• 男性も女性も虜に なぜ今「モグラ女子」がウケるのか?

    山田 茜(女子学研究家) , Official Columnist

    「モグラ女子」という言葉、ご存知ですか?「モデル」+「グラビア」=モグラ。女性誌などのファッションモデルとしても、男性誌のグラビアとしても活躍している女性のことを指します。モグラというと地中にいたり丸っこいビジュアルだったりと、決して素敵なイメージではありませんが「モグラ女子」は、なんとも華やか! ...

  • 中国で乱立の「EVメーカー」 200以上の新興企業が市場参入

    Jack Perkowski , CONTRIBUTOR

    中国の自動車業界には多くのプレイヤーがいる。中国で生産する乗用車メーカーは86社あり、トラック、バスメーカーまで入れると、その数は150社以上に膨れ上がる。今年の中国の自動車生産台数は2,700万台に達する見込みで、世界最大の自動車マーケットにプレイヤーが多いのは理解できる。ただし、国家経済貿易委員 ...

  • 100%電動化を目指す自動車業界、一番乗りはバス業界かもしれない?

    Liane Yvkoff , CONTRIBUTOR

    ガソリンから電気という自動車のエコシステムの変化の中では、乗用車ばかりが注目を集めている。しかしバスにも、環境により優しい電動タイプが登場しつつある。運輸業界向けの電気自動車メーカーであるプロテラ(Proterra)は米公共交通協会(APTA)の年次総会で、新たな旅客バス「ケータリスト・エナジー・エ ...

  • 「すぐに買い手が見つかる」中古車トップ10、エコカーが人気のワケ

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    ガソリン価格が安い昨今、新車購入者の間ではトラックやSUVの人気が高い。だが中古車購入者――その時点で既に節約傾向にある人々――はさらにガソリン代を節約したいと考えているようだ。中古車情報サイトのアイシーカーズ・ドットコム(iSeeCars.com)では最近、1~3年落ちの中古車220万台以上のデー ...

  • 残された課題はアフリカ、世界のモビリティ事情

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “ガソリンと鉄の世紀”だった20世紀が終わり、モビリティの分野でも大きな変革が起こり始めている。地球環境とエネルギーの問題をきっかけに、低燃費化と排ガスのクリーン化に拍車がかかっている。だからといって、いつでも好きなときに好きなところに行ける「移動の自由」は人類が長年かけて手 ...

  • アウディ 現段階でもっとも実用的な選択としてのPHEV

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    メーカーが、エネルギー源にまで遡って再生可能な自動車社会を考える。アウディの取り組みは、そんな時代がすぐそこに来たと感じるものだ。2013年には、北海の洋上で風力発電を行う企業に出資。再生可能な電力をEVに充電して使うのはもちろんだが、電気には貯めておけないというデメリットがある。そこでアウディは、 ...