• マーケターの生産性を高めるマネジメント術、5つのポイント

    斉藤 梨沙 , Official Columnist

    IBMの調査レポートによれば、世界のデータの約90%はなんと、過去2年で作られたそうだ。また、ヒラリー・クリントンの元参謀で未来学者のアレック・ロス氏は、デジタルデータは毎年50%ずつ増えていると指摘する。しかし、経営者やマーケターがどれほど努力しようが、データの量に追いつくように毎年50%ずつ賢く ...

  • 「直観」を閃かせる技法[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    我々は、日々の仕事と生活の中で、極めて難しい問題に直面し、最後は「直観」で決めなければならない状況に置かれるときがある。では、そのとき、「直観」を閃かせる技法というものがあるのだろうか。その技法について考えさせる、興味深いエピソードがある。実際にあった話である。ある企業で、マネジャーのA氏が、重要な ...

  • 超富裕層になるために「〜すべき」をやめるべき理由

    Russ Alan Prince , CONTRIBUTOR

    自力で富を築き「超富裕層」(純資産5億ドル、565億円)の仲間入りをした人たちの多くによれば、あなたの利益になるような行動を誰かに取ってもらいたい場合、あるいはその人にとっての利益になると「あなたが考える」行動を取ってもらいたい場合、必要なのはその人に「should(~すべき)」という言葉を使わない ...

  • まともでない上司に「ノー」と言うべき時

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    ビジネスリーダーシップに関する記事執筆やコンサルティング業を営む私は、どうも劣悪なマネジメントとめちゃくちゃな上司についての情報を磁石のように引き寄せてしまうようだ。残念なことに、まともではない上司は多い。私は最近、寄稿先のメディアを通じ、手紙を受け取った。その手紙は、多くの従業員が直面する課題を個 ...

  • 「新しもの好き」の上司に振り回されない方法とは

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    高度なサポート職(リサーチアナリストや役員補佐など)に就く人々を対象としたワークショップの参加者の一人に、プロジェクトを始めては止める上司に困っていた人がいた。多くの人が共感してうなずいていたことから、新しい技術やアイデアにすぐ飛びつく「きらきらしたもの症候群」がまん延していることは明らかだった。私 ...

  • テック業界のカリスマCEO、S・ドラキアの異色なマネジメント法

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    クラウドベースのメール送信サービスを提供する米企業センドグリッド(SendGrid)のサミア・ドラキアCEOは、テクノロジー業界で最も評価されているCEOの一人だ。キャリア情報サイト「グラスドア(Glassdoor)」での評価は98%で、イーロン・マスクやマーク・ザッカーバーグと同じ水準だ。求職情報 ...

  • 「サンドイッチ」式フィードバックはもうやめよう

    Alisa Cohn , CONTRIBUTOR

    マネジメントに関する法則とされるものの中で、私が嫌いなものの上位に入るのが「サンドイッチ」式フィードバックだ。これは、フィードバックをするときはまず相手を褒め、その後に批判的な言葉(つまり本音)を伝え、最後にもう一度褒める、という手法だ。これには善意的な意図がある。指摘を受ける側の衝撃を和らげたり、 ...

  • 創造という秘密の行為[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    若き日に、ビジネスパーソンとして仕事をしていた時代、上司から注意を受けた。「競合企業もいる会議の場では、大切なアイデアを話すな。アイデアを盗まれるぞ……」この上司の忠告は、ビジネスや人生における処世の知恵としては、正しいアドバイスであり、自分のことを思って言ってくれた上司 ...

  • 時代に合わせて進化する「ハイアール」式マネジメント

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本を代表する大企業が経営に苦しむなか、中国発のグローバル企業が日に日に存在感を高めている。その一つが、代物家電メーカー世界最大手「ハイアール」だ。ハイアールは1984年の創業以来、ブランド構築(84〜91年)、多角化(91〜98年)、国際化(98〜2005年)、グローバル化(06年〜現在)と確実に ...

  • 「組織戦の戦い方は、ラグビーが教えてくれた」ローソン 玉塚元一会長

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    中学から大学までラグビーに打ち込み、いまもジム通いと出張先でのジョギングを欠かさない。Forbes JAPAN×FiNC共催「Wellness AWARD of the Year 2016」経営者部門1位のローソン代表取締役会長CEOが語る、体を鍛える意義とは─。「もっとも強固な人脈を生 ...

  • リーダーたちが2017年に使ってはいけない「5つの言葉」

    Glenn Llopis , CONTRIBUTOR

    言葉には力がある。私たちの誰もがそのことを知っている。そして、リーダーたちには2017年、特に避けた方が良い言葉が5つある。いずれも否定的な意味を持つものではないが、彼らが好機を見出す力を制限し、真に開かれた心を持つ力を抑え込んでしまう言葉だ。1. 変化2016年の米大統領選を通じて筆者が改めて認識 ...

  • スタートアップ起業家が「共同創業者」を持つことのメリット

    Ajay Yadav , U30 contributor

    筆者は単独でルームメイト探しのアプリRoomiを起業した。起業にチャレンジする場合、筆者のように単独で起業する人もいれば、パートナーを見つけて共同で起業する人もいる。どのようなスタートアップにも大きなリスクが伴う。そのため信頼が置けて仕事の相性も良く、素晴らしい共同創業者になると思える相手がいるのな ...

