• セレブがヌードで「魚の保護」訴える、Fishlove運動が世界に拡散中

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    有名スターたちがヌードになり、死んだ魚を抱いた巨大なポスターがベルリンの中心部に展示されている。これは魚たちを絶滅から救うことを目的とした世界的キャンペーン「Fishlove」の一貫で、SNS上では#EndOverfishing(魚の乱獲をやめろ)とのハッシュタグとともに画像が拡散している。ベルリン ...

  • インスタグラムに溢れる「ヌード画像」が放置されている理由

    Jonathan Berr , CONTRIBUTOR

    インスタグラムには膨大な数のポルノ画像や、セックス関連のイメージが投稿されている。これはインスタグラムが厳格なヌード禁止のルールを定めていることから考えて、とても奇妙なことだ。ガイドラインでは、たとえアート的なヌードであっても禁止されている。性行為や性器、裸体のクローズアップは掲載禁止で、女性の乳首 ...

  • 男性雑誌の老舗「ペントハウス」がヌードを捨てない理由

    Dana Feldman , CONTRIBUTOR

    ペントハウス・グローバル・メディア社の女性CEO、ケリー・ホランドは今年のはじめ3年間にわたる買収交渉を経て、創刊51年の老舗男性誌「ペントハウス」の権利を手にいれた。ペントハウス社は2007年から出会い系サイトを運営するFFNグループが運営していたが、2013年に破産。経営権を引き継いだホランドが ...

  • 各国で話題の「裸のレストラン」、店舗ごとの特徴とは

    Cecilia Rodriguez , CONTRIBUTOR

    これらの店に行くことは、「自然な素材」の使用を掲げる他のどのレストランに行くこととも同じだ──メニューは大半が野菜や果物、食用花、薫製にした肉や魚など、生かそれに近い状態で提供される。ただ、これらの店での“メイン”は、来店客が裸で食事をすること。いわゆる「裸のレストラン」が、 ...