• Boxの前年比30%成長を支える「ボット営業マン」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2005年に創業し、容量無制限の法人向けオンラインストレージサービスを展開しているBox。直近の売り上げは前年比30%アップ。同社の成長を裏で支えているのが、デジタルマーケティングの取り組みだ。中でも特徴的なのが、会話型AIプラットフォーム「Conversica(コンバーシカ)」を活用している点にあ ...

  • 会話を自動化する「ボット」専用マーケットプレイスが開設

    John Koetsier , CONTRIBUTOR

    ボットの作成プラットフォームの「Motion.ai」が、企業や個人がボットを公開できるマーケットプレイス「ボットストア」を開設した。顧客の求めに応じカスタマイズしたボットを提供することも可能だ。ボットはチャットボットとも呼ばれ、ユーザーとボットが自動的に会話するように設計されたプログラムのこと。昨年 ...

  • フェイスブック 「チャットボットが1万1千個を突破」と発表

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    フェイスブックは同社の公式ブログで、これまで1万1,000以上のチャットボットが作成され、2万3,000以上の開発者がボットエンジンのプラットフォームに参加中であると発表した。フェイスブックでメッセージプロダクトを統括するデビッド・マーカスは「開発者らにより新たなメッセージング体験がもたらされ、メッ ...

  • FBメッセンジャーが美容アドバイザーに 「口紅を試せる」ボットが登場

    Rachel Arthur , CONTRIBUTOR

    フェイスブックメッセンジャーやKikといったアプリで、チャットボットの導入が進んでいる。ボットの人工知能(AI)が顧客と会話し、ホテルの予約や食事の出前の注文、企業の製品サポート等に活用する動きが広がっている。ファッションや美容業界でもボットの活用は期待されている。顔認識技術を活用した試着アプリを提 ...

  • 暮らしを変えるチャットの未来と、知られざる先駆者

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    「モバイルアプリの時代はすでに終わった」と言われている。激しい変化の中、今、注目を集めているのはメッセージアプリの可能性。チャットだけで何から何までできる。そんな時代がやってくるかもしれない。雪が降り積もるある日。カナダ中部の都市ウォータールーにある飲食店でスマートフォンを取り出し、チャットアプリ「 ...

  • 米在住ITコンサルタントが警鐘「新しいテクノロジーに対する保守性が、日本企業を弱体化させる」

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    近年、日本のビジネスの場でも、メールや電話に代わるコミュニケーションツールとしてLINEやフェイスブックのメッセンジャーを使用する人が増えてきた。しかし、これらは社員が個人的に利用している場合がほとんどで、企業としてSNSを導入している例は少ない。IT最先端の国、アメリカではどのような状況になってい ...

  • 未来のチャットはほとんど「魔法」だ

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    雪が降り積もる1月のある日。カナダ中部の都市ウォータールーにある飲食店でスマートフォンを取り出し、チャットアプリ「Kik(キック)」を開いて壁のQRコードをスキャンすると、チャット画面が現れた。―バウアー・キッチンへようこそ! ご注文は?〈ドリンク〉―下のメニューからお選びください。〈ダイエットコー ...