• アルコールについて覚えておきたい6つのこと

    Lipi Roy ,

    私たちは退社後のハッピーアワーにはビールを飲み、結婚式や記念日をシャンパンで祝い、ロマンチックなディナーではワインを楽しむ。大半の人たちは、責任ある態度を保ちながら、お酒を楽しんでいる。飲酒は私たちの文化の一部をなすものだ。だが、アルコールは薬物でもある。危険な飲み方は身体的、医学的、感情的、そして ...

  • 気候変動の影響で、ビール価格が3倍に?

    Andria Cheng , Contributor

    気候変動は、農作物の生産量が大幅に増えたり減ったりする原因だとされてきたが、酒好きの人にとって最悪のシナリオを招く可能性もある。世界で最も消費量の多いアルコール飲料であるビールがいつの日か、多くの人にとって手の届かない飲み物になるかもしれないことが、新しい研究で明らかになったのだ。科学誌『Natur ...

  • カナダがビール規制改定へ 大麻入り製品のチャンス拡大か

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    カナダ政府は先月、ビール製品の規制改定案を発表した。導入されれば、国内製造業者は製品のラベルに全原材料を記載することが求められるが、一方で現在より多くのハーブやスパイスを加えることも可能になる。また、ビール製品は残糖量と添加物に基づいて定義されることになる。カナダ政府によると、規制改定に伴う変更点は ...

  • 止まらないクラフトビール人気、米国で醸造所が急増

    Gary Stoller , CONTRIBUTOR

    アメリカがビールに熱狂している。米財務省の調べによると、米国内には9000以上の醸造所があり、半分以上の州には100以上の醸造所がある。また3月31日に発表された統計によれば、ここ数年でクラフトビールの人気が高まり、その現象が各地に広がっているという。「2013年以降、34の州で醸造所の数が倍増し、 ...

  • 火星でのビール製造に向け大手メーカーが実験、大麦をISSへ

    Tara Nurin , CONTRIBUTOR

    ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(AB InBev)は12月4日、地上から約400kmの上空を飛ぶ国際宇宙ステーション(ISS)にビール大麦の種を送る。すでに表明している「世界初の火星で造るビール」の実現に向けた実験を行うことが目的だ。「バドワイザー」などで知られるAB InBev ...

  • ビールと税金にまつわる15のトリビア

    Kelly Phillips Erb , Forbes Staff

    米国に「ビールの日(National Beer Day)」があるのはご存知だろうか? 4月7日に定められたこの日は、1933年、時の米国大統領フランクリン・ルーズベルトが長きに渡る禁酒法時代に終止符を打つカレン=ハリソン法に(3月22日に)署名し、米国でビールの製造・販売が解禁されたことに由来する。 ...

  • クラフトビール版のソムリエ「シサローン」、取得で狙えるキャリアアップ

    Katherine Gustafson , CONTRIBUTOR

    クラフトビールの人気は米国でも急速に高まり、醸造所の数は大幅に増加している。今年末時点で、およそ5,000件に達する見通しだ。クラフトビール業界で働くことは、おいしいものに関心がある多くの人たちにとって、明るい将来を見込める選択肢の一つになりつつある。ただ、「ビール業界で働く」とはどのような仕事をす ...

  • 米国で「セルフビアサーバー」が増加 バーテンダーはいらなくなる?

    Leslie Wu , CONTRIBUTOR

    6月末、フード&レストラン情報サイト「グラブストリート(Grub Street)」に、バーテンダーの疲労に関する記事が掲載されていた。バーテンダーたちはストレスと肉体疲労で消耗しきっており、その疲れを癒すためにピラティスがいいという内容だった。その中で私の目を引いたのは、次の文章だ。「意欲的なバーが ...