• ドルが流通する新興国、カンボジアに訪れるフィンテックの波

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    「配車アプリ」が続々登場しているカンボジアだが、現地の人々に重宝されているITテクノロジーは他にもある。電子マネーなど「フィンテック」はその代表格だ。カンボジアでよく使われている電子マネーには、「Wing」と「Pi Pay」がある。それらの使い方は、日本の「Suica」を想像してもらえると理解しやす ...

  • ゴールドマンらが160億円注ぐ電子決済企業「Circle」の革新性

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    メールやテキストは、プロバイダや携帯キャリアが異なっても送ることができるのに、ペイパルからVenmoやアリペイに送金できないのは時代遅れだ──。ボストンに本拠を置くブロックチェーン企業「Circle」はこの状況を変えようとしている。同社は10月5日、P2Pの即時国際送金サービスを発表した。Circl ...

  • 野村グループ若手社員に聞く 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」 Vol.1 フィンテック

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金融の最新トレンドを野村グループの現役社員に聞く、シリーズ 「分かったつもりにさせない、金融トレンド解説」。初回で取り上げるのは、いまさら聞けないバズワード「フィンテック」。野村ホールディングス金融イノベーション推進支援室・課長代理の池田寛人さんに「フィンテックの現在地とこれから」を伺いました。── ...

  • 異例の続投、森長官に聞く「私は金融庁をこう変える」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    金融庁の森信親長官は、金融機関に対し、透明性の高い統治体制や融資先の成長性を優先する姿勢を求めるなど、しがらみにとらわれない政策を次々と打ち出してきた。今なお残る課題は何か。これから踏み込む施策は。弊誌編集長、高野 真が就任3年目に向けた思いを聞いた。高野 真(以下、高野):金融庁長官として異例の3 ...

  • 自動車ローンに特化のフィンテックAutoFi フォードらから10億円調達

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    サンフランシスコ本拠のフィンテック企業「AutoFi」が1000万ドル(約10.8億円)を調達した。8月24日、AutoFiはCrosslink Capitalやフォード・モーター・クレジット、Lerer Hippeau VenturesからシリーズA資金調達を実施したと発表した。AutoFiは自動 ...

  • 爆進する中国フィンテック 米NYで上場の企業も続々誕生

    Rebecca Feng , CONTRIBUTOR

    急拡大を続ける中国のEコマースを支えるのが、現地のフィンテック企業らだ。2016年11月の「独身の日」にアリババ運営のEコマースサイトは約1.7兆円の売り上げを生んだが、買い物客の多くが利用したのがアリババのクレジット払いサービス「ホア・ベイ(花唄)」だった。中国では銀行は個人向けの融資を行わず、ク ...

  • 「米国はフィンテックで中国に完敗」 元駐中国アメリカ大使が発言

    Russell Flannery , Forbes Staff

    オバマ前政権下で駐中国アメリカ大使を務めたマックス・ボーカス(Max Baucus)は7月15日、中国の人々の前向きさを賞賛し、中国はモバイル決済の普及度において米国を打ち負かしたと述べた。ボーカスはまた、現在の米中関係が比較的良好であると述べ、中国進出を狙う米国企業へのアドバイスや、中国の企業がい ...

  • フィンテックでも「ユニコーン続出」の中国 欧州に圧勝か

    Madhvi Mavadiya , CONTRIBUTOR

    2017年はフィンテック市場が回復する年とされている。投資銀行「G.P. Bullhound」のオルタナティブ・ファイナンスに関するレポートによると、2016年は特に英米で不安要素が多かったにもかかわらず金融テクノロジーは好調で、その波は今年も世界的に続くようだ。中国のフィンテックセクターは、アリバ ...

  • 日本の47銀行とコンソーシアム、リップルの狙い

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    “インターネット”と同様に社会的に大きなインパクトを与える新技術・ブロックチェーン。その旗手たちが描く「革命後の世界」の姿とは。「国際間のお金の動きを、迅速に確実かつ低コストにしていきたい。この実現によって、インターネット黎明期のようなビジネスモデルのカンブリア爆発が起こるで ...

  • フィンテックに「売上40%」を奪われる 英金融業界に危機感

    Madhvi Mavadiya , CONTRIBUTOR

    EUからの離脱は、イギリスの銀行や金融サービスにどの程度の打撃をもたらすのだろうか。さらに、フィンテックのスタートアップ企業にどの位、売上を奪われることになるのだろうか。PwCは「Redrawing the lines」と題したリポートを発表した。それによると、金融サービス業界の61%のリーダーらが ...