  • 職場で女性に求められる5つの役割、最悪は「母親」

    Falon Fatemi , CONTRIBUTOR

    米国の女性たちは、この数十年で大きな進歩を遂げてきた。だが、それでもまだ平等が実現されない場がある──職場だ。S&P500構成企業の従業員のうち、およそ半数は女性だ。一方で、これら企業の上級管理職に女性が占める割合は25%。取締役では19%に過ぎない。さらに、最高経営責任者(CEO)ではわず ...

  • 日本企業が参考にすべき「GEジャパン」のマネジメント手法

    荒川 龍 , CONTRIBUTOR

    GEが持つ革新的な“戦略と仕組み”を日本でいかに実践するか。“リーダーシップと文化醸成”でこれを成し遂げたGEジャパンには日本企業が参考にすべきイノベーション・マネジメントの姿がある。創業約140年、従業員数30万人。グローバルトップ企業、米ゼネラル・ ...

  • あなたはどっち? 「リーダー」と「マネージャー」の9つの違い

    William Arruda , CONTRIBUTOR

    昇進して部下を管理する立場になったからといって、自動的にリーダー(指導者)になれる訳ではない。人を「管理する」ことと「指導する」こととの間には、大きな違いがある。以下に、マネージャー(管理者)とリーダー(指導者)を分ける9つの違いを紹介する。1.リーダーはビジョンを描き、マネージャーは目標を設定する ...

  • 「管理職は大半が能力不足」、当事者の98%が認める

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    一般社員から管理職への昇進は間違いなく、仕事における最も困難な変化の一つだ。新たな責任とビジネスの世界に対する新たな視点、さらに元同僚や自分自身の上司、管理職という新しい同僚たちとの全く新たな人間関係も生まれる。管理職にもっと多くの研修や訓練が必要であるということは、全く不思議なことではない。だが、 ...

  • 日本企業に必要な「イノベーションマネジメント」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本企業に今、必要な「イノベーションを経営する手法」を「イノベーションマネジメント実態調査2016」の分析調査から見ていく。イノベーションマネジメントがすぐれている5社コニカミノルタ経営者の強いコミットの下、世界5極でビジネスイノベーションセンター(BIC)を立ち上げイノベーションを牽引。過半を外部 ...

  • 優れたリーダーに必要な「誠実さと鑑になること」 米大統領候補は?

    Victor Lipman , CONTRIBUTOR

    「優れたリーダーの特質とは?」──時代を超えて、昔から多くの人たちが抱いてきた疑問の一つだ。人材紹介会社ロバート・ハーフは今年9月、「従業員」と「最高財務責任者(CFO)」の2つのグループを対象に、リーダーシップに関する調査を実施。「次のうち、企業のリーダーに最も重要な性質はどれだと思いますか?」と ...

  • 「ヒト」に投資を!従業員のモチベーションを高める人事システム

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界ではHR Techが熱い。アメリカでHR Tech EXPOに参加、帰国したばかりのリンクアンドモチベーションの麻野耕司氏が、アメリカの現状と日本のHR Techをリードする同社の試みについて寄稿した。企業が生き残っていくには、3つの市場で選ばれなければならない。商品市場で事業活動を通じて顧客か ...

  • ミレニアルとZ世代が変える職場、求められる4つのキーポイントとは

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    新しい世代の従業員たちは、労働市場に加わり、そして管理職に就いていく中で職場に新たな考え方を持ち込む。今そうした世代にあたるのが、1980年以降に生まれた「Z世代」や「ミレニアル世代」と呼ばれる人たちだ。人材サービス大手の蘭ランスタッドは今年6月22日から7月11日にかけて、コンサルティング会社の米 ...

  • 世界を知るヒントは読書と旅にある

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    太陽電池モジュール出荷量で2年連続世界第1位を獲得したトリナ・ソーラー。日本法人社長、チェン・イエ氏に成功の秘訣となる中国のことわざとタイムマネジメント術を聞いた。ーチェン社長は現在、日本支社で代表取締役社長をされていらっしゃいますが、海外の企業のポジションで成功するのに大切なことは?私は北京で生ま ...

  • あなたの会社の従業員エンゲージメント、下がっていませんか?

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    企業の世界において「エンゲージメント(従業員が組織のために自発的に力を発揮しようとすること)」は流行語となっており、それにはもっともな理由がある。各企業は、従業員がやる気と満足を感じていれば、組織運営がより効率的になり利益も増えることに気づいたのだ。だが市場調査&データサービス会社クオンタム・ワーク ...

  • ビール醸造家に学ぶ「磁力」がもたらすリーダーシップ

    Roberta Matuson , CONTRIBUTOR

    米ボストンのシーポートにあるハープーン・ブルワリーは、ダン・ケナリーCEOが共同創業者と共に立ち上げた企業だ。リーダーシップに関する著書を複数持つ記者が、「磁力」(人を引き付ける力)を持つリーダーについて同氏から学んだことの一部を紹介する。ビールや利益よりも、まずは「人」ケナリ―はビールも従業員も同 ...