• 米証券取引委員会、ブロックチェーン企業の相談窓口FinHubを開設

    Michael del Castillo , Forbes Staff

    米国証券取引委員会(SEC)は10月18日、ブロックチェーン技術やAIを活用する企業向けの専用ポータルを開設した。フィンテック関連のハブとなることを目指す同サイトは「FinHub」と呼ばれている。FinHubでは、SECの様々なサービスへのアクセスが一本化され、企業はSECの担当者とコミュニケーショ ...

  • スタートアップ×世界トップ学生×日本企業3者が生み出すオープンイノベーション

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今年で5回目を迎えた「NexGen」。日本の参加企業は、「既成概念を壊す体験」を求め、シンガポール、マレーシアへ。発展するアジアの可能性、現地スタートアップとの協業の可能性を探りに出た。CASE 1 NexGen ネクスジェン3日間にわたるツアーには、シンガポールのスタートアップ集積地「One No ...

  • 次世代のクラウド企業Dfinity、「企業価値2000億円超」の理由

    Jeff Kauflin , Forbes Staff

    ブロックチェーン基盤のクラウドプラットフォームの構築を目指す「Dfinity(ディフィニティ)」が、新規で1億200万ドル(約114億円)の資金調達を実施した。今回の調達ラウンドはアンドリーセン・ホロウィッツと、仮想通貨ファンドのPolychain Capitalの主導で行なわれた。Dfinityが ...

  • 世界で勃興する「ブロックチェーン×ソーシャルグッド」の取り組み

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ブロックチェーンがフィンテックの話と思っているなら間違いだ。非中央集権的に、改ざん不可能なかたちであらゆる情報を管理・保存することのできるこの技術はいま、通貨を超えて「ソーシャルグッド」のために使われ始めている。ブロックチェーンのことを知ったときに途上国の子供たちを救えると思った、と言うのは、イーサ ...

  • 中国初の「ブロックチェーンSNS」を生んだ24歳の女性

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    北京に本拠を置くブロックチェーン企業、「Nome Lab」創業者であるXu Keの特技はポーカーだ。彼女は、2013年にカリフォルニア大学リバーサイド校に交換留学をしていたときにポーカーを覚えた。彼女はポーカーを通じて確率論やリスク評価を学んだ。Xuのポーカー仲間は型破りな人間が多く、中には仮想通貨 ...

  • ブロックチェーンで未来のCSRはどう変わっていく?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    発展途上国や、政情が不安定な地域では、国際機関や非政府組織(NGO)の活動も困難を極める。透明性やコスト削減を目的に、さまざまな機関がブロックチェーン技術の使い道を模索している。マレーシアを拠点とするスタートアップ「インサイトメント(Incitement)」は企業のCSR活動、NGOなどの非営利組織 ...

  • 「資金調達の冬」の中国でも、ブロックチェーン企業は活況

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国ではこの数年、記録的な規模の資金がテクノロジーセクターに流れ込み、スタートアップの評価額が高騰している。しかし、ここにきて資金の流入が滞り始めており、ベンチャーキャピタルや調査会社は「資金調達の冬」の到来を警告している。香港で開催されたフォーブスの「アンダー30サミット」で、受賞者や投資家らが今 ...

  • 「トークンエコノミー」が切り拓く未来に繁栄はあるのか?

    田中 宏和 , OFFICIAL COLUMNIST

    わたくしは、これまでに139人の同姓同名の田中宏和さんに会ってきた。1994年から始めたこの「田中宏和運動」では、全国の田中宏和さんたちが一堂に集う全国大会を行っている。昨年の第3回大会では、北は北海道から南は鹿児島まで、87名の田中宏和さんが東京に集まった。4年前には「一般社団法人田中宏和の会」と ...

  • 近い将来、仮想通貨が「世界」を食い尽くす

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    昨今の「仮想通貨バブル」によって、金融業界に変革の波が押し寄せている。だがこれはまだ端緒にすぎない。私たちの暮らしはどう変わる?ビットコインに代表される「分散型ネットワーク」は、世界中どこにいても相手との決済や送金が可能になるネットワークシステムだ。こうした新しい技術が、現在の欠陥だらけでお金のかか ...

  • 有望なICOをリスト化する、サンフランシスコ女性起業家の挑戦

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    サンフランシスコのブロックチェーン企業「Dirt Protocol」が300万ドルの資金調達を行なった。出資元は26に及び、有名ベンチャーキャピタルの「Greylock」や「General Catalyst」、さらに仮想通貨関連では「Digital Currency Group」らも出資した。Dir ...

