• 日本市場に注力するマクラーレン。次々に新車を発表できる、他のメーカーにはないスピード感の源とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いい意味で、“記者泣かせ”である。マクラーレン史上最強のモデルである「セナ」が5月に日本に上陸したばかりだというのに、7月にはもう次のニューモデル「600LT」が日本で披露された。これほど矢継ぎ早に新車を発表するなど、かつてあっただろうか? なぜ、創設からわずか7年ほどの企業 ...

  • 最新の研究施設で生まれる「スーパー・スポーツカー」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「マクラーレン」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、22歳の若さでF1で優勝を飾った伝説のドライバー、ブルース・マクラーレンの生き様である。F1へのデビューを果たしたその年に初優勝を飾り、40年以上にわたって最年少優勝記録として輝き続けた。自らの名を冠したレーシング・チームを創設し、オーナー自ら駆るマ ...

  • マクラーレンの最高傑作、アイルトン・セナを愛した日本で披露

    ピーター ライオン , Official Columnist

    東京・芝にある増上寺。荘厳なこの寺は、海外ではヒュー・ジャックマン主演の映画「ウルヴァリン・SAMURAI」(2013年)のロケ地として知られている。5月22日にここで行われた新車発表会は、これまで僕が経験した中でも、もっとも印象的で素晴らしいイベントだった。もちろんローガンはいなかったけれど。主役 ...

  • マクラーレンが着々と進める「ハイパースポーツカー」製作

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーミュラ1のような最高峰のレースでは、勝利がすべてである。そんな厳しい場所を自らの戦いの場に選び、常に最も高い場所を目指して、戦い続ける。そんな企業が、マクラーレンである。最高峰のレースで戦うことで得た知見を活かすべく、市販車メーカーのマクラーレン・オートモーティブ、研究開発会社であるマクラーレ ...

  • マイクロソフト伝説マネジャーがマクラーレン570Sを語る

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英国の自動車メーカー、マクラーレン・オートモーティブ(以下マクラーレン)。Formula1で培ったテクノロジーと知識を注ぎ込んだハイパフォーマンスなスポーツカーをロードカーとして提供する。「僕の世代では90年代のF1での圧倒的な強さのイメージが色濃いマクラーレン。そんなマクラーレンの570Sですが、 ...

  • アップル「自動運転」報道の謎 マクラーレン買収説は消滅か

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車の開発ガイドラインに関し、アップルが当局に書簡を送ったことが明らかになった。これにより「アップルが自動運転車開発に意欲を見せた」と喜ぶ声もあるが、実際は何一つ、具体的な進展が見えないのが現実だ。CEOのティム・クックが言う“クリスマス・イブ”状態が続いているだけだ。 ...

  • テスラに対抗の自動車メーカー「高級EV」戦線、最新動向 Vol.2

    Kristin Tablang , Forbes Staff

    Part1はこちら。一方で自動車ジャーナリストのマーク・ユーイング氏は、同じマクラーレンでも先日発表されたばかりの「675LT スパイダー」に注目している。675LT スパイダーは、666馬力の675LTクーペに次いで発売された650Sスパイダーの進化形だ。前身の650Sスパイダーをベースに新設計さ ...