• 家族で「財団」を持つ、アメリカ流セカンドライフが日本にも

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「社会貢献を少しはやっている。関心もないわけではない。でも、もっと自分らしい方法はないのか」そうした意識を持った人たちの間で、「ファミリー財団」をつくることへの関心が、今高まりつつある。かねてより欧米のちょっとした資産のある個人の間では、セミリタイアした後に、自分で財団を立ち上げて財団理事長となり、 ...