  • 実は勘違いしている?ブロックチェーンと暗号通貨、6つの誤解

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ビットコインやその仕組みについては、残念ながら一部で誤った知識が伝えられている。恥をかかないためにも、デジタル時代の「お金の教養」をしっかり身につけておこう。ビットコインとブロックチェーンについては、いまだに誤解が少なくない。ビジネスであれ、投資であれ、この世界に足を突っ込むつもりなら、基本的なメカ ...

  • ブロックチェーンの得意なこと・不得意なこと

    山岡 浩巳 , CONTRIBUTOR

    AIの得意・不得意を考えることが、結局のところ、人間の特質を再考することになることは、前月の当欄でも書いたところである。今回は、ブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)の得意・不得意を考えながら「マネーの特質」について、あわせて考えてみたい。デジタル情報にとって「コピー」は宿命情報処理を効率化する ...

  • 製造業の「模倣品」問題にはブロックチェーンが有用 HP幹部の見方

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    さまざまな製品が模倣品の問題を抱えるなか、米ヒューレッド・パッカード(HP)のシェーン・ウォール最高技術責任者(CTO)は、製造業におけるこの問題はブロックチェーン技術の導入によって解決できる可能性があるとの考えだ。先ごろフォーブスのインタビューに応じたウォールは、同社が現在、初期段階にあるブロック ...

  • 「ブロックチェーン」がスマホのアプリになる、英企業予測

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    今から10年前、アップルはiPhoneを売るためには人々が端末を買いたくなるようなキラーアプリが必要ではないかと悩んでいた。そして今、ブロックチェーンを活用した「分散型アプリケーション(dapp)」の開発者たちは、同じジレンマに陥っている。現状ではブロックチェーンベースのブラウザやトークンの利用者は ...

  • 使うほどに得をする? 中国AIスピーカーのユニークなアイデア

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    人工知能とブロックチェーンを組み合わせたサービス構想が次々と発表されているなか、中国では、家庭用AIスピーカーというハードウェアまで組み合わせたサービスが提供開始されている。中国・チーターモバイルは先頃、「AI BlockChainプロジェクト」を通じて開発した家庭用スピーカー「小豹AI音箱」を販売 ...

  • ブロックチェーンが抱える5つの課題、データ消失の懸念も

    John Villasenor ,

    筆者はブロックチェーン技術の信奉者だ。中央集権型システムから分散型ネットワークへ移行し、高い信頼性を実現するというコンセプトは非常に説得力がある。ブロックチェーンは、ファイナンスやデジタル著作権管理、投票システム、サプライチェーンマネジメントなど幅広い分野に多くのメリットをもたらすだろう。その一方で ...

  • ブロックチェーン関連技術の研究、世界10大有力企業も推進

    Michael del Castillo , Forbes Staff

    たとえブロックチェーン(分散型台帳)技術の“信奉者”ではなくても、もはや大手企業のいずれも、この技術を無視することはできない。フォーブスが先ごろ発表した「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」のトップ10に入る各社も、この技術に関する研究と無縁ではいられな ...

  • ブロックチェーン事業で本当に必要なこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ゴールド(金現物)の所有権情報をブロックチェーンに記載することで、その流動性向上を試みる「ブリオン・トークン」。ローンチを眼前に控え、これを開発する英国法人「ブリオン・トークン・ジャパン」をグループ会社として設立したブリオンジャパンの平井政光CEOは今回、溝部拓郎氏と対談した。JPモルガン証券のテク ...

  • 偽のオーガニックを追放、米ブロックチェーン企業Bext360の使命

    Alex Knapp , Forbes Staff

    ブロックチェーン技術を用いたアグテック(農業テクノロジー)企業として注目を集めるのが米コロラド州本拠の「Bext360」だ。同社はブロックチェーンでコーヒー豆の流通に革新をもたらそうとしている。Bext360は先日、335万ドル(約3億6000万円)のシード資金を「SKS Ventures」や「Pl ...

  • 仮想通貨イーサリアム「24歳の天才」を支える日本人2名

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    仮想通貨、そしてパブリック型ブロックチェーン(分散型台帳)基盤として知られる「イーサリアム」。共同創設者ヴィタリック・ブテリンらが目指す、仮想通貨の枠を超えた「新しい富のかたち」とは─。「世界では年間2500万人もの人々が誘拐され、人身売買ビジネスの犠牲になっている」──宮口礼子がそう話はじめると、 ...

