• 「食を楽しむ」日本のラグジュアリーホテル2選

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    ただのリゾートでは物足りないあなたのために、フォーブス・トラベル・ガイドが特別なリゾートホテルを厳選。 今年のバカンスは、美食とともに楽しむべし。「バラエティー」を求め、ホテルオークラ京都へさまざまな食の探検、それはフォーブス・トラベル・ガイドも薦めるこの歴史的なホテルに滞在する理由に ...

  • 「黙って参加」がルール、心を癒すサイレント・イベントの勧め

    Jennifer Kester , Forbes Travel Guide Contributor

    性格が内向的だという人でも、一人で旅行中の人でも、大勢の人がいる環境の中で何かを一人で楽しみたいと思うことがあるだろう。そんな人たちのために、フォーブス・トラベルガイドが選んだお勧めのイベントを紹介する。スピードを緩めて自分自身を取り戻すため、あるいは延々と続くメールの受信やソーシャルメディアの更新 ...

  • 「最高級の料理」×「究極の眠り」が生み出すもの

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    『滞在するレストラン』をコンセプトに、本格的にホテル業界に参入したひらまつ。ザ・ひらまつ ホテルズ&リゾーツ熱海は、全客室から相模湾を望める景観が魅力。当ホテルでは最高級の食とともにこだわったのが、究極の眠りの提供だという。その真意を同社代表取締役社長の陣内孝也が語ってく ...

  • 次世代ロボットの登場で「ホテル体験」はどう変わる?

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    アメリカのホテル業界で今、あるロボットが大きな話題を呼んでいる。いったいどんなロボットなのか。カリスマ開発者を直撃し、新型ロボット導入の狙い、そしてオートメーションがもたらす未来について聞いた。海外のホテル業界で、にわかに「革命」を起こしているロボットがいる。その名は「Relay(リレイ)」。自律走 ...

  • 超一流のホテルマンに絶対必要な、たった一つの「才能」

    Micah Solomon , CONTRIBUTOR

    ミュージカル「アニー」の有名なフレーズ「おしゃれは笑顔から」は、接客業にも通じる。靴紐がほどけていようが、名札が曲がっていようが、ジャケットが擦り切れていようが、乱れた髪が昨夜の情事を物語っていようが、笑顔さえあれば、素晴らしいカスタマーサービスを提供することは可能だ。逆を言えば、笑顔によってお客に ...

  • ホテルの部屋に到着後、最初にすべき5つのこと

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    ホテルの部屋の前に立ち、ドアを開ける前の一瞬、私たちにはある種の予知能力が働く。時差ぼけの中でも私たちの五感が、周囲のあらゆることを手掛かりに状況を素早く、総合的に判断するのだ。隣の部屋のドアの脇にルームサービス用のトレーが置かれたままなら、定期的に廊下を見回るスタッフがいないということ。照明が気味 ...

  • トランプは約束を守らない? 息子と事業パートナーが気掛かりな発言

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    ドナルド・トランプ米大統領は就任前、自身が運営してきたトランプ・オーガナイゼーションの経営権を「完全かつ全面的に」、息子のドン・ジュニアとエリックに譲ると明言した。この約束は、トランプ政権が「権力分立制」を支持し、トランプ・オーガナイゼーションを政治とは切り離すことを明確に示そうとする試みだった。ト ...

  • ビジネスパーソンの東京滞在に「サービスレジデンス」という新しい選択肢を

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の経済、金融拠点・大手町の、複合ビルの上階には、時の流れと美しい四季の情景を封じ込めた、瀟洒なスイートホームが隠されている。専用エレベーターで22階へ向かい、エレベーターホールから、朝昼は陽の光が移ろい、夜には都市の灯と星が輝く静謐な気配に導かれ歩を進めると、最初に現代美術作家バク・ソンギの印象 ...

  • 競争の激しいホテル業界、それでもやっぱり強いヒルトン

    Gene Marcial , CONTRIBUTOR

    ホテル・宿泊業界では今、かつてないほどの激しい競争が展開されている。ベッド・アンド・ブレックファストや貸別荘などの機敏で活発な競合が市場に食い込みつつあるのだ。それでも、一部の大手ホテルは依然、この部門においてぜひとも長期保有しておくべき優良株だ。とりわけ持続可能な競争力のある資産として突出している ...

  • スター気分にさせてくれるセレブ所有のホテル5選

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    スポーツ用品大手ナイキが10月、面白いプロモーションを展開した。キャンペーン応募者のうち当選者2名が、NBAのスーパースター、ケビン・デュラントがキュレーションしたサンフランシスコのアートギャラリーに一泊できるという企画だ。デュラントがデザインし、作品も選んだギャラリーの内部を見られるのだから、ファ ...

