• 仮想通貨を規制する中国、何が起きているのか

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    仮想通貨ビットコインに関する話は、一年ほど前には多くの意味で、「中国に関する話」になっていた。ビットコイン取引の90%以上が、取引手数料がかからない中国で行われていたためだ。電気料金が安いことから、ビットコインのマイナー(採掘者)の大半は中国におり、世界最大のビットコインのマイニング会社、ビットメイ ...

  • ビットコインの米国での認知度は約8割、市場の成長に期待

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    専門家らの一部は、ビットコインはいずれ各国の通貨に代わる存在にもなると見ている。だが、中には「不正なもの」、または(かつてバブルの原因となった)「チューリップの球根」のように見る人たちもいる。そのビットコインについて、米国人は一般的にどのような見方をしているのだろうか。学生ローンを中心とする金融商品 ...

  • 北朝鮮への追加制裁、ビットコイン需要の押し上げ要因に

    Naeem Aslam , Contributor

    不確実性が高まる時、スマートマネーは常に、下振れリスクから身を守るための機会に高い関心を向ける。「リスクをヘッジする」という言葉はまさに、ここから生まれたものだ。投資家たちは、このところの強気相場が大きく反転することや、一時的な反発を待っている。だが、今のところこれらが起きる兆候はない。ただし、市場 ...

  • ビットコイン価格が年初来400%の上昇を記録した理由

    Charles Bovaird , CONTRIBUTOR

    仮想通貨の情報サイト「コインデスク(CoinDesk)」によると、仮想通貨の中でも最大規模のビットコインの時価総額は9月1日、コインデスクの「ビットコイン・プライス・インデックス(BPI)」で一時、4900ドル(約53万円)を超えた。年初来、およそ410%の上昇を記録したことになる。仮想通貨は投資家 ...

  • ビットコイン分裂から考える、「情報技術は万能ではない」という事実

    山岡 浩巳 , CONTRIBUTOR

    古代アテネの直接民主制には、何か「理想郷」のようなイメージがある。全ての市民がアクロポリスの丘に集まり、職業政治家には頼らず、皆が対等の立場で意思決定に参加し、全員がその責任を負う。これこそ究極の民主主義ではないか、と。だが、アテネのやり方を深く研究したローマも、結局、直接民主制をそのまま採用するこ ...

  • 仮想通貨への規制を各国が強化、長期的な見通しは

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    複数の国の「大きな政府」がビットコインをはじめとする仮想通貨の規制に乗り出し、これらに悪影響を及ぼし始めている。中国政府は9月4日、「経済と金融の秩序に深刻な混乱を生じさせた」として、新規仮想通貨公開(ICO、イニシャル・コイン・オファリング)による資金調達を禁止すると発表した。仮想通貨に対する規制 ...

  • 金がビットコインより「優れている」12の理由

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    世界は「ビットコイン」として知られる仮想通貨に熱狂している。だが、注意すべき点がある──保証された資産を持ちたい全ての人にとって、今でもより安全なのは、金だ。その理由は、次に挙げるとおりだ。1. 金の保有には、長期的に富を蓄える方法としての5000年近い歴史がある。2. 金にはすぐに売れる市場、流動 ...

  • ビットコインは「新たな金」と考える理由

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    不確実性に対するヘッジとなるのはかつて、金だった。政治的、経済的な混乱の中で投資家が資産を守るために持とうとするのは、金だったのだ。だが、現在その金に代わる存在は、ビットコインとなっている。ここ数か月のそれぞれの値動きが、それを証明している。北朝鮮が日本に向けて繰り返しミサイルを発射し、中国が南シナ ...

  • 中国でのビットコイン違法取引に「重罪」の可能性 現地企業指摘

    Leonhard Weese , CONTRIBUTOR

    ビットコイン関連で今最もホットなテーマの一つにあげられるのがICOだ。ICOは“Initial Coin Offering”の略称で、従来の株式市場のIPO(新規株式公開)に相当する。ICOは非常に大まかに言うと2つのプロセスを経て行われる。まずは、特異なアイデアを持つスター ...

  • ビットコイン業界初のユニコーン「Coinbase」が企業価値16億ドルに

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    ビットコインのスタートアップ企業「コインベース(Coinbase)」がシリーズDラウンドで1億ドルを調達した。コインベースの企業価値は16億ドル(約1750億円)と算定され、同社は暗号通貨分野で初のユニコーンとなった。今回の資金調達はIVP(Institutional Venture Partner ...

  • ビットコイン危機「本当の正念場」は11月にやって来る

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    ビットコインのコミュニティでは、約3年に及んだ内紛が収束しつつある。懸念されていた8月1日のビットコイン分裂はひとまず回避される模様だ。今年5月、ビットコインコミュニティの主要プレーヤーである取引所やウォレット、数百万人のユーザーを代表する企業らは、マイナー(採掘者)やネットワークの運営に関わる企業 ...

  • ブロックチェーンで「オフィスも社員も不要」になる?

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    ビットコインに使われる分散型台帳テクノロジー「ブロックチェーン」が、企業・組織の在り方を一変させる──。そう語るのは、『ブロックチェーン・レボリューション──ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか』の共著者で、カナダのトロントに住む若手起業 ...

  • 「ビットコインバブル」崩壊は近い? 警戒のサインが市場に

    Bryan Rich , CONTRIBUTOR

    ビットコインの価格はここ1ヶ月で2倍近く値上がりしている。筆者の見方ではこの背景には中国マネーの存在がある。政府の資金流出規制にも関わらず、海外に活路を見出す中国マネーはビットコインに魅力を感じているのだ。しかし、ビットコインを保有している人は今後の動向を注視すべきだ。前回、ビットコインの価格が乱高 ...