  • 「ティール組織 x ブロックチェーン」がつくり出す、新時代の組織構造とは?

    森川 夢佑斗 , OFFICIAL COLUMNIST

    2017年、さまざまなメディアで取り上げられ、多くの人の注目を集めた「仮想通貨」「ブロックチェーン」。この2つと同じくらい関心を集めたキーワードのひとつが「働き方改革」です。昨年、3月28日に策定された「働き方改革実行計画」にのっとり、昨年末には副業・兼業の推進に関するガイドラインが提案されました。 ...

  • 格差なき世界を目指す ブロックチェーンSNS「ALIS」の信念

    木村 忠昭 , Official Columnist

    世界を変えるイノベーションは、いくつかの偶然と必然が重なり生まれる。何が成功し、何が失敗するなどは誰にも分からないが、成否を分けることがあるとしたら、情熱を持ってやり続けるに尽きるかもしれない。今回は、同じ企業に勤めながら志を同じくした3人のファウンダーによるブロックチェーン技術を使った事業と、彼ら ...

  • ブロックチェーンはゴミ問題を解決するか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    もしあなたが岩の下に隠れていたり、遠い沖にいたりしない限り、プラスチックごみから逃れることはできないだろう。マイクロファイバーやペットボトルといったプラスチックごみのニュースは、私たちが“余分な包装”によって地球にダメージを与えているということを気づかせてくれる。私たちはいま ...

  • 本田圭佑が投資する、スマートコントラクトの「次」をつくる会社とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    仮想通貨が投機対象となりつつあるいま、ブロックチェーン業界はこの革新的テクノロジーの「通貨以外」の可能性を模索している。そうした中、それを可能にするブロックチェーンのひとつが、2013年にヴィタリック・ブテリンが考案した「Ethereum(イーサリアム)」だ。イーサリアムにあらかじめ記載された契約を ...

  • 仮想通貨とブロックチェーンにリヒテンシュタインが魅力的な理由

    Oliver Smith , Forbes Staff

    確かに面積で言えば、ニューヨークのブルックリンより小さい国かもしれない。だが、その欧州の小国リヒテンシュタイン公国は、かなり大きなことに取り組んでいる。スイス・アルプスとオーストリアに挟まれたリヒテンシュタインは、人口およそ4万人、病院は1か所だけという小国中の小国だ。ただ、従来からの税率の低さを理 ...

  • ブロックチェーンで「金」をデジタル化する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金取引のECトレンドをリードするブリオンジャパン。平井政光CEOがブロックチェーン技術を用いて開発した決済システム「Bullion Pay(ブリオンペイ)」とは。(前編はこちら)所有権の改ざんを防ぐには金現物の所有権を瞬時に、“安全”に変更し、従来の取引形態では成し得なかった ...

  • 飛騨高山さるぼぼコイン 「人情派フィンテック」成功までの90日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ブロックチェーンを使った次世代の地域通貨を構想しているところは多い。だが、一躍注目を集めたのは簡易なシステムの飛騨高山だった。早期の実用化を可能にしたのは、まちの信用組合ならではの「アナログなネットワーク」に秘密があった。「飛騨高山は人間関係が濃密です。休みの日にジャージで出かけたら、翌日には『昨日 ...

  • ブロックチェーンが切り拓く、資本主義のその先

    森川 夢佑斗 , OFFICIAL COLUMNIST

    ブロックチェーンによる「分散化」はどんな変化を起こすのか?2017年の中頃から、「個人のエンパワーメント」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。話者によって指している意味が異なるかもしれませんが、基本的には「個人がより多くの選択肢を選び取れるようになる」という文脈で、この言葉が使われているよう ...

  • ファーウェイがブロックチェーン基盤の「保険サービス」開発へ

    Bay McLaughlin , Contributor

    中国のファーウェイはスマートフォンに限らず、あらゆる領域でイノベーションの最先端に立とうとしている。海外でファーウェイはハードウエアメーカーとして有名だが、中国で最大規模のクラウドサービスも運営している。そのファーウェイが先日、ブロックチェーンを活用した保険サービスの開発に乗り出すことを発表した。こ ...

  • 大手銀行が「仮想通貨を容認する」と見る理由

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    大手銀行は仮装通貨リップルとビットコインをつぶしたがっている──著名な銀行家たちがビットコインの前提となるものや価格などについて厳しく批判してきたことから、そうした印象を持っている人もいるはずだ。銀行関係者が仮想通貨を攻撃するには、正当な理由がある。仮想通貨はいずれも(特にリップルは)、銀行にとって ...