• 子どもにもヨガとマインドフルネスを ある米企業の試み

    Jeanne Croteau , CONTRIBUTOR

    現代人の人生は厳しく、精神的・身体的に強くなる方法を模索する人々はこれまでになく増えている。はやりのダイエットや運動法は一時的に話題をさらうかもしれないが、強くなるための最高の方法は、はるか昔から存在していたのかもしれない。さまざまなトレンドと同様、ヨガやマインドフルな瞑想といった古代の習慣は、多く ...

  • 水素吸入とマインドフルネス。そのふたつに共通するものとは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    似非科学として語られがちな“水素水”。しかし水素に関して結論を出すにはまだ早いというのが真相だという。アクアバンク代表取締役・竹原タカシと筑波大学大学院教授・矢田幸博がその可能性について対話する。マインドフルネスと水素の関係とは?竹原タカシ(以下、竹原):現代は、昔にはなかっ ...

  • 瞑想の「方法」で脳への影響に変化、複数組み合わせが有効か

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    脳を実際に変化させるのは、どのような精神活動なのだろうか。この点については、これまでさまざまな議論がなされてきた。過去の研究では、瞑想やマインドフルネスの練習を行うことで実際に脳の構造や機能、さらには行動や「その時々(瞬間ごと)の経験」も変化することが確認されている。ドイツの学術研究機関、マックス・ ...

  • 職場でできる「マインドフルネス」実践法4選

    Ashley Stahl , CONTRIBUTOR

    職場でのストレスを緩和し、企業文化を改善できるものがあれば、皆さんは試してみたいと思うだろうか?マインドフルネスにはこうした効果があることが分かっており、企業もそれに気が付き始めている。米医療保険大手のエトナは「マインドフルネスセンター」を設立しているし、米グーグルと米スポーツ用品大手のナイキは、瞑 ...

  • 「不機嫌にならない人」は知っている 感情を受け入れる大切さ

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    私たちが持つ感情、特に否定的な感情をいかに受け止めるかは、年齢に関わらず人生において最も難しいことの一つだ。だが、私たちの精神的な幸福の鍵を握るのは、そうした不愉快な感情を含め「自分の感情を自覚し、受け入れること」なのかもしれない。これに関連した2つの研究結果が、先ごろ発表された。一つはイスラエルの ...

  • ヨガ・瞑想の抗ストレス効果、遺伝子レベルで確認

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想やヨガ、太極拳のような「マインドボディー運動療法」と呼ばれる運動に実際に効果があるかどうか、まだ疑問に思っている人たちもいるだろう。だが、「心身介入療法」とも呼ばれるマインドフルネスや瞑想、ヨガ、リラクゼーション反応(ストレス度を下げる反応を促す行動)、太極拳、気功などは、私たちの遺伝子のレベル ...

  • 子どもが行う瞑想の効果は大? 成績向上やADHDの症状改善も

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    瞑想と子どもの脳の発達の関係についての研究は、大人の脳との関連性についての研究ほどは進んでいない。だが、マインドフルネスの練習を含め、子どもたちにとっても有効であることを示すいくつかの調査結果が示されている。大人たちにとって永遠の心配事の一つは、子どもに注意力があるかどうかだ。2004年に発表された ...

  • 大成功した人たちが毎朝7:30前にしている7つのこと

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    成功を収めた人たちは、それぞれに異なる背景を負っている。だが、こうした人たちの全てには、共通している点がある。それは、他の人たちが打ち砕けない障壁だと思うことも、受け入れるべき課題、克服すべき障害だと受け止める点だ。そして、これらの実現は毎朝の習慣から始まる。非常に大きな成功を収めた人たちは、朝起き ...

  • グーグルも採用の「マインドフルネス」、キャリアに役立つ5つの理由

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    「マインドフルネス」は、職場での注目度がますます高まりつつある考え方だ。アップルやヤフー、スターバックス、そしてグーグルも、従業員向けの福利厚生のプログラムにこれを導入している。例えばグーグルは、マインドフルネスを学ぶための19時間のコースへの参加を従業員らに認めている。人気は非常に高く、すでに年間 ...

  • ストレスを軽減する「マインドフルネス」、多くが実践する理由と効果とは

    Jeena Cho , CONTRIBUTOR

    私たちの非常に多くが、どうすることもできないほどの慢性的なストレスに直面している。例えば米国の弁護士の間では、アルコール依存症や薬物乱用に陥る人の割合が憂慮すべき水準に達しているという。また、不安神経症になる人が相当に多いことも分かっている。ストレス対処法や不安の解消方法としての「マインドフルネス( ...