• 日常の用を備えるイタリアン・ラグジュアリー・クーペ

    川端 由美 , Official Columnist

    ひと目で恋に落ちそうなグラマラスなアピアランスをもち、走りの面では正真正銘のスポーツカーでありながら、大人4人が乗れる室内空間をもち、週末のロングドライブのための荷物も積める。そんな都合のいいクルマなんて世の中にあるはずがない……と思っているなら、マセラティ「グラントゥー ...

  • 自動運転時代のおける「運転による快楽」の再定義

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北イタリアの古都、ボローニャは古くから栄える大学都市。いまもって、イタリアの交通の要所であり、自動車や織物といった産業が集積する都市でもある。マセラティがこの街で生まれた証として語られるのが、バッジに採用される銛のマークである。実際、街の中央にあるマッジョーレ広場に佇むネプチューン像の手には三叉の銛 ...

  • イタリアらしい色気を放つ、マセラティのスポーツSUV

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    トリノ、ミラノと並ぶ北イタリア有数の都市であるボローニャは、西欧最古の大学都市として栄えた歴史を持つ。同時に、近代的な工業都市としての顔も持ち、周囲にスーパー・スポーツカー・メーカーがひしめく。旧市街に足を運ぶと、この街のシンボルであるネプチューンの彫像が目に入る。マセラティがエンブレムに掲げる三叉 ...

  • マセラティ新型車をチャーター便で空輸 一大イベントの舞台裏

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    少し肌寒くなった10月中旬、イタリアの高級自動車メーカー、マセラティは成田空港でユニークなイベントをを行った。イタリア・ミラノからチャーター機で成田空港に直送した新型車を、空港貨物ターミナル地区内の整備工場内で公開したのである。空輸したのは、2ドアクーペ「グラントゥーリズモ」とオープンカー「グランカ ...

  • 予期せぬ登場のマセラティ・レヴァンテ、SUVの牙城に食い込む

    ピーター ライオン , Official Columnist

    イタリアの高級車ブランド、マセラティの100余年の歴史の中で、レヴァンテSUVはもっとも重要なモデルだ。なぜかって? その理由は、マセラティにとってまったく新しいセグメントへの進出だったが、そのおかげであの三本槍のバッヂのついたクルマの販売台数が全世界で、特に中国とアメリカで一挙に倍増したからだ。こ ...