせる、上質なバッグ

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    ビジネスシーンで必須の持ち物であるバッグにはこだわりたい。手に触れるたびに感じる質感の高さはごまかしが効かないものだ。スーツは毎日違うものを着回すかもしれないが、ビジネスバッグはあまりローテーションしないもの。仕事で使う日常の小物を過不足なく収めておくには、あまり鞄を変えないほうが能率的、という考え ...

  • 香港在住の構造家に聞く「海外で仕事を続けるメリット」

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    国内外の建築構造設計を担う香港在住の構造家・金田泰裕氏。新国立競技場コンペも経験した氏に、パリで独立するまでの歩み、海外在住のメリットなどクリエイティブな生活スタイルを聞いた。日本、パリ、香港と場所を移しながら、構造設計者として活動しています。建築の構造設計とは、建築物を形成する方法、および全体的構 ...

  • 失業したら「すぐ実行したい」9つのこと

    The Berlin School Of Creative Leadership , CONTRIBUTOR

    レイオフ(解雇)は、雇用主が収益や企業戦略、製品ラインや従業員の成績を評価する年末年始の時期に行われることが多いようだ。米労働統計局などによれば、2017年1月の米国の失業率は4.8%となり、前年11月の4.6%より悪化した。退職や失業は、ほっと一息付くチャンスにもなり得る。だが、思わぬ心理的、社会 ...

  • 働く人の満足度が高い職種、米国の1位は「シェフ」



    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    「最も満足感が得られる仕事とは何だろう」と考えたことがあるだろうか?その疑問に対する完璧な答えが得られたわけではないが、求人情報検索サービスのインディード(Indeed)が12月7日に公開したデータは、その答えを見つけるためのヒントになるかもしれない。 同社は調査会社センサスワイドの協力を得てこの夏 ...

  • ミレニアル世代の3割以上が「副業あり」 理由は追加収入と充実感

    Renee Morad , CONTRIBUTOR

    ミレニアル世代が怠け者だなんて、誰が言ったのだろう。求人求職サイトのキャリアビルダー(CareerBuilder)が実施した新たな調査によれば、ミレニアル世代はいわゆる業務時間の9時から5時以外でも働いているという。つまり、副業をしているのだ。その職種はベビーシッター、家庭教師、ブロガー、バーテンダ ...

  • 世界で闘う日本人女性のプライベート〜ライフスタイル編〜

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界で活躍する女性のエネルギーの源はどこにあるのか。家庭事情から休日のリフレッシュ法まで徹底調査。Q 1日の睡眠時間は?平均睡眠時間: 6.48時間最も長い人で8.5時間、短い人は4時間「しっかり寝ないと無理」「日曜などの休日にまとめて寝ている」「不眠症と診断された」Q 何時に起きて、何時に寝る?平 ...

  • アフリカに「明かり」を、23歳起業家がソーラーパネル付バックに込めた思い

    Vivienne Decker , Contributor

    23歳のサリマ・ビスラムは、ソーラーパネル付きのバックパックを生産・販売するスタートアップ、ソウラー(Soular)の創業者だ。同社のバックパックを使えば、電気がないアフリカ郊外に暮らす子どもたちが、高価かつ発がん性物質を発生させる灯油ランプを使わず夜でも勉強できるようになる。ソウラーは米テレビショ ...

  • 求職活動中にもお勧め、スケジュールが組みやすく短期で稼げる8つの職種

    Frances Bridges , CONTRIBUTOR

    一時的な収入を得るため、短期の仕事が必要になる理由は色々あるだろう。だが、勤務時間を柔軟に設定することができ、恒常的に求人があり、始めるのも辞めるのも、一時中断するのも簡単な仕事は限られている。長期にわたって続けられる仕事を探して求職活動中のあなたにお勧めの、8つの仕事を紹介する。1. ペットの世話 ...

  • ライフスタイルが変わった!トヨタ「未来プロジェクト室」が描く移動の未来図

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    クルマとバイク、両方のポテンシャルを併せ持つ新発想の都市型モビリティ「TOYOTA i-ROAD」。その実用化検討のため、トヨタ自動車未来プロジェクト室が企業や生活者との連携を推し進めている。都市における移動の既成概念から離れ、未来の都市での移動のあり方を新たに描き出す。休日の朝方、身支度も早々にi ...

  • お金の心配で見た目が老ける? 調査で明らかに

    Kate Ashford , CONTRIBUTOR

    お金の問題に関するストレスは、それがあるというだけでも十分によくないことだ。そうしたストレスは、夜よく眠れなくなるという以外にも、あなたにとってよくないことをもたらす可能性がある──あなたを老けさせるのだ(夜睡眠が十分に取れないから老ける、ということかもしれないが)。専門誌「リサーチ・オン・エイジン ...

