• 経営トップが取り組むべき働き方改革の“答え”とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    働き方改革のうねりが想像以上のスピードでビジネスの現場に押し寄せている。すでに新たなステージに移行したと言える大きな変化の波を捉え、事業を成長させるために、企業のリーダーはどのようなことに取り組むべきであろうか。働き方の改革で先を行く日本マイクロソフトで開かれたセミナーをもとに、その神髄を探る。上写 ...

  • マイクロソフト成功の意外な秘密 ナデラCEOの「思いやり力」

    Bruce Weinstein , Contributor

    米マイクロソフトが、世界最大の年間売上高を誇るソフトウエア開発企業でいられる秘密は何だろう? 深い知識を持つソフトウエアエンジニアや優れたマーケティング部が理由だろうか?いや、こうした要素はどこの競合他社にも存在する。同社が成功を続ける秘密は、サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)が持つ「思いやり ...

  • Windows 10がようやく「7」のシェアを突破、リリースから2年半

    Ian Morris , Contributor

    「Windows 10が発表から2年半を経て、ようやく導入台数でWindows 7を抜いた」と、ニュースサイト「V3」が報じた。このデータを集計したのはStatsCounterという企業で、同社はウェブサイトの訪問者をトラッキングするサービスを提供しており、訪問者が使っているOSを把握しており、膨大 ...

  • ソニーPS4が好調、任天堂スイッチも「1億台突破」の期待

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    ソニーは1月8日、2017年の年末商戦でPS4が590万台売れ、累計の販売台数が7360万台に達したと発表した。年末商戦だけの販売台数は前年に比べるとわずかに下がっているが、2017年はPS4が最も売れた年となり、ゲームソフトの販売数も過去最高となった。PS4は最近、任天堂の3DSを抜いてゲーム機の ...

  • 急増するアマゾン「アレクサ対応PC」とマイクロソフトの憂鬱

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    iOSと聞けばiPhoneをイメージするように、「アレクサ」はこれまでアマゾンエコーとセットで捉えられることが多かった。しかし、アレクサはSONOS製のスマートスピーカーやネストのサーモスタット、フィリップス製のスマート電球に搭載されるなど、独立したプロダクトとしての色合いを強めている。さらには、タ ...

  • ユタ州のユニコーン「クアルトリクス」に元MS幹部が移籍

    Alex Konrad , Forbes Staff

    マイクロソフトで約25年にわたり重要な職務を務めたジュリー・ラーソン・グリーンが、米ユタ州のユニコーン企業「クアルトリクス(Qualtrics)」に移籍し、同社のCXO(チーフ・エクスペリエンス・オフィサー)に就任することが明らかになった。クアルトリクスは2017年4月に企業価値25億ドル(約280 ...

  • 音声アシスタントの覇権狙うアマゾン、企業向けでも独走体制

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    アマゾンと他のテック大手との対立が深まっている。グーグルは、アマゾンの「エコー・ショー(Echo Show)」からユーチューブにアクセスできなくし、2018年1月1日からは「ファイアTV(Fire TV)」でユーチューブの視聴をできなくすると発表した。アマゾンが「クロームキャスト(Chromecas ...

  • 仕事を爆速化するウィンドウズの新機能、ワードがタブ表示対応に

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    パソコンで複数のツールを同時に立ち上げ、作業をするのが面倒に感じる人は多いはずだ。例えば様々なデータをワードにまとめようとする時、エクセルのデータやウェブの検索結果、パワーポイントの文章などを引用して書類を作成するのは、かなり煩雑なタスクになる。マイクロソフトはこの問題の解決に乗り出した。ワードにブ ...

  • マイクロソフト創業者2人が認知症研究に私財を投じる理由

    Arlene Weintraub , CONTRIBUTOR

    米マイクロソフトの共同創業者で慈善家のビル・ゲイツは11月13日、認知症研究基金(Dementia Discovery Fund)に私財5000万ドル(約56億8000万円)を投資する考えを明らかにした。2年前に設立された同基金は、アルツハイマー型認知症や、加齢に伴い発症するその他の病気の治療法の開 ...

  • マイクロソフトからMacへの挑戦状、Surface新モデルの巨大な使命

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトは10月17日、新製品「Surface Book 2」を発表した。これは、同社にとって初代「Surface Book」、「Surface Book パフォーマンス ベース搭載モデル」に続く第3世代のハイエンドラップトップだ。これまでのSurfaceシリーズ同様、Surface Book ...

