• 総額110万ドル、オバマ前大統領の「贈り物」内訳

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    第44代米大統領バラク・オバマは2009〜15年、100万ドル以上も寄付していたことがフォーブスUSの調べでわかった。そのうち半分以上は、子供を対象としたチャリティーに寄付している。最大の寄付先は米軍最高司令官らしく、退役軍人の家族を支援するフィッシャーハウス財団。その額は39万2000ドルに上る。 ...

  • オバマ大統領「退任演説」、称賛すべき5つの理由とは

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    言葉は私たちを動かす力を持ち、鼓舞する力を持ち、団結させる力を持つ──バラク・オバマ米大統領は1月10日、地元シカゴで任期中最後の演説を行った。重要な事柄に関する重大な、そして思慮に富んだその演説から、私たちは次の5つの点に関する重要性を学ぶことができる。1. 笑顔を見せるオバマ大統領は穏やかな笑み ...

  • オバマ政権8年間の「業績」、米国民はこう見る ギャラップ調査結果

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプ新大統領の就任が近づく米国では、バラク・オバマ現大統領の実績について振り返る動きが出始めている。世論調査会社ギャラップは1月9日、オバマ政権下の8年間に米国がどのように変化したかに関する国民の意見についての調査結果を発表した。調査は政治的に重要な問題に関して「米国は前進/後退したと ...

  • 米・石炭発電の新規制、連邦最高裁が一時差し止め 政権に痛手

    Daniel Fisher , FORBES STAFF

    石炭火力発電所の操業を停止させるために「大気浄化法」を持ち出すというオバマ政権の大胆な試みが、連邦最高裁の判断によって暗礁に乗り上げている。ジョン・ロバーツ連邦最高裁長官は先ごろ、新法の施行を一時的に差し止める判断を示した。新基準の実施については、コロンビア特別区連邦控訴裁判所が今年6月に口頭弁論を ...

  • オバマ大統領 セキュリティ予算を2兆円に増額

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    アメリカ政府がサイバー攻撃を受けてメンツをつぶされているのは周知の事実だ。中でも最悪と言えるのが、人事管理局から政府職員2,150万人以上の情報が漏えいした事件だ。2015年もアメリカの企業や公的機関を対象にロシアや中国がハッキングを仕掛けているとの報告が相次いだ。今週もハッカーがFBI職員2万人分 ...

  • 米政府 がん治療プロジェクトに約6000億円を拠出

    Emily Canal , Forbes Staff

    オバマ大統領は1月12日夜、任期中最後となる一般教書演説で、ジョー・バイデン副大統領をがん治療の国家プロジェクトの統括者にする方針を示した。また、米国国立がん研究所(NCI)が2016会計年度に52億1000万ドル(約6152億円)の予算を獲得したことも発表された。予算額の増加幅は2003年以来最大 ...

  • 銃の爆買いに走る米国民 スミス&ウェッソンは最高益を記録

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    アメリカ政府の銃規制強化の動きは消費者らを、銃の爆買いに走らせている。銃器製造メーカー、スミス&ウェッソンの株価は1月5日、12%以上も急騰。2007年7月以来の高値を記録した。これは同社の好調な業績を受けてのこと。その前日に同社は第3四半期の売上が記録的水準に達したことを発表。通年利益や一株当たり ...

  • アメリカで鎮痛剤の過剰摂取が急増。政府が対策に着手

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    ホワイトハウスは今週、近年急増している鎮痛剤の過剰摂取に対処すべく、インタラクティブな戦略を立ち上げたことを発表した。鎮痛剤オピオイドの乱用や誤使用、また過剰摂取した患者の治療や予防に対して、実例に基づいた最善の対処法を促進することを目的としたもので、地域密着型のフォーラムという形で進められる。これ ...

  • トランプは「史上最も健康な大統領候補」ではない

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    12月14日、アメリカ大統領候補ドナルド・トランプの担当医が同候補の健康状態を非常に良好とする書簡を公開し、話題となった。Lenox Hill Hospitalの胃腸科専門医であるHarold Bornsteinによれば、実際にトランプはとてつもなく健康だというのだ。「トランプ氏が選出されたら、これ ...