  • 米で運転中にキレる人が急増、7割近くが「3年前より危険」と回答

    Tanya Mohn , CONTRIBUTOR

    米国では車を運転する人たちの約80%が過去一年間に少なくとも一度、運転中に激しい怒りや敵意、突然キレて暴力的な行動に出る「ロードレイジ」を経験していることが分かった。車を運転する2,705人を対象に実施した「運転中の攻撃的な行動」に関するインターネット調査の結果によると、回答者の3分の2が、攻撃的な ...

  • 女性の仕事満足度を高める5つの要素

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    女性は仕事の何に満足感を得るのだろうか。企業の給与などに関する情報を収集・提供するペイスケール(Payscale)が実施した調査によれば、仕事に対する女性の満足度は、男性ほど報酬と結びついてはいないようだ。では、報酬以外のどのような問題が満足度に影響を及ぼしているのだろうか。女性の労働環境の改善を目 ...

  • デキる人の「ブルーマンデー」克服法5選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    月曜を憂鬱に感じた経験は、誰にでもあるだろう。月曜の辛さを科学的に示した研究結果も出ている。だが、月曜が憂鬱な日だと決めつけるのは間違いだ。筆者にとって月曜は、その週の仕事ぶりを決める日だ。時間とエネルギーをきちんと管理することによって、充実した週を過ごす基盤をつくることができる。以下は、仕事を効率 ...

  • セレブであることの「不都合な点」とは

    Russ Alan Prince , CONTRIBUTOR

    セレブリティ―でいることには、相当の利点がある。お金、ファンだという人たちからの大げさな称賛、名声が開いてくれるいくつものドア──。著名人たちの大半が、自分たちが情熱を持てることをしているというのは事実だ。だが同時に、彼らには大きな「不都合な点」もある。それは、彼らが抜きん出ているほどに大きくなる不 ...

  • ますます厳しくなるSNSチェック、米入国書類に記入欄も?

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    近い将来、米国土安全保障省(DHS)が調べるのは旅行者の“荷物”だけではなくなるかもしれない。ビザ免除プログラムで入国する人の提出書類に、新たにソーシャルメディアに関する情報を記入する欄を設けるという案が浮上しているのだ。提案されているのは、書類に「使用しているSNSやそのア ...

  • あなたの判断力を鈍らせるかもしれない4つの感情

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    感情は、人の決断にきわめて興味深いかたちで影響を及ぼす。朝の夫婦喧嘩が午後の仕事上の決断に影響を及ぼす可能性もあるし、母親の健康にまつわる不安が仕事でのリスク回避につながることもあり得る。感情が有益にはたらくこともある。ちょっとした不安は、大胆すぎる賭けに歯止めをかけてくれるかもしれない。怒りは、権 ...

  • 不眠がちな人が試してみるべき2つの解決法

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    いま大きな注目を集めているのが“睡眠”だ。睡眠は研究対象のトップ3に入っており、“睡眠産業”は数十億ドル規模に急成長している。だが睡眠産業が上手くいっている一方で、私たちは十分な睡眠をとることができていない(だからこそ同産業が好調なのだが)。さまざまな ...

  • 「従業員の本音」調査で明らかに、不満度が高いのは大企業

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    現代の職場は、進化を続けている。恐らくその変化の速度は、過去に例がないほどだろう。職場の現状を把握するため、コンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は今年5月、さまざまな職業に従事する1,385人と、企業の最高経営幹部200人を対象とした調査を実施した。以下、働く人たちの仕事 ...

  • ベントレーが彩る洗練された暮らしとビジネス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    その車に乗ることで、自らのライフスタイルにおけるこだわりを表現できるクルマというのは、実は数少ない。ベントレー「フライングスパーV8」はビジネスに、生活に、どのような華をもたらすのか。グローブ・トロッター アジア・パシフィック株式会社 代表取締役の田窪寿保が綴る。子供の頃を思い出して欲しい。大人にな ...

  • 最高の状態でものごとに取り組むには「マインドフル」であれ

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    今の時代、目の前の瞬間に集中するのは難しい。何をしていても、ソーシャルメディアのアラートや携帯メールに“呼び出され”て気が散ってしまうからだ。そのほかにも脳内ではさまざまなことが同時進行している。前日に起こったことを思い返していたかと思えば、次の瞬間には翌日の心配をしていたり ...