• 台湾の「空港送迎専門」ライドシェア企業 日本進出も計画中

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    朝7時の国際便に乗るには空港に5時には着いていたいものだが、この時間に空港に向かう手段は数十ドルもかかるタクシーしかない場合も多い。公共の交通機関が使えない深夜の便に乗る場合も状況は同じだ。そのニーズを狙ったのが台北を拠点にサービスを始めたスタートアップ企業のAirPoPoだ。車でおよそ1時間かかる ...

  • 中国「滴滴」がシリコンバレー進出 AIエンジニア採用強化

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    昨年アップルらから合計70億ドル(約8000億円)以上の出資を受けた中国のライドシェア企業「滴滴出行(Didi Chuxing)」がシリコンバレーにR&Dセンターを開設した。中国市場でライドシェア市場の覇権をウーバーから奪った滴滴が、カリフォルニアに拠点を構えることは、同社のイノベーションへ ...

  • フォルクスワーゲンがウーバーに対抗 ベルリンに新会社Moia

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    フォルクスワーゲンはドイツ・ベルリンにモビリティサービス企業のMoia社を設立。ライドシェア事業に参入し、2025年までにこの分野で世界有数の企業に成長させると宣言した。同社のアナウンスはGMやフォードらがウーバーに対抗し、相次いで競合ビジネスの立ち上げを宣言した流れに続くもの。Moiaは「来年1月 ...

  • ウーバー、定額サービス「ウーバー・プラス」を米6都市で導入開始

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーは今週、定額制乗り放題サービスの「ウーバー・プラス(Uber Plus)」のベータ版を立ち上げた。アマゾンのアマゾンプライムからヒントを得たと思われるこのサービスは、月額の定額料金を払うことで乗車料金を大幅に安くするもの。初回の導入地域は米国の6都市(サンフランシスコ、シアトル、サンディエゴ ...

  • 自動車メーカー各社が必死の買収 「サービスとしてのモビリティ」

    Jon Markman , CONTRIBUTOR

    自動車販売業の先行きは暗い。少なくとも大手自動車メーカー各社はそう考えているようで、それに代わる「モビリティ事業」の買収に必死だ。メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーは7月下旬、イギリスとアイルランドで配車アプリサービスを展開しているヘイロー(Hailo)の株式60%を取得した。この「サービス ...