• ウォルマートの印フリップカート買収は「皮肉か賢明な戦略か」

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米小売業最大手のウォルマートは(法人減税で得た)“棚ぼた利益”により、国内でより多くの雇用を生み出すはずだった。だが、同社はその代わりに、外国での雇用創出につながる巨額の投資を行うことにした──。ウォルマートは先ごろ、インドのネット通販最大手フリップカートの株式77%を約16 ...