• プレゼン発表者の67%が犯す大きな過ち

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    ひどいプレゼンテーションを最後まで聞かなければならなかったつらい経験は、誰にでもあるはずだ。発表者が単に下手くそだった、発表が非常に味気なかった、などの理由もあるかもしれないが、最もありがちな原因は、聴衆が聞きたかった情報を伝えていないことだ。実は多くのプレゼン発表者が、聴衆が聞きたがっている質問に ...

  • 勝負のプレゼン 始める前に聞くべき一つの質問とは

    Mark Murphy , CONTRIBUTOR

    ビジネスに関するプレゼンテーションの際、すぐにスライドの説明に入ろうとする人は多い。スライド資料の準備は完璧で、説明内容も頭に入っている。スライドを1ページずつ説明する際、誰にも邪魔はさせないと言わんばかりだ。これ自体は悪いことではない。もしあなたが特定の題材について具体的なプレゼンを依頼され、聴衆 ...

  • R・ブランソンが明かす、アイデア提案で最も大切なこと

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    あなたが提案するアイデアが億万長者の起業家リチャード・ブランソンの興味をひくには、「リチャード・テスト」に合格しなければいけない。テストのポイントは2つ。まず、専門用語が使われていないこと。そして、飲み物を置くコースターに書き込めるほど簡潔なこと。「あなたの提案がビールのコースターや、ナプキン、封筒 ...

  • 実は難しい「ジェスチャー」を効果的に使うコツ

    中井 信之 , Official Columnist

    よく行く区立の図書館にコミュニケーションロボットのペッパー君が設置された。館内の案内や本の借り方を説明してくれて人気者だ。ロボットはこんな風に身近なものになっていくのだろう。ところで、ペッパー君に愛嬌を感じられるのは、音声が聞こえるときに腕や手を揺らすようなジェスチャーの役割が大きい。それは人間でも ...

  • 心をつかむプレゼンのコツ6選

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    プレゼンテーションの際、内容を急ぎ足で伝えてしまい、聴衆の心をつかめなかったと感じる人は多い。プレゼンの講習やコンサルティングを提供する米企業ポーティコPR(Portico PR)の創業者メーガン・ドッターいわく、会議室での事業部内ミーティングであれ、講堂で大勢を前にした講演であれ、合格ラインを超え ...

  • 五感に訴えるプレゼンテーション、ビル・ゲイツ流「人の心を動かす方法」

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    ビル・ゲイツは以前、発展途上国でマラリアの感染がどのように拡大するかを説明するため、観客席に向かって蚊を放ったことがある。清潔な飲料水が入手できない場所で汚水を浄化するプロセスを紹介するために、テレビ番組で浄化した汚水を飲んで見せたこともある。そのゲイツが今度は、サハラ以南アフリカの貧困撲滅に向けた ...