• F1マシンより速い!驚異のポルシェ・ハイブリッド

    ピーター ライオン , Official Columnist

    毎夏、南イングランドはウェスト・サセクスにある英国貴族マーチ卿の領地で開催される自動車の祭典「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。 車好きの聖地の一つといえるグッドウッドは、面積がなんと港区と渋谷区、目黒区を併せたほどの広大な、緑豊かな土地だ。そこが今年は、シュトゥットゥガルトの轟音でい ...

  • ポルシェが米ディーラーに「AR」を導入した理由

    Mark Ewing , CONTRIBUTOR

    ポルシェカーズ・ノースアメリカ(PCNA)は今週、米国の189の販売店のために「Tech Live Look」を発表した。これは販売店の技術者とPCNA本社の専門家をつなぐ拡張現実(AR)システムであり、スマートグラスを通してリアルタイムでのやりとりが行えるものだ。これによって、サービスにかかる時間 ...

  • ポルシェのピュアEV「ミッションE」はスポーツカーの未来となるか

    川端 由美 , Official Columnist

    ドイツどころか、欧州の自動車メーカーでポルシェの世話になっていないところはない。そう言われるのには、理由がある。実際、創業者であるポルシェ博士は、今でいうところの“デザイン・エンジニア”であり、研究開発から設計まで、一貫した自動車開発をできる稀有な人材だった。高性能のレーシン ...

  • 「Porsche E-Performance賞」を受賞した民間宇宙企業

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    12月1日、フォーブス ジャパンは2017年で4回目となる「起業家ランキングBEST10」を発表。同日、パレスホテル東京において「JAPAN’S START-UP OF THE YEAR 2018」と銘打ったイベントを開催した。ポルシェ ジャパンからは「START-UP OF THE Y ...

  • 「過去・現在・未来」を見つめ、進化への道のりを示したポルシェ

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    自動車業界を取り巻く環境が大きく変化しつつある現代において、モビリティ産業の次のミッションに着目する今年の「東京モーターショー2017」。なかでもコンセプチュアルな展示で来場者を迎えたポルシェは、そこで何を伝えようとしたのだろう。アジアで初公開となる3代目の新型「カイエン」、そして日本で初披露となる ...

  • ポルシェの出発点、そして未来のための選択

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    東京モーターショーにて「過去・現在・未来」をテーマにブースを構えたポルシェ。 サスティナブルな自動車づくりの未来に向けた選択と、その背景にある哲学とは。10月27日から11月5日にかけて開催された「第45回 東京モーターショー2017」。ひときわ注目を集め、来場者が後を絶たなかったのがポルシェのブー ...

  • 乗る人に自信を与える「ポルシェ」新型パナメーラ・ターボ

    ピーター ライオン , Official Columnist

    8年前にポルシェが初代パナメーラを出したとき、それは激しい批難の嵐だった。後部はぼったりと、ポルシェらしからぬプロポーション。初めて投入された4ドアセダンは、まるで茄子とカボチャの間に生まれた不運な子供のようだったからだ。中身は高級なパフォーマンスカーとして良く仕上がっていただけに、他のライバル車種 ...

  • なぜポルシェが起業家をサポートするのか?

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    自らが欲したスポーツカーを自分自身の手で造り上げ、その後、自社生産を開始したポルシェ。やがてスポーツカーメーカーとしての名声を高めたポルシェの歴史は、時代を切り拓く起業家精神から始まっている。現在のポルシェ社の母体は、1931年にフェルディナンド・ポルシェが創業した設計事務所。フォルクスワーゲンや優 ...

  • ポルシェ博士の哲学が息づく名車パナメーラ[クルマの名鑑 vol.4]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ポルシェの「変革に挑む勇気」に導かれた名車今でこそ、世界に名だたるスポーツカー・メーカーとして君臨するポルシェだが、若き日のフェルディナント・ポルシェ氏(1875ー1951)は、自らの頭脳をセールスポイントに自動車メーカーの研究開発を請け負っていた。最初に手掛けたのはローナー社製ハイブリッド車であり ...

  • リコール問題で優秀なのは「ポルシェ」、マツダは対応に遅れ

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    中古車情報サイトのアイシーカーズ・ドットコム(iSeeCars.com)はこのほど、10月1日に米道路交通安全局(NHTSA)が発表したデータに基づきまとめた、1985年以降に同国内で行われた自動車のリコールに関する分析結果を公表した。分析の対象としたのは、1985年1月から2016年9月までにメー ...

  • 「911が、嫉妬する」 ポルシェが新型パナメーラを披露

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    2009年に誕生したポルシェの4ドアラグジュアリーサルーン「パナメーラ」が、デビューから7年が過ぎた今年、ついにフルモデルチェンジを果たす。10月8日に東京・表参道で行われた「ニュー パナメーラ」日本向けプレビューをレポート。ブラックのパネルに浮かび上がる新型パナメーラのリアビューと、床に散りばめら ...

  • ポルシェ ジャパンが「日本企業として」描く未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    7月にポルシェジャパンが東京で記者発表会を開催。最新モデルのアンヴェイルとともに、今後描く未来像と、3つの公約を発表。代表取締役社長の七五三木敏幸にその真意を聞いた。ポルシェが日本でキーノートを実施する。その知らせを聞いて、いささか、首をかしげてしまった。ワールドプレミアが登場する国際的なモーターシ ...

  • ポルシェがシークレットイベントを開催、一足先に「718 ボクスター」を披露

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ポルシェ ジャパンが6月末、718 ボクスターのデビューを記念したシークレットイベントを開催した。会場となった都内某所のガレージには、首都圏外からも含め多くのファンが訪れた。いつの時代も誰もが憧れるロードスターであり続け、ダイナミックなドライビングで多くのファンを魅了する718 ボクスター。すべての ...

  • 未来型モビリティと次世代リーダー イノベートするポルシェ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    新しいポルシェと次世代ビジネスリーダーが邂逅。環境への配慮と走る喜びは、聡明な選択で両立する。Interview with Ryota Matsuzaki「富士スピードウェイに行きませんか?」 元F1レーサーの片山右京からそう言われたのは、松崎良太が楽天に転職して3年目の2002年のことだ。同僚がネ ...

  • 未来を見据えるポルシェ「パナメーラS E- ハイブリッド」の実力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ポルシェが追求するE-Performanceを体現する一台。最大限の効率と走る喜びを、選べる走行モードで実現。未来に向け、持続可能なモビリティのため、ポルシェは電力の効率的な利用を追求。出力密度が高い電動モーターを搭載し、電力だけで約36km*の走行が可能な「パナメーラS E-ハイブリッド」は、ポル ...

  • テスラに対抗の自動車メーカー「高級EV」戦線、最新動向 Vol.1

    Kristin Tablang , Forbes Staff

    自動車業界はイーロン・マスクに対し、反撃のチャンスをうかがっている。テスラモータースの型破りなやり方を、最初は相手にしなかったドイツの高級車メーカーも、同社の勢いが増すなかで、それに対抗する動きを進めている。独アウディはフランクフルトモーターショーでテスラの「モデルX」の快進撃に歯止めをかけようと、 ...

  • ポルシェの4ドアスポーツカー:マカン ターボの走りを検証

    Mark Ewing , CONTRIBUTOR

    ポルシェのマカン ターボについて語る前に、はっきりと述べておきたいことがある。マカン ターボがアウディ Q5を模倣しているとする一部の人間の主張は、まったくの見当違いだと言っていい。より標準的で価格を抑えたマカンを作ることもできたはずだが、ポルシェが当初からこのモデルを特別なものにするつもりだだった ...