• ヒラリーが「エッセイ集」出版へ NY市長選出馬の憶測も

    Dana Feldman , CONTRIBUTOR

    ヒラリー・クリントン(69)は今年の秋に著書を発表する見通しだ。個人的エッセイを収録した内容で、これまでの政治キャリアやファーストレディ時代の思い出を回想する内容になりそうだ。出版元はSimon & Schusterで、タイトルは現時点では未定。彼女が好む格言が多数収められ、昨年の米大統領選 ...

  • クリントン支援に奔走したセレブたちと、沈黙を貫いた世界一の歌姫

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    米大統領選でヒラリー・クリントン側についたビヨンセやレブロン・ジェームズをはじめとするセレブリティ軍団は、数とスターパワーの双方でドナルド・トランプ陣営に勝っていたものの、トランプの快進撃を阻むことはできなかった。リアリティー番組「アプレンティス」への出演で自らも華々しいセレブリティとなった不動産王 ...

  • トランプの勝因は「比喩力」、忘れられない言葉が人を動かす

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    米大統領選での勝利を受けて11月9日に勝利宣言したドナルド・トランプは、選挙戦の間に何度も繰り返していた「ヘドロをかき出す(Drain the Swamp)」という“マントラ”を使わなかった。トランプ勝利を助けるために、小さいながらも役割を果たしたのは、この「メタファー(隠喩 ...

  • トランプ勝利でもパニックになるな 株式専門家らのアドバイス

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    トランプか、ヒラリーか、米国大統領選挙の行方を世界は固唾を飲んで見守っている――。今後のアメリカの外交政策や移民にからむ問題、妊娠中絶に関する女性の権利など、選挙結果は様々な問題を左右する。なかでも人々の最大の関心事の一つが株式市場の行方だ。投資銀行ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのスコット・クレメン ...

  • 「トランプ追い上げ」は本当? 米大統領選、世論調査の正しい読み方

    Alex Knapp , Forbes Staff

    投票日を8日に控えた米大統領選では、毎日のように世論調査での支持率の増減が報じられ、そのたびに特定の候補が「勢いを得ている」といった話題が沸騰している。だが、私たちは世論調査結果を信頼していいのだろうか?米大統領選の世論調査は、どう理解し、利用するべきなのだろうか?専門家のサム・ワン博士に話を聞いた ...

  • 「ヒラリー大統領」でも残るガラスの天井、米議員の女性比は2割で世界96位

    Paolo Gaudiano and Ellen Hunt , CONTRIBUTOR

    2016年7月28日は、米国で初めて女性が大統領候補に正式指名された日として、同国の歴史に残るだろう。米国女性はもっとリーダーシップを発揮すべきだと考える人々にとって、これは極めて大きな成果だ。ヒラリー・クリントン自身の言葉を借りれば、「(女性の昇進を阻む)ガラスの天井に最も大きなひびを入れた」のだ ...

  • 「共和党員だがヒラリー支持」 HP社女性CEOがトランプに絶縁宣言 

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    ヒューレット・パッカードCEOで共和党員のメグ・ホイットマンは、ニューヨーク・タイムズの取材に対し、米大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントンに投票し、資金集めにも協力すると表明した。ホイットマンはソーシャルメディアで、大統領選の共和党候補者であるドナルド・トランプを「怒り、不満、外国人への嫌悪、 ...

  • 女子が目指すリーダー像になる? あり得ない「バービー大統領」発売

    Katie Sola , FORBES STAFF

    米国には今年11月、初の女性大統領が誕生するかもしれない。それに先駆けて同国ではこのほど、「バービー大統領」と「バービー副大統領」がお目見えした。玩具メーカー大手マテルはこれらの人形を通じて、より多くの少女たちがリーダーの役割を目指すようになることを期待している。そして同時に、低迷が続くバービー人形 ...

  • エリザベス女王はどのくらいお金持ち?[富豪のトリビア45 -Part1]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    富豪たちはいかにして巨万の富を手にし、何を考え、どう使うのか。大金持ちの生態を解き明かす「45のトリビア」を、12回に分けて紹介する。まずは世界が注目するエリザベス女王やクリントン家の話題から。Q エリザベス女王はどのくらいお金持ちなのか?今年90歳の誕生日を迎えたエリザベス2世の資産は、現在、5億 ...

  • 「ヒラリー大統領」を支援する富豪たち、ジョージ・ソロスからスピルバーグまで

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    米国メディア界の女王として知られるTV司会者、オプラ・ウィンフリーは6月15日、ヒラリー・クリントンを正式に支持することを発表した。「政治や思想を問わず、これは女性にとって重要なことです。ガラスの天井はもはや破られたのです」とウィンフリーは語った。クリントンは2015年4月に大統領選立候補を表明して ...

  • 「世界で最もパワフルな女性100人」発表、韓国・台湾のトップが上位入り

    Alix McNamara , CONTRIBUTOR

    フォーブスが選ぶ今年の「世界で最もパワフルな女性」ランキングが発表された。最も力がある女性に選ばれたのは、ドイツのアンゲラ・メルケル首相。6年連続でのトップとなった。2位は米国の次期大統領を目指すヒラリー・クリントン。次いでジャネット・イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が名を連ねた。世界のリ ...

  • トランプの打倒ヒラリー戦略が明らかに──成功しない4つの理由

    John McQuaid , CONTRIBUTOR

    米大統領選の共和党候補指名がほぼ確定したドナルド・トランプは、民主党の候補指名を目指すヒラリー・クリントンを打倒するための計画をすでに練り上げているようだ。この戦略は、ある意味で巧妙だといえる。トランプは、夫に裏切られた過去を持つクリントンは、女性たちに対して弱みがあるとみている。クリントンは199 ...

  • 「想定外」が連発の米大統領選の行方[グレン・S・フクシマの知彼知己]

    グレン・S フクシマ , CONTRIBUTOR

    2016年のアメリカ大統領選挙では、数多くの想定外の紆余曲折が起きており、政治は予測不可能であることを示している。主なサプライズは、以下の通り。まず大統領選挙では、共和党は予備選の段階で2〜3人の候補者に支持が集中し、最終の一般選挙では、ベテラン政治家が選ばれるのが通例であった。しかし今回、予備選の ...

  • 米大統領選の候補者、全員が「低評価」 調査結果

    Frederick E. Allen , FORBES STAFF

    米大統領選の民主・共和両党の候補指名争いで激しい戦いを続けている人たちは全員、国民の間ではあまり評判がよくないようだ──すでに、広く知られている事実かもしれないが。悪く評価する人が最も少ないバーニー・サンダース上院議員(民主)でさえ、100を最高点とする評価で58.2(普通)と、あまり振るわない結果 ...

  • 米大統領選の政治献金 ソロス氏がヒラリーに7億円

    Katie Sola , FORBES STAFF

    米大統領選の候補者らに多額の献金を行った11名の名前が明らかになった。11名はすべて男性で、一人の例外を除いて全員が、フォーブスが選んだ「米国で最も富裕な400名リスト(フォーブス400)」に名を連ねている。フォーブスは、このデータを非営利組織Open Secretsから入手した。個人献金額第1位は ...

  • オバマやヒラリーが繰り返す「銃規制に関する誤った主張」

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    政治家は自らが選択した物語を続けていくため、一面的な話の進め方をするものだ。しかし、オバマ大統領とヒラリー・クリントン氏の銃産業に対する嘘八百を放っておいてよいものだろうか。1月7日、オバマ大統領はニューヨークタイムズに寄稿し、次のように述べた。「銃メーカーらは事実上、法の適用を免れるということを議 ...