• 機械式時計の天敵に対抗する「耐磁性」という機能

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    機械式時計がほぼ完成したのが19世紀。そして、腕時計の時代となり大きな発展を遂げたのが20世紀初頭のことだ。つまり、いま私たちが着けている機械式腕時計のベースは、約100年前には、おおよそ完成していたということになる。しかし、100年前と現在とでは、環境に大きな違いがある。特にここ20年のテクノロジ ...

  • ブレゲの特別なトゥールビヨン|300万円以上でも買いたい腕時計

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    「ブレゲ」の名は、時計界において特別な響きを持っている。現代の腕時計に使われている多くの技術が、ひとりの天才時計師アブライアン=ルイ・ブレゲによって開発されたものだからだ。それは、自動巻機構、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー、トゥールビヨン、ヒゲゼンマイ、耐震機構、ツインバレルなどなど、 ...

  • 大人の男なら知っておきたい、正しいフォーマルウォッチの条件

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    今世紀初頭からの時計ブームによって、わが国の男たちも様々なタイプの腕時計を身につけるようになった。ただその分、いい時計をしているんだけど“なんか変”な、バランスが悪い人が目立つようになったのも確かである。やはり腕時計も服装に合わせて、さらにいえばTPOにあわせて使い分けること ...

  • 冷静な状況判断で、時計界トップのブランドを牽引するCEO

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    冷静な状況判断で、トップブランドを牽引する「時計の進化を2世紀早めた」といわれる天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲ。その名を冠したブランド「ブレゲ」の名は、時計界にとって特別な響きを宿している。過去における群を抜いた実績、そして現代に至っても、その遺伝子を継承したモデルたちを擁し、業界のトップに君臨 ...

  • シンプルに構成されたワールドタイムモデル 「ブレゲ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    時針と分針のみで、サブダイヤルは一切ないが、このモデルは24のタイムゾーンが用意されたワールドタイムモデルだ。ワールドタイムの時刻は、該当する都市名が6時位置の窓に表示され、これを8時位置のリュウズ&プッシュボタンで操作する。また、3時位置のリュウズで時刻を操作すると、3時と4時の間に設置されたデイ ...

  • [時の哲学]vol.5 Breguet

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    無駄のない洗練されたデザインは、残すべき“本質”を知らずして成り立たないもの。1775年創業のブレゲがいまなお守る「クラシック」シリーズには、時計の本質が息づいている。BreguetCLASSIQUE 5177手彫りのギヨシェ模様。8.8mmという薄いケースで紳士の腕にそっと ...