• 「結婚式はファストフード店で」、米各社が関連サービスに注力

    Geoff Williams , CONTRIBUTOR

    ずっと以前から、ファストフード店で結婚式を挙げる人はいる。だが、最近ではファストフード各社が積極的に、結婚披露宴の会場として店舗を利用してほしいと売り込んでいる。近々結婚する予定があるなら、そして、低予算で済ませたいと考えているなら、こうした店舗でのパーティーを検討してみてもいいかもしれない。タコベ ...

  • ファストフードの「包装紙」は食べなくても有害? 米研究報告

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    ファストフードについては、栄養面以外にも懸念すべきことがある。ハンバーガーの包装紙やフライドポテトの紙製の容器が、私たちの健康を害する可能性があるという。パッケージそのものを食べることはないのだから、問題はないだろうと考えるかもしれないが、実はそうでもないようだ。米学術誌「エンバイロメンタル・サイエ ...

  • 米外食のヤム・ブランズ、ピザハットが苦戦 ハイテク化するドミノ・ピザに出遅れ

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    ピザハットやケンタッキー・フライド・チキン(KFC)、タコベルなどを運営する米ファストフード大手のヤム・ブランズは2月9日、2016年第4四半期(10~12月期)の決算を発表した。ヤム・ブランズ全体としては増収となったが、ピザハットの業績は不振が続いている。同期のピザハットの既存店売上高は、前年同期 ...

  • 米国で「セルフビアサーバー」が増加 バーテンダーはいらなくなる?

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    6月末、フード&レストラン情報サイト「グラブストリート(Grub Street)」に、バーテンダーの疲労に関する記事が掲載されていた。バーテンダーたちはストレスと肉体疲労で消耗しきっており、その疲れを癒すためにピラティスがいいという内容だった。その中で私の目を引いたのは、次の文章だ。「意欲的なバーが ...

  • 中国で苦戦のKFC 現地資本に株式売却へ

    Yue Wang , FORBES STAFF

    ケンタッキー・フライドチキン(KFC)で知られる米ヤム・ブランズは、中国事業に関し、外部からの資金調達に動いている。昨年10月にヤムは中国事業を独立企業体として分離し、香港で上場させる計画を公表していた。関係者によると、同社株の売却にはプライベートエクイティ投資会社の春華資本集団と厚朴投資管理が関心 ...

  • 強気の米クリスピー・クリーム、原油価格で打撃も事業拡大を継続へ

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    ノースカロライナ州に1937年、小規模の店舗をオープンさせたクリスピー・クリーム・ドーナツは、上場を果たした翌年の2001年以降、積極的に国際事業を拡大してきた。現在営業している約1,100店舗のうち約75%は、米国以外にある。その同社が直面しているのが、世界的に影響が広がる原油価格の大幅な下落だ。 ...

  • 米シェイク・シャック、業績好調も成長減速を予想

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米高級ハンバーガーチェーンのシェイク・シャックは3月7日、好調な2015年第4四半期の業績を発表した。売上高も利益も、アナリスト予想を上回る結果だった。しかし、それでも投資家らを満足させるのに十分な結果ではなかったようだ。同社株は同日、時間外取引で7%下落した。ニューヨークを拠点にダニー・マイヤーが ...

  • 米バーガーキングがホットドッグを発売 マックとの差別化を狙う

    Katie Sola , FORBES STAFF

    バーガーキングは2月23日、米国市場に新メニュー「グリルド・ドッグ」を投入する。これにより、ファストフード市場に新たなジャンルを生み出したい考えだ。同社の広報担当者がフォーブスに対して明らかにしたところによると、国内の大半の店舗で、ホットドッグをレギュラーメニューとして販売する。ソーセージは100% ...

  • マクドナルドの時給が1780円!? 米小売業界10大ニュース2015 [Part1/2]

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    2015年7月、ニューヨーク州知事の諮問委員会が、州内の大規模ファストフード・チェーン店で働く20万人ほどの従業員を対象に、最低時給を段階的に15ドルまで引き上げることを勧告することにした。これは、2012年のストライキが発火点となったデモ活動「fight for $15(時給15ドルを勝ち取る戦い ...

  • 
KFCやピザハットの米ヤム・ブランズ、中国市場で復調のきざし

    Emily Inverso , FORBES STAFF

    ケンタッキーフライドチキン(KFC)やピザハット、タコベルなどのチェーンを展開する米ヤム・ブランズは、中国事業での不振が続いていた。2014年に発覚した期限切れ食肉納入の問題や、脂っこい欧米流ファストフードの代名詞のように見られてのイメージ悪化を受けて、すでに総売上の約5割と米国を超える稼ぎ頭となっ ...