• 世界のヘルステック潮流、「一周遅れ」の日本に一発逆転のチャンス?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界の医療・ヘルスケアの最先端テクノロジー(ヘルステック)を紹介するグローバルカンファレンス、Health2.0。米国を中心に世界各国でヘルステックとベンチャーキャピタルの媒介役をしてきた。2017年12月には東京都内で「Health2.0 Asia – Japan2017」が開催される ...

  • 医療の現場を革新するテクノロジー、「心臓の3Dモデル」作成も

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカのヘルスケアベンチャーへの投資が活況だ。米ヘルステック専門アクセラレーター「ロックヘルス」の調査によれば、デジタルヘルス市場における資金調達企業数と総投資額が、2017年上半期に、過去最高の値を更新した。総投資額が、資金調達企業数と共に増加したことは、一部の大規模な取引による盛り上がりではな ...

  • 患者のための「凄いヘルスケアテック」9選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界的な医療・ヘルスケア市場の拡大を受け、アメリカのヘルスケアベンチャーへの投資が活況だ。サンフランシスコのヘルステック専門アクセラレーター「ロックヘルス」の調査によれば、デジタルヘルス市場における資金調達企業数と総投資額が、2017年上半期に、過去最高の値を更新。188のデジタルヘルステック企業に ...

  • 米国の「ヘルステック」を開花させた3つのカギ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医師・池野文昭は日米の医療当局からアドバイスを求められる。自らベンチャーキャピタルを設立し、医療機器イノベーションに尽力する彼が語る「ニーズ」とは。予防と治療のどちらにカネを使うか? これが、日米の病気に対する考え方の違いです。例えば、日本で虫歯になると、歯医者に行けば保険診療で治療してもらえます。 ...

  • 私が26歳ですべての医者を「クビ」にした理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレー在住の起業家、エンジェル投資家、ロビン・ファーマンファーミアンは、自らがクローン病という難病を抱えながら「医療テクノロジーの進化は、患者を力づける」と提唱し、一昨年、著書『The Patient as CEO』(患者こそが最高経営責任者)を米国にて上梓し、話題となった。 発明家で未来学 ...

  • 口癖は「4倍速」 フィリップス堤社長の異色の経歴

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    底抜けに明るく、礼儀正しい人だ。フィリップス・エレクトロニクス・ジャパンの社長・堤浩幸に会ったとき、多くの人はそのような印象を抱くのではないだろうか。丁寧なお辞儀をし、真っ直ぐに相手の目を見据えて明快に喋る。一つの質問に対して、10のキーワードを熱く返してくるような男である。「僕が自分について『ポジ ...