• ふたりの経営者が読み解く鬼才、レイ・クロックは「英雄か、怪物か」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米ハンバーガーチェーン、マクドナルドの創業者レイ・クロックを描いた映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が公開されている。レイ・クロックといえば、冴えないセールスマンから一転、52歳のときに出会ったハンバーガーショップを世界最大のチェーンに創り上げた男だ。Forbes JAPANは7月27日 ...

  • マクドナルドが中国事業拡大 「2022年に4500店舗」目指し出店加速

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国は米国のドナルド・トランプ政権から、貿易や産業政策に関して批判されることも多い。しかし、中国は拡大を目指す米国のレストラン業界にとって成長が見込める頼みの綱と言える。スターバックスは今後、中国内の店舗数を倍増させると宣言しており、今年7月には中国の東部のジョイントベンチャーの株式を13億ドル(約 ...

  • 時給900円と年収2000万円、米マクドナルド社内の賃金格差と問題点

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米国のマクドナルドが店舗の従業員たちに支払っているのは、最低賃金すれすれの給料だ。一方、同社の戦略を立案し、実行する高度なスキルを持つ人たちの給料は高額に上る。米キャリア情報サイト、グラスドアの調査によれば、一部の人たちの年収は、9万3336ドル(約1048万円)~19万2602ドル(約2160万円 ...

  • 脱ファストフード狙うマクドナルド、一部市場で高級バーガー発売

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    新鮮で健康的、さらに待つことなく買える食事を求める消費者を呼び込むため、マクドナルドはこの1年ほどの間にいくつかの健康的なメニューを取り入れてきた。そのマクドナルドは、単なるファストフード店から「ファストカジュアル・ダイニング」への転身を目指している。同社は先ごろ、フランスなどで新たにフォークとナイ ...

  • 成功者レイ・クロックは本当にヒーローなのか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「英雄か。怪物か。」米ハンバーガーチェーン「マクドナルド」の創業者レイ・クロックを描き、7月29日(土)に公開される映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のキャッチコピーだ。そのポスターの中央には、主役を演じるマイケル・キートンが野心的な表情を浮かべている。レイ・クロックといえば、52歳のと ...

  • マクドナルド、顧客データ追跡でサービスのカスタマイズを強化

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    マクドナルドは他社との競争力を強化するため、テクノロジーを活用し、顧客個人との“カスタマイズされたやり取り”の実現を目指している。2017年末までに、現在導入を拡大しているモバイル注文システムを使った顧客情報の追跡を可能にする。それにより、顧客個人に合わせた効率的な体験の提供 ...

  • 「マクドナルドだけ」を食べ続けると何が起こる?

    Quora . , CONTRIBUTOR

    マクドナルドで買えるものだけを食べて暮らすのは健康に悪いのか?質問サイトQuoraに寄せられた質問にスタートアップの専門家Jonathan Brillが答えた。毎日3食マクドナルドでも問題はないし、「健康的な食事」とは言えないかもしれないが有害だと言い切ることはできない。ただし、以下の点に気を付けて ...

  • マクドナルド、生肉使用のバーガー提供へ 来年半ばにも開始

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    マクドナルドは3月30日、2018年半ばまでに米国内の大半の店舗で生の牛肉から調理するハンバーガーを提供すると発表した。対象とするのは「クオーターパウンダー」で、注文を受けてから調理を始める。消費者のヘルシー志向の高まりを受けて実施する大幅な改革だ。同社は2015年11月、ダラスの一部店舗で生の牛肉 ...

  • マクドナルド「ビックマック味ソース」発売へ ハインツと提携

    Trefis Team , CONTRIBUTOR

    マクドナルドは米国の食料品店で、ビックマックソースの販売を開始しようとしている。ハンバーガー業界の専門メディア「バーガービジネス」は昨年9月、マクドナルドが「マックソース」の商標登録を出願したと報じた。今年1月に同社は1万本の「ビックマックスペシャルソース」を米国でプロモーションとして配布した。また ...

  • マクドナルドの中国事業売却、ウォール街は高評価

    Gene Marcial , CONTRIBUTOR

    ファストフード界で中国進出の“先駆け”だったマクドナルドは、世界で最も人口の多い同国で事業を展開するリスクとリターンの複雑さを学んだ。中国での大きな事業や決断は、間違いなく同社に健全性に影響を及ぼす。そのため中国での事業の大半を売却するという同社の発表は、とても大胆なものに思 ...

  • ビッグマックに大きめ・小さめの新メニュー 米マクドナルドで始動 

    Micheline Maynard , CONTRIBUTOR

    米国のマクドナルドは看板商品のビッグマックに、新たに2種類のバージョンを追加しようとしている。サイズがやや大き目のグランドマックと、小さめのマックジュニアを2017年初頭に全米で販売開始する。ニュースサイトAdvertising Ageによると同社は既にオハイオ州とテキサス州のダラス、フォートワース ...

  • 2015年に退任した米有力企業のCEOたち

    Susan Adams , Forbes Staff

    米国では2015年、有力企業の最高経営責任者(CEO)の退任が相次いだ。 「メディア王」と呼ばれる大富豪のルパート・マードック(84)は6月、娯楽・メディア大手21世紀フォックスの経営から退き、後任に次男のジェームズ(42)を指名した。退任後は同社の会長となり、長男ラクラン(44)が共同会長に就任し ...