  • 「ビットコインとは対照的」 R3CEVが目指すブロックチェーンの未来

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    “インターネット”と同様に社会的に大きなインパクトを与える新技術・ブロックチェーン。その旗手たちが描く「革命後の世界」の姿とは。「ブロックチェーンは発展の初期段階です。その中で我々は、グローバルファイナンスにおける“参加者間の信用で構築された世界”を意 ...

  • ビットコインの「バブル」、見極めるための4つの基準

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    仮想通貨ビットコインについては、慎重になるべきもっともな理由がある。米国では連邦準備制度による後ろ盾がなく、ソフトウェアによって決定されるその価値に対する実質的な保証もない。連邦預金保険公社(FDIC)による預金保護の対象でないことは言うまでもない。だが、こうした警戒すべき点が数多くある一方で、ビッ ...

  • ビットコインに次ぐ仮想通貨「イーサ」生みの親が語る、ブロックチェーンの理想

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    “インターネット”と同様に社会的に大きなインパクトを与える新技術・ブロックチェーン。その旗手たちが描く「革命後の世界」の姿とは。イーサリアムの生みの親にして天才ハッカー、ヴィタリック・ブテリンが語る。「ブロックチェーンが実現する“分散している世界”は、 ...

  • 三菱UFJも出資のビットコイン取引所 「脱税疑惑」で米裁判所命令

    Kelly Phillips Erb , Forbes Staff

    米カリフォルニア州の連邦地方裁判所は、仮想通貨取引所大手のコインベース(Coinbase)社に対し、利用者情報の提出を求める裁判所命令を出した。この動きは米内国歳入庁(IRS)の申し立てを受けてのもの。サンフランシスコ本拠のコインベース社はビットコインやイーサリアム(Ethereum)等のデジタル通 ...

  • 「仮想通貨の時代」著者に聞く、もし日銀がデジタル通貨を発行したら

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    「お金」の支配者たちが集結するウォール街には世界の金融業者の最先端が集まる。そのウォール街が今、注目しているテーマを専門家がリポートする。ビットコインに使われる分散型台帳テクノロジー「ブロックチェーン」が脚光を浴びている。『仮想通貨の時代ービットコインやデジタルマネーは世界経済秩序にとって、いかなる ...

  • ウェブの違法薬物販売、過去3倍に急増 ビットコイン決済も普及

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    ギリシャ神話に登場するヒドラは、首を切ると新たに2本の首が生えてくる怪物だ。違法ドラッグを販売する闇サイトは、まさにヒドラのように1つを摘発しても別のサイトが続々と立ち上がり、禁止薬物のまん延に歯止めがかかっていないアメリカ連邦捜査局(FBI)は2013年に大手の闇サイト「シルクロード」を閉鎖に追い ...

  • MITメディアラボ 伊藤所長が明かす「お金」の未来予想図

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    あらゆるものをインターネットが変えたように、デジタル通貨、その基盤技術ブロックチェーンも社会の構造をがらりと変える可能性を秘めている。進化する“最先端の未来像”とはー。「ブロックチェーンには、インターネット並みのインパクト、そして多くの機会とイノベーションを解き放つポテンシャ ...

  • 世界初の「ビットコイン上場投資信託」 米SECで間もなく承認

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    映画「ソーシャルネットワーク」でマーク・ザッカーバーグの敵として描かれたウィンクルボス兄弟。その2人は今、世界初のビットコインETF(上場投資信託)の立ち上げに向けて動いている。兄弟は6月29日、証券取引委員会(SEC)に提出した申請書にいくつかの修正を加えた。当初、兄弟は「ウィンクルボス・ビットコ ...

  • ブロックチェーンの旗手 「Chain.com」が描く未来

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    次の技術革新といま最も注目を集める「ブロックチェーン」。米ナスダックと未公開株式の取引決済をはじめた「チェーン」が描く今後とは。2014年7月31日、金融界ではほぼ無名の存在だったChain.com(チェーン・ドットコム、以下チェーン)の創業者アダム・ルドウィン(33)、デボン・ガンドリー(34)、 ...

  • 身代金は「ビットコインで」 ハッカーの要求に屈した病院

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    世界中でランサムウェア(身代金要求型ウイルス)の被害が広がっている。被害に遭った企業らは重要なデータを人質にとられ、復元することと引き換えに多額の身代金を要求される。先週、ハリウッドにある病院がランサムウェアの被害に遭い、システム復旧のために1万7000ドル相当のビットコインをハッカーに支払ったこと ...

  • ビットコイン業界誌の雄「CoinDesk」の買収

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    急成長中のクリプトカレンシー(暗号通貨)関連業界でトップ企業の地位を着々と固めるDigital Currency Group(DCG)は2016年1月13日、この業界に特化したメディア企業で、最も注目されているカンファレンスを主催しているCoinDeskを買収したことを発表した。ビットコイン関連のス ...

  • 通貨の世界に大革命をもたらす「正当なる異端児」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    村口和孝(日本テクノロジーベンチャーパートナーズ)>> 朝山貴生(テックビューロ)私がこの起業家に投資した理由朝山貴生が創業したテックビューロは、暗号通貨サービスの開発・提供を行う企業。2014年6月に先端技術を開発するラボ企業として設立後、15年3月の1億円の資金調達と同時に、ビットコインとモナー ...