• トヨタも出資の自動運転シャトルバス「May Mobility」 米国で運行開始

    Joann Muller , FORBES STAFF

    米デトロイトで新たな自動運転プロジェクトが始動した。1950年代から2017年にかけて人口が64%減少したデトロイトは今、景気の回復途上にあり、都市部の交通渋滞も悪化している。デトロイトに暮らすほとんどの人は車で通勤する。ダウンタウンエリアでは朝晩の渋滞は特に深刻だ。地元の不動産大手「Bedrock ...

  • オフィス街のフードトラックが示す、モビリティサービスの可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「今日のお昼ご飯、何を食べようか……」そんなことを思いながら、ランチタイムを迎える。どこかで美味しいものでも食べようかと思いつつも、向かう先はコンビニエンスストアか近くのお弁当屋さん。10分くらいで買ってオフィスに戻り、自分のデスクでご飯を食べる。気がつけば「何を食べよう ...

  • トヨタ社長がCESで伝えたかった「本当の狙い」

    川端 由美 , Official Columnist

    「最後に残されたインターネット不在地」と言われていた自動車の世界だが、急速に“つながる”時代にシフトしつつある。象徴的だったのが、年初にラスベガスで開催された世界最大級の見本市、コンシュマー・エレクトロニクス・ショー(CES)でのトヨタの発表だった。なにしろ、お膝元である東京 ...

  • 中古車をコネクテッドカーに変える「ビンリ」、提携で業務拡大へ

    Doug Newcomb , CONTRIBUTOR

    自動車の生産工場の組み立てラインからは毎日、何千台ものコネクテッドカーが生み出されている。一方、アフターマーケットには何年も前から「ソリューション」があるにも関わらず、現在も何百万台という車が「コネクト」されないまま使用されている。1996年以降に生産された車には、故障診断システム(OBD)が搭載さ ...

  • 自動車メーカー各社が必死の買収 「サービスとしてのモビリティ」

    Jon Markman , CONTRIBUTOR

    自動車販売業の先行きは暗い。少なくとも大手自動車メーカー各社はそう考えているようで、それに代わる「モビリティ事業」の買収に必死だ。メルセデス・ベンツの親会社であるダイムラーは7月下旬、イギリスとアイルランドで配車アプリサービスを展開しているヘイロー(Hailo)の株式60%を取得した。この「サービス ...

  • トヨタが見据えるモビリティの未来、「自動車を作る技術を社会のために」

    Joann Muller , FORBES STAFF

    今や自動車メーカーは車をつくっているだけの企業ではない。「モビリティ(可動性)メーカー」だ。これは各自動車メーカーが、新たなビジネスモデルや新たな競合(ウーバー、リフトやグーグルなど)への適応手法を説明する上で自ら使用している言いまわしだ。だがトヨタ自動車が考える“未来の可動性&ldqu ...