  • 韓国モバイル送金「Toss」が55億円を調達 評価額は290億円以上

    Ryan Mac , Forbes Staff

    米ペイパル傘下の個人間送金サービス「Venmo」は、米国で若者を中心に人気を博し、2016年の取引額は180億ドルに達した。米国外でも同様の成功を狙うペイパルは、このほど韓国版Venmoとも言える「Toss」の運営会社に対する出資を実施した。Tossを運営する韓国のスタートアップViva Repub ...

  • 韓国の注目スタートアップ5社 フィンテックや旅行関係企業も

    Elaine Ramirez , CONTRIBUTOR

    2016年は韓国のスタートアップ企業にとって厳しい年になりそうだった。しかし、化粧品関連のMemeboxや食品デリバリーWoowa Brothersなどの企業は新規で出資を獲得し、存在感を見せつけた。この記事では急成長中の韓国のスタートアップを紹介する。1. Viva Republica(フィンテッ ...

  • 米ナスダック幹部が語る「ブロックチェーン」の3つの利点

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    ナスダックでブロックチェーン戦略担当のバイスプレジデントを務めるFredrik Vossは、ブロックチェーンに最も精通した大手企業幹部の一人だ。ベイン・アンド・カンパニーが最近公表したレポートによると、金融機関の80%はビットコインが金融業界に革命をもたらすと考え、2020年までにビットコインを導入 ...

  • 中国アント、韓国カカオと提携「モバイル決済連合」誕生へ

    Elaine Ramirez , CONTRIBUTOR

    中国アリババ傘下の決済企業、アント・フィナンシャルが韓国のIT企業カカオに2億ドル(約227億円)を出資する。メッセージアプリ「カカオトーク」を運営するカカオはこの資金で同社のフィンテック部門を強化し、アリババが運営する「アリペイ」と「カカオペイ」間の相互決済が可能になる。この動きは中国と韓国の間に ...

  • この世界からお金のストレスを消す! 「マネーフォワード」辻 庸介

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    個人向け家計簿アプリの利用者は400万人を超え、事業会社や地銀との連携も進む。フィンテックの雄、辻庸介の理想とは。マネーフォワードはフィンテックの旗手として知られるが、フィンテックという一言ではこの会社の本質を語りきれないだろう。辻庸介と話していると、こんな話になったからだ。「子供を産まない」「結婚 ...

  • フォーブス「フィンテック50」 国際送金・業務サービス8社リスト

    Janet Novack , FORBES STAFF

    フォーブスは昨年11月、今回が2回目となる「フィンテック50」を発表した。このリストは米国でフィンテック関連事業を行なう企業のうち代表的な50社を選出するもの。既に「個人金融サービス業界を破壊する13社」と「資産管理・投資運用系18社」、さらに「与信・ファイナンス系10社」を紹介済みだが、ここでは国 ...

  • フォーブス「フィンテック50」 与信・ファイナンス系10社リスト

    Janet Novack , FORBES STAFF

    フォーブスは昨年11月、今回が2回目となる「フィンテック50」を発表した。このリストは米国でフィンテック関連事業を行なう企業のうち代表的な50社を選出するもの。既に「個人金融サービス業界を破壊する13社」と「資産管理・投資運用系18社」を紹介済みだが、ここで金融機関への与信情報の提供や請求書の現金化 ...

  • フォーブス「フィンテック50」 資産管理・投資運用系18社リスト

    Janet Novack , FORBES STAFF

    フォーブスは昨年11月、今回が2回目となる「フィンテック50」を発表した。このリストは米国でフィンテック関連事業を行なう企業のうち代表的な50社を選出するもの。既に「個人金融サービス業界を破壊する13社」を紹介済みだが、ここでは富裕層向けの資産管理や株式運用、投資管理を行なう18社を紹介する。Add ...

  • スマホを銀行に変えるフィンテック企業「Juvo」 1億人の貧困層を救う

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    連続起業家のスティーブ・ポルスキー(53)がサンフランシスコで設立した「Juvo」は、銀行口座を持たない貧困層にマイクロファイナンスを提供するフィンテック企業だ。Juvoは先月、英国の大手通信キャリアのCable & Wireless Communicationsと提携し、カリブ海地域の貧困 ...

  • 中国ITトレンド2大潮流 フィンテックも「政府主導」で進む

    Jordyn Dahl , CONTRIBUTOR

    Eコマースのアリババや傘下の決済アプリのアリペイ、配車アプリ「滴滴出行」(ディディチューシン)によるウーバーの中国事業の買収など、中国のテック業界の動向が世界の注目を集めている。欧米企業は今やWeChatのようなモバイルアプリの成功から、何かを学びとろうとしている。ここでは2017年の中国のテック業 ...

