• アリババ追撃の美団点評が狙う、3.5億人の食のプラットフォーム化

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    中国のテック業界大手の「美団点評(Meituan-Dianping)」はフードデリバリー事業から多角化を進め、アプリ一つでレストランや旅行の予約、映画チケットの購入まで行える、総合ライフスタイルサービスに成長した。当初はグルーポンの模倣から始まった美団点評は、今ではアリババのフードデリバリー「Ele ...

  • 時価総額6兆円狙う「中国・美団点評」が抱える不安材料

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国最大のフードデリバリーサービス「美団点評(Meituan-Dianping)」のIPO規模は42億ドル(約4700億円)になる見通しだ。9月20日、香港市場に上場を果たす同社は、収益面で大きな課題を抱えている。関係筋の情報によると、北京本拠の美団点評はクラスB新株の仮条件レンジを60〜72香港ド ...

  • アリババが食品宅配「夏の陣」宣言 500億円を3カ月で燃焼

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国のアリババはフードデリバリー分野での夏の戦いに備え、7〜9月期に4億5000万ドル(約490億円)の予算を用意したと発表した。アリババは今年4月に95億ドルでフードデリバリーの「ウーラマ(餓了麼、Ele.me)」を買収し、競合のテンセント傘下の「美団点評」と市場の覇権を争っている。ウーラマCEO ...

  • ソフトバンクが560億円注ぐ米食事宅配「DoorDash」の拡大戦略

    Biz Carson , Forbes Staff

    3月1日、ソフトバンクが主導する資金調達ラウンドで、5億3500万ドル(約560億円)を調達し注目を浴びたのが、米国のフードデリバリー企業の「DoorDash(ドアダッシュ)」だ。関係筋によるとDoorDashの企業価値は14億ドル(約1470億円)と算定され、シリコンバレーの新たなユニコーンの仲間 ...

  • 「食のアマゾン」狙うフードデリバリー企業、流通額10億ドル突破へ

    Brian Solomon , Forbes Staff

    オンデマンド型配達サービス大手のポストメイツ(Postmates)は、5年前の創業から2年をかけて累計配達件数100万件を突破した。その後、事業は急成長を続け、現在は月間200万件の配達を行っている。ポストメイツの共同創業者兼CEO、Bastian Lehmannはフォーブスの取材に「2017年のラ ...

  • 米国で加熱の「フード宅配」戦線 上位9社のシェア率を公開

    Brian Solomon , Forbes Staff

    米国でフードデリバリー業界が盛り上がりを見せている。数多くのサービスが立ち上がる中、シリコンバレーの投資家らは市場を独占できるプラットフォームを求めて何億ドルもの投資を行っている。最近ではドアダッシュ(DoorDash)が1億2,700万ドル(約138億円)を調達して話題になった。データ分析会社10 ...