• 社員がうつ病に 上司ができる支援法

    Raquel Baldelomar , Contributor

    誰しも、悲しさや寂しさを感じ落ち込む日がある。しかし、頼れる従業員が締め切りを守れなくなった、プロジェクト責任者が簡単な決断を下せなくなった、社交的だった社員が引きこもりがちになったなどの変化は、うつ病の兆候かもしれない。米国では、成人の10人に1人がうつ病に苦しみ、考え方や感情、行動に影響をきたし ...

  • きょうから始めるメンタル強化 脳を書き換える3つの思考法

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    自分自身に言い聞かせる言葉が、厳しい批判や自己疑念、悲観的な予想ばかりであれば、目標の達成は難しくなってしまう。だが、そんな風に少し悲観的だったり、自分に対して常に厳しかったりする人でも、心の声に尻込みする必要はない。健全な考え方をさせるよう、自分の脳を鍛えることができる。複数の研究によれば、思考方 ...

  • 米女性の3割は「がんより孤独が怖い」 3000人の健康意識を調査

    Helen Thomson , CONTRIBUTOR

    米国の女性たちの3分の1は、がんと診断されることよりも孤独を恐れていることが分かった。「自分にとってのウェルネス(健康と幸福)とは何か」について女性3000人を対象に行った調査の結果、明らかになった。健康的な生活のための情報を提供するエブリデイ・ヘルスが、女性のウェルネスの実現を妨げている要因と、女 ...

  • 子どもに「メンタルヘルス休暇」を取らせるべきか

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    昨年の夏、従業員にメンタルヘルス休暇の取得を促したCEOが話題となった。多くのメディアが、必要な際には「メンタルヘルス休暇」を取るといった精神衛生向上策の重要性を取り上げた。子どもの場合はどうだろう? メンタルヘルス休暇として、学校を休ませてもよいだろうか? 当然ながら、答えは単純ではない。心理療法 ...

  • 職場で心の病公表、女性のメールが話題 企業がすべきことは

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    マダリン・パーカーという女性が書いたメールがソーシャルメディアで話題を呼び、職場でのメンタルヘルス(心の健康)に関する議論を巻き起こしている。マダリンのメールはこうだ。「チームの皆さん、今日と明日は自分のメンタルヘルスに集中するため休みます。来週には気持ちも新たに100%回復して戻ってきたいです」こ ...

  • 仕事での「自滅」を避けるための5つの思考

    Jessica Hagy , CONTRIBUTOR

    大量の仕事を抱え、大きな責任を負い、大勢の人が自分を頼りにしている──。これらが自分に該当する言葉だとしたら、あなたはそれを誇りに思うだろうか、それとも押しつぶされそうだと思うだろうか?自分に与えられた役割によってエネルギーが湧いてくるか、圧力に負けてしまうか、その感じ方の違いを生むのはストレスだ。 ...

  • 危険な燃え尽き症候群、覚えておきたい3つの対処法

    Vicki Salemi , Contributor

    英モラー・コンサルティング(Morar Consulting)が全米の人事担当者を対象として昨秋実施した調査では、従業員が燃え尽き症候群を抱えていると離職率が増加すると回答した人は95%に上った。燃え尽きの要因トップ3は上位から順、不公平な給与(41%)、過度な業務量(32%)、そして過剰な時間外労 ...

  • 自信がなくても大丈夫、「心を手当て」し自己肯定感を保つ方法

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    現代人が抱える孤独や、昨年のドラマ「逃げ恥」でも話題になった自己肯定感・・・。この分野にエビデンスをもって取り組んでいるのが、NYの人気セラピストであるガイ・ウィンチ氏だ。彼のTEDスピーチ「How to practice emotional first aid(心が傷ついたときの応急手当の方法)」 ...

  • 女性差別は「する側」の男性にも悪影響

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    米心理学会が発行する学術雑誌「ジャーナル・オブ・カウンセリング・サイコロジー」に、ある興味深い報告が発表された。新たな調査で、“男性らしさ”が男性の健康や幸福感に強く関連することが認められたというのだ。男性による差別が女性に害を及ぼすことは考えるまでもなく明らかだが、それが男 ...

  • 「心配しすぎ」で病気になる、皮肉な健康リスクが明らかに

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    悲観的であることが心疾患と心気症(健康不安症)の原因になることが、先ごろ発表された2つの研究結果により明らかになった。心理学的な健康が身体の健康に関連しているとみられることを示す結果はこれまでにも示されており、驚くような発見ではない。だが、医師が患者の精神的な健康をより重視すべきであるということを、 ...

  • 「選挙ストレス障害」発症の米国人が増加、乗り切るための対処法は?

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    米国民は明らかに、ストレスでかなり参っている。アメリカ心理学会(APA)は10月13日、大統領選の影響で国民が受けているストレスに関する調査の中間結果を発表した。最終的な結果は、来年初めにも公開される予定だ。調査で分かった主な内容は、支持政党にかかわらず、調査対象者の半数以上が大きなストレスを感じて ...

  • 人気若手俳優の自殺、中国メンタルヘルス問題の闇に光

    Casey Hall , CONTRIBUTOR

    長くうつ病と戦った末、先週末に自殺した中国の人気俳優兼歌手、喬任梁(キミ・チャオ)の告別式が上海で22日に行われ、多数の芸能人や数千人のファンが参列した。28歳の若さで自らの命を絶った喬任梁は、「小時代」や「後宮の涙」といったテレビドラマで親しまれ、ここ8年間で24本の映画に出演。最新作の「我們的十 ...