• 時速1200キロのハイパーループ「米国の35州をつなぐ」宣言

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクが推進する次世代交通システム「ハイパーループ」は、細いチューブの中を時速1200kmで進む未来感あふれる乗り物だ。そのハイパーループが全米の各都市をつなぐ壮大な計画を進めていることが明らかになった。【関連】社会問題も解決する「ハイパーループ」構想の全貌ハイパーループを運営するハイパー ...

  • ハイパーループ・ワン、初の工場設立 2017年のプロトタイプ完成目指す

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    イーロン・マスクが発案した次世代型超高速交通機関を実現するために設立された「ハイパーループ・ワン(Hyperloop One)」が、ラスベガスに初めての工場「ハイパーループ・ワン・メタルワークス」を設立した。2017年に完成予定のプロトタイプ“Devloop”で使用する金属製 ...

  • イーロン・マスクの「ハイパーループ」、愛人問題やパワハラで内乱勃発

    Matt Drange , FORBES STAFF

    未来テクノロジー「ハイパーループ」の実現に取り組む「ハイパーループ・ワン」に内紛が勃発した。同社の共同創業者で元CTO(最高技術責任者)のブローガン・バムブローガンと3人の元社員は7月12日、同社と同社経営陣の一部をロサンゼルス上級裁判所に提訴した。訴状によると、経営陣らは独裁体制を築き、縁故主義を ...

  • 社会問題も解決する「ハイパーループ」構想の全貌

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    少し前まで、空飛ぶ自動車や超音速鉄道はSF映画の産物だった。だが今、次々と企業が開発に向けて乗り出している。問題は「技術」にではなく、違うところにあるのかもしれない。2013年8月、宇宙開発企業「スペースX」のイーロン・マスクCEOが、音速で走る超高速鉄道「ハイパーループ」構想を発表した。「真空チュ ...

  • 「新しい取り組み、より良い手法」はすべてテクノロジーだ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    我々はスマートフォンを手に、アプリ一つで音楽を聴き、動画を観て、 SNSで誰とでも気軽につながることができる。確かに、世の中は便利になった。しかし、1969年にアポロ11号のニール・アームストロング船長が人類史上初の月面着陸に成功してから早や47年。当時、SF小説で描かれた、空飛ぶ自動車や宇宙旅行は ...

  • ハイパーループがドイツ鉄道、仏国鉄と提携 世界展開を視野に

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    ハイパーループの実現に取り組むハイパーループ・ワン社(旧名称:ハイパーループ・テクノロジーズ)は、ハイパーループの初のデモ走行を5月11日(現地時間)に実施した。デモ走行に先がけLAに本拠を置く同社は5月10日、8000万ドル(約87億円)のシリーズBラウンド資金調達を発表した。出資元には新たに13 ...

  • 時速1100キロ超の交通システム「ハイパーループ」、年内に本格試験走行へ

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    金属製のチューブの中を、空中浮上式の車両が超高速で走る――これが都市間を結ぶ交通機関の“未来“なのか。“ハイパーループ“というこの次世代交通機関の構想は、2013年、イーロン・マスクによって初めて公表された。目下開発が進められており、初となるフルスピー ...

  • 超音速列車「 ハイパーループ」欧州でも始動 スロバキア政府合意

    Federico Guerrini , Contributor

    スロバキアのブラチスラバからハンガリーのブダペストまでのんびりドナウ川クルーズを楽しむのもいいが、超音速列車がこの2首都をつなぐ日が来るかもしれない。その列車とは「ハイパーループ」。イーロン・マスクが発案した次世代の交通システムで、真空に近いチューブ内を列車が超高速で移動する。ハイパーループの実現を ...