  • マイクロソフトが音楽分野で犯した「失敗の歴史」

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    スタートアップ業界では失敗は賞賛されるべきことだ。試行錯誤を繰り返さない限り、新たなイノベーションは生まれない。マイクロソフトは音楽分野において、これまで様々な失敗を犯してきたが、特徴的なのは市場の先行者ではなくフォロワー的なポジションをとった事例が多いことだ。直近の例ではストリーミング分野において ...

  • スポティファイ、マイクロソフトの「音楽サービス」を吸収へ

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトは長年、音楽ストリーミングサービス「Groove Music」の運営に苦戦してきたが、ついに敗北を宣言したようだ。同社は10月2日、スポティファイと提携を発表し、Groove Musicの顧客らをスポティファイに移行可能にすると発表した。Groove Musicのサービスは終了し、ユー ...

  • 急拡大のAR市場、2023年に「4兆円突破」 米調査企業が報告

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    テクノロジー業界で今後大きな成長が期待されるのがAR(拡張現実)だ。ここ数ヶ月でアップルの「ARKit」やグーグルの「ARCore」等、新たなAR向けフレームワークが発表された。調査企業Greenlight InsightはARデバイスやARコンテンツの売上が、2023年には364億ドル(約4.1兆 ...

  • 人工知能をクラウド化する「クラウドAI」の勝者はどこだ?

    Harold Stark , CONTRIBUTOR

    「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」やマイクロソフトの「Azure」に代表されるクラウドプラットフォームは、従来のデータストレージに比べてセキュリティや柔軟性、アクセス性が格段に向上している上に、コストも安い。また、データセンターの処理能力も、一般的なワークステーションより圧倒的に高い。クラウド ...

  • Slack追撃のマイクロソフト メッセージツール「Teams」に新機能追加

    Alex Konrad , Forbes Staff

    マイクロソフト版のSlackとも呼べる、メッセージングアプリ「Teams」に社外ゲストの参加機能が加わった。Teamsの利用者は今後、社外のユーザーを交えてメッセージのやり取りが出来るようになる。マイクロソフトによるとTeamsは現在、25の言語にまたがる12万5000の組織で利用されているという。 ...

  • アマゾン、マイクロソフトと提携で「新規5億人」をアレクサに獲得へ

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    テック業界の大手が覇権を争う音声アシスタント分野で、マイクロソフトのコルタナはこれまでずっと一歩遅れた存在だった。コルタナは世界に出回る数億台のWindows 10搭載PCに組み込まれてはいるが、音声アシスタントを使う上でPCがベストなデバイスとは言い難い。音声アシスタントがその能力を発揮するのは、 ...

  • マイクロソフト「リアルタイムAI」目指すプロジェクトBrainwave始動

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    グーグルは人工知能(AI)領域で優位に立つため、専用プロセッサの「Tensor Processing Unit(TPU)」を開発した。TPUはディープラーニングのアルゴリズムに特化した機能を持つチップだ。グーグルはまた、グーグルクラウド上で動作する「Cloud TPU」と呼ばれるボードを開発し、外部 ...

  • マイクロソフト×NPOの「若者支援」が成功している理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    マイクロソフト、JPモルガン・チェース、ウォルマート、リクルート、新生銀行──グローバル企業をはじめ、多くの大企業が手を組む、若者支援NPOがある。認定NPO法人育て上げネットだ。若年者就労基礎訓練プログラム「ジョブトレ」を基盤に、多角的な若者支援事業を実施する同団体は、2004年のNPO法人化以来 ...

  • 好決算のソニー「プレステ5」の来年発売はあり得るのか?

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    ソニーは8月1日、今年4〜6月期の四半期決算を発表。営業利益は1500億円を突破し、過去最高を記録したが、プレイステーション4(PS4)の販売が振るわない。好調だったのは半導体部門。スマホ向け画像センサー等が業績を牽引し、この部門の売上高は前年同期比41.4%増となった。また、昨年4月の熊本地震関連 ...

  • スマホを「根底から変える」マイクロソフトの挑戦

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトが開発中とされる新スマホの噂が後を絶たない。同社はモバイルOS「Windows Phone」の提供を終えたが、モバイルテクノロジーは今後も開発を継続する方針だ。サティア・ナデラCEOは「新しい端末を開発することは間違いない。既に市場に出回っている製品とは全く異なるものになるだろう」と述 ...