  • シンガポールのプレジデンシャル・スイート8選

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    いまどきのホテルは、プレジデンシャル・スイートが一つあるだけでは十分とはいえない。シンガポールでは、この最上級スイートを2室備えているホテルもある。また”チェアマン””ローズマリー””エクストリームWOW”といった独自の呼び方を ...

  • 支持され続けるヴァージングループ、米名門ランキング 航空&ホテル部門で1位に

    Grant Martin , CONTRIBUTOR

    ヴァージン・アメリカ航空(VA)とヴァージン・ホテルズが、米国で波に乗っている。世界的に定評のある高級旅行誌コンデナスト・トラベラー恒例の「2016年リーダーズ・チョイス・アワード」の国内航空会社部門と国内ホテル部門で、それぞれ1位を獲得。前年に引き続き米国内旅行業界における優位性を見せつけた。VA ...

  • シンガポールで絶品ヌードルが味わえる4軒

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    シンガポールでの食事にヌードルは欠かせない。中華、マレーシア、インド、さらにはヨーロッパと多様なバリエーションがあり、訪れるエリアや店によって様々な味を楽しめる。高級レストランのクラシックなスタイルから、地元の人たちの間で話題の新感覚ヌードルまでその種類は幅広く、選びきれないほどだ。今回は街中にある ...

  • トランプの新ホテル、名称はトヨタが捨てた「サイオン」に ブランド崩壊の回避策か

    David Kiley , CONTRIBUTOR

    大失敗に終わりそうな米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプの選挙活動が直面する現実は、ある犠牲者を生み出した──トランプの「ブランド」だ。不動産王トランプはこれまでの方針を転換、新たに展開するホテルには、自身の名を付けないことに決めた。トランプがミレニアル世代を主なターゲット層としてオープンする新 ...

  • ファッションの巨匠カール・ラガーフェルド、ホテルやレストラン業に進出

    Karen Hua , FORBES STAFF

    ファッションデザイナーのカール・ラガーフェルドが、自分の名を冠したブランドの拡大に乗り出した。「カール・ラガーフェルド・ホテルズ・アンド・リゾーツ」を立ち上げ、ホテルやインテリア、レストラン業界へ進出する。アムステルダムを拠点にホテル事業などを行う企業、ブランドマーク・コレクティブBV(Brandm ...

  • 宿泊施設レビューサイトのクチコミ、無視していい5種類の投稿とは?

    Geoffrey Morrison , CONTRIBUTOR

    長期の休暇や週末の旅行のために宿泊先を探すことは、面倒なことにも、旅行の計画を立てる楽しみの一つにもなる。どちらにしても、多くの人たちは薄汚れたひどいあばら屋のようなホテルを選んでしまわないために、いくつものレビューを見て参考にするだろう。だが、すべてのレビューに同等の価値があるわけではない。正当な ...

  • リオ滞在セレブに人気の「オアシス・コレクション」、豪邸と豪華なサービスを提供

    Karen Hua , FORBES STAFF

    五輪の特徴、それは世界の最大と最高が開催地に集結することだ。世界最高のアスリートたち、最大規模のスポンサー企業各社、最も著名な大会参加者たち──いずれも、豪華な宿泊施設を必要とする人たちだ。開催中のリオデジャネイロ五輪は選手村に対する懸念が伝えられ、オンライン宿泊仲介のエアビーアンドビーも高額な宿泊 ...

  • 「高級ホテル予約に関する4つの誤解」、知って得する事実とは

    Alexandra Talty , 寄稿者

    出張でも、あるいは取って当然の休暇でも、高級ホテルに割引料金で宿泊できる方法はいくつかある。旅行業界の専門家たちから聞いた、高級宿泊施設の予約などに関してよくある誤解を紹介する。誤解1: 旅行サイトで予約する方がお得「カヤック(Kayak)」や「エクスペディア(Expedia)」などの旅行サイトはワ ...

  • トランプ・ホテルで続く客足減少、主な原因は「女性」 候補自身に痛みはなし?

    Katie Sola , FORBES STAFF

    米共和党大統領候補のドナルド・トランプは、不動産開発業者としての自らのキャリアについて熱弁を振るう。そしてトランプの支持者たちは、光輝く「トランプ」ブランドの建物を指し、それらは同候補が米国の抱える債務問題を解決するのに必要な専門知識を持っていることの証だと主張する。だが、さまざまな議論を呼んでいる ...

  • サウジに建設中の「世界最大のホテル」は本当に完成するのか

    Eustacia Huen , CONTRIBUTOR

    サウジアラビアのメッカでは現在、35億ドル(約3,545億円)をかけて世界最大のホテル、アブラジクダイ(Abraj Kudai)の建設が進められている。しかし、予定されている2017年のオープンは難しいかもしれない。中東のビジネス誌ガルフ・ビジネス(Gulf Business)によれば、2015年の ...