  • 激変するフィンテック「3大テクノロジー」とロンドンの躍進

    Nikolai Kuznetsov , CONTRIBUTOR

    フィンテックへの投資はこの6年間で急拡大し、2010年に18億ドルだった年間投資額は、アクセンチュアのデータによると2016年第1四半期だけで52億ドル(約6,000億円)に達した。その対象はスタートアップ企業へのシード投資から大手銀行のM&AやR&Dまで様々だ。フィンテックは、これ ...

  • 成長スピードはS&P企業の9倍 「サブスクリプション・エコノミー」の衝撃

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    雑誌などの定期購読の仕組みから広がったサブスクリプション(定額課金)型のビジネスの成長が著しい。サブスクリプション・ビジネス向けプラットフォームを提供する「Zuora」は先日、拡大する「サブスクリプション・エコノミー」の動向を表す新たな指数を導入したと発表した。「サブスクリプション・エコノミー・イン ...

  • 日本のフィンテック投資額「対米比0.5%」が暗示するもの

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    日本のフィンテック投資額の対アメリカ比はわずか0.5%ー。「ガラパゴス化」しないためにも、日本企業の世界展開に期待したい。「フィンテック」が日本の金融業界に革命をもたらそうとしている。フィンテックの定義は、ここでは「金融サービス(FINance)にテクノロジー(TECHnology)の力を利用するこ ...

  • フィンテックの旗手「トランスファーワイズ」が目指す先

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    エストニア発の海外送金サービスが今年9月、日本でのサービスを開始した。英本国では、すでに海外送金総額の8%のシェアを握る。フィンテックの旗手は何を目指すのか─。トランスファーワイズは、P2P(ピア・ツー・ピア)のプラットフォームを利用した海外送金サービスだ。例えば英国から日本に100万円を送りたい人 ...

  • 自動車保険業界を破壊するフィンテック企業「メトロマイル」の躍進

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    フィラデルフィア在住のスーザン・ギボンズは、30年間に渡り大手保険会社「ステートファーム」の自動車保険に加入していた。彼女は何度か担当者に電話をし、保険料を下げる交渉を試みたが、毎回きっぱりと断られた。割高な保険料を払い続けることに苛立ちを覚えた彼女は昨年、グーグル検索で「メトロマイル(Metrom ...

  • フォーブス「フィンテック50」 個人金融サービス業界を破壊する13社

    Janet Novack , FORBES STAFF

    津波のように押し寄せるテクノロジーが、1.7兆ドル規模の米国の金融サービス業界を根本から変え、貯蓄や投資、融資や決済といった分野に激変を起こしている。アクセンチュアのデータによると今年は9月までの期間で、世界のフィンテック系スタートアップ企業は総額189億ドル(約2兆円)の資金調達を行なった。その金 ...

  • アリババ、タイのデジタル決済 Ascendと提携 2兆円市場を視野に

    Yue Wang , FORBES STAFF

    アリババの金融部門アント・フィナンシャルは11月1日、タイのデジタル決済企業Ascend Moneyと戦略的パートナーシップを結び、東南アジアの数十億ドル規模のオンライン、モバイル決済マーケットに進出すると発表した。Ascendへの出資額は非公開だが、アント・フィナンシャルは同社の決済事業と金融サー ...

  • 米ゴールドマンの「マーカス」始動、オンライン融資ではフィンテック企業より優位に?

    Antoine Gara , Forbes Staff

    米ゴールドマン・サックス・グループは10月13日、オンライン融資プラットフォーム「マーカス」によるサービスを開始、消費者向け融資業務に乗り出した。投資銀行ゴールドマン・サックスの創業者の一人、マーカス・ゴールドマンからその名を得た新事業は、信用格付けが高いプライム層をターゲットに、最大3万ドル(約3 ...

  • ラトビアが急成長を続ける理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北海道の7割程度の国土に、名古屋市ほどの人々が暮らすラトビア。この小さな国がここ10年で急成長を遂げてきた理由とはー。フランス・パリの観光名所、ルーブル美術館や、オランダのアムステルダム国立美術館、そしてスペインのプラド美術館ー。世界を代表する美術館で、「ガラスが消えた」と囁かれている。ここで使われ ...

  • ラトビア発「仮想通貨」が越える国境、つなぐ消費

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北欧を中心に急速にユーザー数を増やしている仮想通貨「PINS(ピンズ)」。今秋、ついに日本に上陸。PINSが描く、アジア戦略をガビ・クールCEOに聞いた。トルコ共和国で、首都イスタンブールとイズミルを結ぶ高速道路の建設が進んでいる。ここで今秋、ユニークな実験が始まる。ポイントプログラムと保険サービス ...