  • 「Windows Phoneの終焉」とマイクロソフトがスマホ時代に描く未来

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトのモバイルOS「Windows Phone」が終焉を迎えた。ユーザーは、手元のWindows Phone端末が突然機能しなくなるということはないが、「Windows Phone 8.1」のサポートは7月11日をもって終了した。マイクロソフトは、Windows Phone 8.1のサポー ...

  • マイクロソフト、復調に期待のPC高級機市場でシェア拡大狙う

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    マイクロソフトは6月、Surface Pro(サーフェス・プロ)とSurface Laptop(サーフェス・ラップトップ)を世界25か国の市場に投入した。アップルが大きなシェアを占有しているパソコンの高級機市場で、マイクロソフトが同市場に力を入れる理由はどこにあるのだろうか。ウインドウズ10を搭載し ...

  • マイクロソフト、AIが「マルウェア被害を防ぐ」システム導入へ

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    この2ヶ月の間で世界規模のウイルス被害が相次いで報告された。5月にはWannaCry、そして今週になってPetyaと呼ばれる身代金ウイルスが拡散している。世界で5億台にも及ぶコンピュータを感染の被害から守るのは非常に困難だが、マイクロソフトはWindows 10の次期アップデートにAIを用いたマルウ ...

  • 「タブレット市場重視」を明確にするアップルの狙い

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    アップルのiPadを取り扱う販売店にとって、ここ3年ほどは困難な時期だった。タブレット市場の縮小に加え、iPhone画面の大型化が引き起こしたカニバリゼーション(自社製品・サービス同士による売り上げの奪い合い、共食い)が原因だ。そこでアップルは今年、タブレット事業のてこ入れを図るための複数の計画を実 ...

  • マイクロソフトが送り出す「異次元のスマホ」が狙う市場

    Marco Chiappetta , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトのテクニカル フェロー、アレックス・キップマン(Alex Kipman)は、「携帯電話は既に過去の遺物だ」と断言し、今後は「HoloLens」のようなMR(Mixed Reality、複合現実)デバイスがスマホに取って代わると考えている。キップマンの予言は正しいかもしれないが、MRデバ ...

  • マイクロソフトが進める「アップルファースト」戦略の背景

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトが約1年前に発表したタスク管理ツール「Microsoft Planner」のモバイル版が登場した。しかし、現在の対応OSはアンドロイドでもWindows 10 MobileでもなくアップルのiOSのみとなっている。Microsoft Plannerはチームのタスク管理やファイル共有、チ ...

  • マイクロソフト「究極のモバイル端末」Surface Phone発表へ

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトCEOのサティア・ナデラは「2017年中に究極のモバイルデバイスを世に送り出す」と宣言していたが、5月2日に公開されたMARKETPLACEのポッドキャスト番組でその発言を裏付けた。「現状のマーケットで主流となっているデバイスとは別のアプローチで市場に切り込んでいく。独自のやり方で究極 ...

  • マイクロソフトの企業向け「IoT」プラットフォームの全貌

    Janakiram MSV , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトはIoTプラットフォームにエッジ分析やデバイス管理を行う新機能を追加した。同社は、IoTの構築・運用に必要なエンド・ツー・エンドソリューションを提供する数少ない企業の一つで、「Windows 10 IoT Core」から「Power BI」まで包括的なIoTサービスをエンタープライズ向 ...

  • 教育市場でシェア急拡大狙うマイクロソフト 新タブレットに高まる期待

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    マイクロソフトは、5月2日に新製品発表イベントの開催を予定している。そこでの目玉として期待されるのは、Windows 10の簡易版である「Windows 10 Cloud」と「Surface Book」の廉価版の発表だ。Windows 10 Cloud搭載マシンは、教育市場で急速にシェアを伸ばしてい ...

  • サイバーセキュリティを経営課題と捉える時代 日本企業を狙うマルウェアへの対応策とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ここ数年、日本企業をターゲットにした標的型サイバー攻撃が急激に増えている。そんななかで、 Office 2007のサポートが2017年10月10日に終了する。企業は、サイバー攻撃にどのように備えるべきなのか。本誌副編集長の谷本有香が、セキュリティの専門家であるIPAの松坂志、J ...