• フィリピンが1.5兆円で建設目指す「グリーン都市」の全貌

    Trevor Nace , CONTRIBUTOR

    濃いスモッグに包まれるフィリピンの首都マニラは「世界最悪の交通渋滞都市」と呼ばれている。その対策として政府は、マニラ近郊にマンハッタンより大きい無公害都市を作り、問題を緩和しようとしている。「ニュークラーク(New Clark)」と命名された新都市では自動運転車やドローンが稼働し、広大な緑地や省エネ ...

  • 地方の人材危機解決へ ローカルとグローバルが連携する新ソーシャルビジネス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本各地で深刻化が続く人材危機。それを一度に解決してしまう大胆な取り組みが、過疎化が進行する地方都市、青森県八戸市から生まれようとしている。将来、日本各地の老人ホームや訪問介護の現場で日本人とフィリピン人が共に働き、IT企業ではフィリピン人の若手エンジニアが活躍する──。日本の少子高齢化による労働人 ...

  • 麻薬対策に強権発動のフィリピン、腐敗度がさらに進行

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は麻薬撲滅に向けて“暗殺部隊”を組織し、対策に力を入れる中で自国の民主的なプロセスを葬ってきた。一方でそのドゥテルテは、汚職をまん延させ、存続させるシステムをいまだ葬り去ることができずにいる。同大統領の政権下で、フィリピンでは腐敗がさらに ...

  • ドゥテルテ大統領の支持率が急落、それでも株価が上がる理由

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領に対する「市場の評価」は上がっている。つまり、同国ではここ3か月ほど、株価の上昇が続いているのだ。だが、大統領の支持率はこのところ大幅に下落している。どうやらフィリピンの株式市場は、大統領が一部国民の信頼を失っても、それを意に介さないようだ。フィリピンのニュース ...

  • 「地元愛」を環境保護に活用 村単位で広める持続可能な漁業

    Marshall Brown , Contributor

    地球を持続可能な場所にするための取り組みは、一つ一つの村ごとに行わなければならない。自分の出身地を大事に思わない人はいないし、私たちは全員コミュニティーの持続を望んでいる。私はこれを、環境保護に取り組むNPO「セーブ・ザ・グレート・サウス・ベイ」の設立・運営を通じて学んだ。私たちは、今日世間を分断す ...

  • アジアのトランプ、ドゥテルテ訪日中止の舞台裏

    石井 順也 , Official Columnist

    6月5日と6日、国際交流会議「アジアの未来」が東京で開催された。「アジアの未来」は、例年、首脳をはじめアジアの名だたる要人が招待される日本有数の大型国際会議だが、今年の目玉は、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領の出席だった。ところが、会議当日、ドゥテルテ大統領の姿はなかった。フィリピン政府は、会 ...

  • ドゥテルテ大統領の暴言で振り返る2016年 「売春婦の息子」を連発

    Erin Hale , CONTRIBUTOR

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領の奔放な言動は、今年6月30日の就任から各国のニュースを騒がしてきた。前ダバオ市長の彼は選挙遊説で、麻薬取引と麻薬使用者を撲滅すると宣言し、超法規的措置も厭わない姿勢を見せた。その公約は人権団体を恐怖に陥れたが、数百万人のフィリピン人は彼を支持し、大統領に選出し ...

  • ドゥテルテ、麻薬の次はカジノ摘発 香港ギャンブル王に逮捕状 

    Muhammad Cohen , CONTRIBUTOR

    フィリピン政府は違法なオンラインカジノに関わったとして、1,300人以上の中国籍市民を逮捕した。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領は香港マカオのカジノ王として知られるジャック・ラムの逮捕命令を発動した。ラムはマニラ北西部で「フォンタナ・ホット スプリング・レジャーパークス(以下、フォンタナカジノ)」を運営し ...

  • ドゥテルテ大統領がまたもや暴言 英国記者を会見で罵倒

    Erin Hale , CONTRIBUTOR

    一時は暴言を封印したと伝えられたフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、またもや記者会見の席上で騒動を起こした。11月23日の会見でドゥテルテは英国「チャンネル4」のニュース記者、ジョナサン・ミラーを口汚く罵った。ドゥテルテはフィリピンで蔓延するドラッグの密売に対し、超法規的取り締まりを進め、これ ...

  • 次世代ビジネスの宝庫 「世界169の課題」を元国連職員に聞く

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今、世界でどのようなことが課題になっているのか。それを見ずして、新たなビジネスチャンスは生まれない。国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」は、世界が2030年までに解決すべき課題を169項目において提示してくれている。その中に次世代の事業モデルのヒントが隠されていな ...

  • フィリピンのネット環境が最悪な理由 FTTH普及率はわずか2%

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    フィリピンのホテルはWi-Fiありと宣伝していても昼間のみ、あるいはロビーでしか使用できないことがよくあり、旅行者をいらいらさせる。ネットにつながっても不安定で、数分待ってウェブサイトが開けるなら、まだましな方かもしれない。アジアの中でもフィリピンのネット環境の悪さは異常だが、何が原因なのか。ホテル ...

  • 成長続くフィリピンで、不動産投資が活況

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    堅調に経済成長を続けるフィリピンで、不動産市場が活況を見せている。そうしたなかで不動産デベロッパーは、海外の富裕層の獲得に乗り出している。「経済成長が続くフィリピンでの不動産投資は、資産運用の格好の手段だ」フィリピンの不動産デベロッパー、アヤラランド社(Ayala Land)のトニー・アキノ前社長は ...