• 「要介護度」を減らせ! AIによる自立支援の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の介護保険制度によるケアプランの膨大なデータは、「宝の山」だった! スタンフォード大学の天才研究者と組み、AIを使って介護のパラダイムシフトを起こす。2015年5月、訪問介護サービス大手のセントケア・ホールディングで介護ロボット、AI、認知症ケアの3分野で新規事業開発を担当していた岡本茂雄は、シ ...

  • ビッグデータの利活用、日本企業は「匿名化」問題を超えられるか

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    今年5月30日に「改正個人情報保護法」が施行され、2017年は「ビッグデータ元年」になるとの期待が高まっている。改正法のポイントはいくつかあるが、まず「個人情報」の定義が明確になったことは大きな変化だろう。改正法では「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等に ...

  • 事件や事故を未然に防ぐ 「暮らしを変える」テクノロジー8選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    危険人物を特定し、事件を未然に防ぐ。生体情報の分析で交通事故をゼロに。ビッグデータの活用で、未来の暮らしがすぐそこまでやってきている。人とモノ、人と機械、企業と企業がつながるコネクテッド・インダストリーズ。「暮らし」を変える8つの最新事例を紹介する。1. ロボットが食器を選別|吉野家、ライフロボティ ...

  • ビッグデータ解析で躍進の「MapR」 IPOに向け最終準備へ 

    Alex Konrad , Forbes Staff

    米カリフォルニア州に本拠を置く「MapR Technologie(マップアール・テクノロジーズ)」は、ビッグデータを処理するフレームワークApache Hadoop関連のソフトウェアを開発する企業だ。同社のマット・ミルズCEO1990年代にオラクルで重役を務めた経歴を持つ。ミルズは2016年9月にマ ...

  • 「掃除ロボ」が個人情報を売る世界は大丈夫なのか?

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    スマートホームという概念が、極端に進化した世界を想像してみたことがあるだろうか。全ての家電製品がネットにつながり、個人のプライバシーを完全に把握した世界がやって来ることを──。ロイターの報道によるとロボット掃除機「ルンバ」の製造元のアイロボット(iRobot)は家のホコリだけでなく室内のデータを拾い ...

  • 爆進する中国フィンテック 米NYで上場の企業も続々誕生

    Rebecca Feng , CONTRIBUTOR

    急拡大を続ける中国のEコマースを支えるのが、現地のフィンテック企業らだ。2016年11月の「独身の日」にアリババ運営のEコマースサイトは約1.7兆円の売り上げを生んだが、買い物客の多くが利用したのがアリババのクレジット払いサービス「ホア・ベイ(花唄)」だった。中国では銀行は個人向けの融資を行わず、ク ...

  • これからは、「ビッグデータ」で主治医を探す時代?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    患者と、正確に病状を診察することができる専門医を引き合わせる─。米国の医療マッチングサービス「グランド・ラウンズ」では、全米の医師の96%に相当する70万人のデータベースと、保険請求データ、医師の実績をもとに、患者の病状を診断するのにふさわしい医師を紹介し、必要な場合にはセカンドオピニオンを相談でき ...

  • 雇用市場で爆発的に需要が伸びているITスキル トップ10

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    テクノロジーは日々進化を続けている。データサイエンティストやエンジニアの場合、利用するツールが目まぐるしく変わることはないが、それでも数年おきには変わるものだ。ビジネススクールのベントレー大学では、近年どのようなビジネススキルが必要とされているのかを調べるため、労働市場分析会社バーニング・グラスに調 ...

  • AI研究の権威、レイ・カーツワイルはグーグルで何を目指すのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界は指数関数的に進化する-。人工知能の世界的権威、レイ・カーツワイルがワークスアプリケーションズ主催の「COMPANY Forum 2016」基調講演で語ったこととは。AIは、この数年で大きく進化した。私は14歳の時から、脳がどのように機能し、それをもとに、どうしたらAIが機能するのかを考えてきた ...

  • 「日本一短命の町」に企業が続々と参入する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    すこーんと抜ける青い空、緑の苗が広がる田んぼ、大型店舗のイオンと新興住宅街も見える。一見、どこにでもありそうな地方都市、青森県弘前市郊外。この地にある弘前大学を拠点に、いま大手企業が続々と集まっていることはあまり知られていない。企業が関心を寄せたきっかけは、ただひとつ。青森県の不名誉な姿である。以下 ...

  • 超小型人工衛星で、衛星写真のコストを100分の1に!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アクセルスペースの超小型人工衛星は、衛星写真のコストを100分の1にする。宇宙のビッグデータ活用の時代が到来した。「宇宙はこれから、夢やロマンを持って見上げる存在ではなくなります」オフィスの一角で開発中の人工衛星を横目にそう話すのは、アクセルスペースCEOの中村友哉。2008年に創業し、「超小型人工 ...

  • ビッグデータに関する事実 データは企業利益を生んでいるのか

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    ますます多くの企業が、戦略的リソースとしてのデータの重要性を再認識している。世界各国の企業幹部の約6割が、データは自社の利益に貢献していると考えていることが分かった。英経済誌「エコノミスト」の調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが1月12日に発表した調査結果によると、調査対象とした世界 ...

  • 2016年に予想される顧客サービス・経験の傾向とは?

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    将来の顧客サービスと顧客経験とは、どのようなものだろうか?これらについて予測する前に、我々はその過去と現状を理解する必要がある。ただ、向こう1~2年については、過去1年間の動向を振り前ってみれば十分だ。大半のビジネスに関連する顧客サービス・顧客経験のトレンドとして、以下の16項目を指摘したい。1 消 ...

  • ビッグデータのビッグな噂

    Ely Razin , CONTRIBUTOR

    ビッグデータは変化し続ける金融市場に多大な影響を与えている。「ビッグデータ」とは、極めて膨大なデータセット。しかしそれは、処理可能なデータ量を意味するだけにはとどまらず、データ処理速度および処理可能なデータの種類をも意味する。難点は、全データを理解および視覚化しやすい形へと変形させ、確かな情報に基づ ...

  • ビッグデータから知るべき事を抽出

    Ilya Pozin , CONTRIBUTOR

    今の時代、欲しいものをすぐに手に入れるのは、とても簡単だ。携帯電話をさっと取り出して、アプリを使って、タクシーからピザまで注文できる。しかしながら、「欲しいもの」と「必要なもの」の間には、大きな違いがある。ローリングストーンズの歌で有名なように、「いつも欲しいものが手に入るわけではないけれど、時々頑 ...