• ノーベル賞受賞者が多い世界の大学トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は先日、2000年以降で最も多くのノーベル賞受賞者を出した大学ランキングを発表した。上位10校のうち、1位から9位までは全て米国、10位はイスラエルの大学だった。米ロックフェラー大学や独マックス・プランク研究所はトップ10入りを惜しくも逃して ...

  • ノーベル経済学賞のセイラー教授が提唱する「ナッジ」が重要な理由

    John Wasik , CONTRIBUTOR

    米シカゴ大学のリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞(ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞)を受賞した。同教授をはじめとする「行動経済学者」たちは、心理学と意思決定理論、経済学、社会学を融合させ、世界に対する私たちの見方を変える重要かつ成熟した経済学の一分野を創り出した。セイラー教授らは経済 ...

  • ベーシックインカム、ノーベル経済学者も支持する理由は

    Frances Coppola , CONTRIBUTOR

    「ベーシックインカム(最低所得保障)」がますます高い支持を得るようになりつつある。5年前には、間違いなく非主流派の限られた人たちが持つ考えだったが、それがいまや政治的立場を超えた多くの人たちの間で、高い関心を集めるようになっている。テクノロジーが従来の雇用モデルに対して及ぼす影響を懸念するシリコンバ ...

  • 30年後もノーベル賞大国であるために、禁断の劇薬「国立大学を半数に」

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    おくんち祭の熱気が冷めやらぬ長崎の夜だった。諏訪神社にほど近い居酒屋では、常連客たちが臨時ニュースに顔を真っ赤にして興奮していた。「ノーベル賞たい。チョーダイのシモムラ先生がとりなさった。すごかねえ」。チョーダイとは長大(長崎大学)、シモムラ先生とはその年のノーベル化学賞に輝いた、長崎大ゆかりの下村 ...

  • 薄毛やシワにさようなら! 延命医療に挑むビリオネア医師

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「毛髪再生を実現できれば、ノーベル賞もの」と言われるが、オスマン・カイバー(45)はそれに最も近い1人かもしれない。彼がCEOを務める米サンディエゴの製薬会社「サムメド」では、“若返り”を目的とした薬の開発を進めている。薄毛やシワ、関節炎といった症状を解消する可能性を秘めた抗 ...

  • ノーベル賞・科学分野に最も貢献している世界の大学トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    科学分野のノーベル賞受賞は、各国の大学にとっては一大事だ。受賞は世界トップクラスの教育機関にとって、その水準の高さ維持していることに対する称賛を意味するものであると同時に、他の機関との差別化をかなえるものでもあるからだ。先ごろ行われた2016年ノーベル賞受賞者の発表を受け、世界の教育市場に関する調査 ...

  • ノーベル文学賞、ボブ・ディランが稼ぐ金額 130億円の音楽フェスも

    Madeline Berg , Forbes Staff

    10月13日、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞した。ストックホルムの選考委員会はディランが「アメリカの歌の伝統に新たな詩的表現をもたらした」と讃えた。ロバート・ツィンマーマンという名前でミネソタ州に生まれた彼は、1960年代のニューヨークで音楽シーンに浮上した。代表曲の「風に吹かれて」や「時代は ...

  • トランプ候補はなぜノーベル賞候補になれたのか?

    Katie Sola , FORBES STAFF

    共和党のドナルド・トランプが、全く縁のなさそうな賞の候補者に挙がった。トランプがノミネートされたのは、ノーベル平和賞だ。推薦人資格は各国の国会議員や学者らに与えられており、実は簡単に推薦できる。ノーベル委員会が求める人物とは正反対の政治家の宣伝活動にも利用できてしまうのだという。トランプをノミネート ...