  • 世界のホテル、粋なクルマと粋なサービス14選

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    ホテルの貸し自転車やスクーターも良いサービスだが、ショッピングやレストランに出かけようというときには二輪では心もとない。そこで今回は、フォーブス トラベルガイドの星に輝いたホテルの中から、活動的なゲストの要望に応える移動サービスを展開している14軒を紹介する。メルセデス・ベンツの希少車種からカスタマ ...

  • この夏ぜひ訪れてみたい、世界各地のホテル10選

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    毎年お気に入りの同じ場所を訪れ、休暇を過ごすのも煩わしさがなくていいだろう。だが、ホテルやレストランの新規開業、リニューアルオープンが相次ぐこの夏は、初めての場所に行ってみるのもよさそうだ。それらのうち、フォーブス・トラベルガイドのエディターたちがお薦めする、世界各地の10軒を紹介する。リッツ パリ ...

  • 米ホテル満足度ランキング、「最高級」の1位はザ・リッツ・カールトン

    Grant Martin , CONTRIBUTOR

    数あるホテルチェーンの中で「最高級(ラグジュアリー)」に分類されるホテルブランドのうち、北米で最も高い評価を受けているのは「ザ・リッツ・カールトン」であることが分かった。調査会社J.D.パワーは先ごろ、毎年実施しているホテル利用客の満足度に関する調査結果を発表した。ブランドホテルを平均客室単価によっ ...

  • NYのアートなホテルで楽しむ「文豪カクテル」

    Megy Karydes , CONTRIBUTOR

    F・スコット・フィッツジェラルドやトーマス・マン、ジョン・スタインベックなど、知識人やアーティストたちに憩いの場を提供してきた由緒ある建物が昨年、名前も装いも新しくブティックホテル「ザ・レンウィック」に生まれ変わった。ここでは、85ドル(約9,130円)で特別につくられたカクテルを部屋に届けてもらえ ...

  • 銀座の入り口にそびえる堅固な楼閣 ザ・ペニンシュラ東京

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブス トラベルガイドが2016年の格付けを発表。伝統のホスピタリティで国内外のゲストをもてなすザ・ペニンシュラ東京が5つ星を獲得した。THE PENINSULA TOKYO日比谷公園から銀座へ向かおうとして見上げれば、ザ・ペニンシュラ東京の堂々としたファサードが目に飛び込んでくる。日本の「灯籠 ...

  • 古きよき街に君臨する現代の天空の城 マンダリン オリエンタル 東京

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    フォーブス トラベルガイドが2016年の格付けを発表した。昨年、国内で唯一「ホテル部門」の最高評価である5つ星を獲得したマンダリン オリエンタル 東京が、2年連続で選ばれた。MANDARIN ORIENTAL, TOKYO江戸時代、五街道の起点として栄えた日本橋。その地に燦然とそびえる日本橋三井タワ ...

  • 「フォーブス・トラベルガイド」が世界において高い信頼を得る理由とは

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    オリンピックにも例えられる厳正な基準による「5つ星」は、なぜ世界が認めうる評価になるのか。フォーブス・トラベルガイド(FTG)の哲学を、本誌副編集長の谷本有香が聞いた。―まず、フォーブス・トラベルガイドについて教えてください。フォーブス・トラベルガイドができたのは、1958年のことです。アメリカ国内 ...

  • ミレニアル世代が起こす「旅行革命」、世界中でホステル人気が上昇

    Tanya Mohn , CONTRIBUTOR

    ミレニアル世代の旅行者は、その他の世代よりも予算が限られた旅をする人たちかもしれない。だが、可処分所得に占める旅費の割合は、この世代のホステル利用者が最も多いことが分かった。旅行期間も長期になる傾向があるという。先ごろ公表された報告書「グローバル・ホステル・マーケットプレイス2014-2018」によ ...

  • 26のホテルが「5つ星」、フォーシーズンズ副社長が語る高評価の秘訣

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    フォーシーズンズ ホテル アンド リゾートでおよそ30年にわたって経験を積んできた同社のスコット・テイバー上級副社長は、ホテル業界のさまざまな変化を目にしてきた。ホスピタリティー市場の発展から猛スピードで普及した「ハッシュタグ」の利用まで、業界にはこの間、目まぐるしいほどの変化が起きた。だが、同氏に ...

  • どこへ行きたい? ラスベガスのおすすめプール10選

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    ラスベガスにこのほど、モハベ砂漠をイメージした公共スペース「ザ・パーク」がオープンした。同じく4月にできたばかりの多目的施設「T-モバイル・アリーナ」に続く通り道にもなっている空間だ。ここの目玉のひとつは、道の両側におよそ30m続く『水の壁』。なんともゴージャスな空間だが、連日30度を超える夏場に、 ...