• 巨大化するデータ企業と加速するデータの「マネー化」

    山岡 浩巳 , CONTRIBUTOR

    古代神話に巨人伝説は数多いが、現代の巨人といえば、米国のフェイスブックやグーグル、中国のアリババやテンセントなどの「データ・ジャイアント企業」が挙げられるだろう。ここ10年間で急成長したこれらの企業は、小売や通信、金融といった伝統的な産業分類の枠にはまりにくい。しかし、大規模なプラットフォームをもと ...

  • フェイスブック「360度写真」強化で見えたデータへの欲望

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    フェイスブックは4月3日、同社の「メッセンジャー」アプリが、360度写真やHD動画の送受信に対応したことを発表した。これはあくまでも筆者個人の感想だが、データの取り扱いに関し世間から強い非難を浴びている同社が、このタイミングでこの機能をアナウンスしたのは興味深い。フェイスブックは、アンドロイド端末利 ...

  • フェイスブックの個人情報収集を防ぐツール、Firefoxに登場

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    フェイスブックの個人情報の不正利用問題が大きく報じられるなか、SNSユーザーの間では「#deletefacebook(ファイスブックを削除せよ)」という動きも広まっている。しかし、フェイスブックは多くの人にとって必須のコミュニケーションツールとなっており、やめたくてもやめられない人が多いのが現実だ。 ...

  • 世界最大の「不倫専門サイト」に、またもやプライバシー流出懸念

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    「人生は一度だけ。不倫しましょう」という挑発的なコピーで世界中から利用者を獲得したのが、カナダ初の不倫専門出会いサイト「アシュレイ・マディソン」。しかし、同サイトは2015年に3200万人もの個人情報が流出する事件を起こし、存続が危ぶまれたこともあった。しかし、そのアシュレイ・マディソンは今もまだ運 ...

  • プライバシーを「コンテンツ化」するイマドキ女子のサービス精神

    山田 茜(女子学研究家) , Official Columnist

    プライバシー侵害。この言葉は最近あってないようなもの、と感じます。女子は元来「干渉」が多いといわれがちですが、今や世は1億総干渉時代。SNSの盛り上がりとともに、「こんなことまで聞いちゃっていいの?」という“かゆいところに手が届く”ような情報が溢れ、ひと昔前であればプライバシ ...

  • プライバシーを盗み取る「悪質VPN」の被害に遭わない秘訣

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    人々がネット上のプライバシーを気にするのには複数の理由がある。セキュリティを懸念する人も居れば、プロバイダが個人のサイトの閲覧履歴を無断で販売することを心配する人も居る。その結果、多くの人々がVPNサービスを利用しているが、安全を守るためのVPNが詐欺だったという皮肉なケースも存在する。ニュースサイ ...

  • 究極のプライバシー保護手段「VPN」に関する基本的知識

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    匿名化されたWebサイトの閲覧履歴から、個人を簡単に特定できることが最新の研究で明らかになっている。プライバシー保護を強化するためには「トーア(TOR)」というツールやVPNを利用することが望ましい。今回は、VPNについて説明をしたい。VPNは「Virtual Private Network」の略で ...

  • 「匿名ブラウザ履歴」でも個人特定が可能 米大学の最新調査

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    あなたがブラウザを介してWebサイトを閲覧した場合、その履歴はサードパーティにより記録されている。広告主やコンテンツ提供者は、この閲覧履歴を利用して追跡型広告を配信したり、あなたの興味に関連した動画や記事を表示している。ユーザーのプライバシーを保護するため、閲覧履歴は匿名化されている。しかし、プリン ...

  • 最強のプライバシー保護ソフト「トーア」に関する基本的知識

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    ネットのプライバシーを守る上で最強のツールとされるのがトーア(TOR)だ。1月28日にはネット上のデータ保護向上を訴える、データ・プライバシー・デイのイベントが世界各地で開催されたばかりだが、この機会にトーアについて学んでみよう。トーアはネット上のプライバシーとセキュリティの向上を目的に作られたソフ ...

  • 健康管理データ、上司と共有できますか?

    Adi Gaskell , CONTRIBUTOR

    新年は一般に、多くの人が体を鍛えたり健康的な生活をしたいと考えるタイミングだ。その健康は、ますます“個人的な問題”から“雇用主が気にかける問題”になってきている。実際、健康に関する全米実業家団体(雇用主団体)と投資会社のフィデリティとが先ごろ実施した調 ...

  • SNS上のプライバシー公開、適切なのはどこまで? 過剰な情報提供は害にも

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    心理療法士である筆者には頻繁に、「離婚を同僚に伝えるべき?」「うつ病と診断されたら上司に話すべき?」といった質問が寄せられる。数十年前には、こうした個人的なことは通常、誰にも言わないものだった。だが、その当時と現在の世界は違う。幸いなことに私たちは、自分たちの人生を区切って考えることはできないことに ...

  • 「プライバシー放棄」でネットが激安に? 米コムキャストの新プランが物議

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    ブラウザの閲覧情報を提供する代わりにインターネットの接続料が安くなるサービスがあったら、あなたなら申し込むだろうか。これはISP事業も行なう米大手ケーブル会社コムキャストが導入を計画しているサービスだ。広告主に閲覧情報を提供すればインターネット接続料が安くなるということは、裏を返せば自らのプライバシ ...

  • NY市警が市民のモバイル通話を無断傍受 人権団体が抗議の声

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    スティングレイ(Stingrays)は最近、プライバシー保護活動家の間ですっかり有名になったデバイスだ。Harrisが製造するその機器は、数キロメートル範囲で行われた通話やテキストのやり取りをすべて傍受する。米国の警察権力はそれを利用して犯罪に関わると推定される情報を収集しているが、その対象は罪のな ...

  • フェイスブック 仏で直面するプライバシー保護規制

    Abigail Tracy , Forbes Staff

    フランスのデータ保護当局(CNIL)は2月8日、フェイスブックに対して個人情報の収集方法を3ヶ月以内に改定するよう通告した。当局は2015年3月より調査を進めてきた結果、フェイスブックの個人情報の取得方法はフランスのデータ保護法に違反しているとして、プレスリリースを公表した。CNILが指摘した違反行 ...

  • 成長する企業とオフィスの広さの関係とは

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    経営トップの多くが頭を悩ませるのは、いかに迅速に事業を成長させるかということだ。そして、その成長に応じてオフィスの引っ越しを検討することもあるかもしれない。だが、大切なリソースを投資するこの決断は、早すぎても遅すぎてもいけない、なかなか難しいものだ。引っ越しをせずに、最適の環境を作るにはどうすればよ ...

  • トイレの回数でクビ? すべて監視される時代が来た [Part2/2]

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    Part1はこちら人生も管理される時代?勤め先が義務付ける血液検査の結果、ある従業員がこう判断されたとしよう──彼のストレスレベルは最高値に達しており、3年以内に心臓発作など健康面における重大な問題を背負い込む可能性が非常に高い。純粋にデータに基づいた見方をすれば、企業にとっては財務の点から考えて、 ...

  • トイレの回数でクビ? すべて監視される時代が来た[Part1/2]

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    企業が従業員に血液検査を義務付け、従わなければ健康保険に加入させないという時代、保険会社がクレジットカードの利用情報を閲覧し、加入者の健康状態を探ろうとする時代、ドローンが住宅の所有者に対してほとんど何の責任も負うことなく、その家の裏庭や寝室の窓の外を飛びまわる時代に、何が起こり得るだろうか?技術革 ...