• 元物理学者や詩人も活躍 世界的クリエイティブ集団の秘密

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ナイキの「JUST DO IT.」を筆頭に世界的な広告キャンペーンを手掛ける独立系エージェンシー、ワイデン+ケネディー(W+K)。日本では、フリースブームのきっかけを作ったユニクロのキャンペーンを手がけたエージェンシーとしても知られている。メガ・エージェンシーとは一線を画す独創的なクリエイティブで、 ...

  • ナイキ創業者、株価急騰で資産19億ドル増 アマゾン提携で

    Kate Vinton , FORBES STAFF

    ナイキの共同創業者フィル・ナイトはすでに経営の第一線から身を引いているが、筆頭株主として同社の成功の恩恵にあずかっている。ナイトの資産総額はフォーブスの試算によると、現地時間6月30日午後2時15分の時点で266億ドル(約3兆円)に達し、世界29位の富豪となった。これは29日の取引終了後にナイキがア ...

  • ナイキの新たな「デジタル戦略」、東京など世界12都市を重点化

    Pamela N. Danziger , CONTRIBUTOR

    米スポーツ用品大手ナイキは今年、好調なスタートを切ったとはいえなかった。3月には2017年度第3四半期(16年12月~2月期)の世界全体の売上高が前年同期比5%増となり、同社にとって最大の市場である北米では、同4%増にとどまったことを発表した。ナイキにとって、満足のいく成長ペースではないことは明白だ ...

  • ナイキの野心的目標は達成可能か? 売上高5兆円を目指す

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    米スポーツ用品大手のナイキの業績は堅調を維持している。だが、同社は勢いを盛り返したアディダスや、北米市場のバスケットボール部門で強さを見せるアンダーアーマーとの競争激化に直面している。こうした状況はナイキの売上高の伸びを押し下げる圧力となり、受注への影響も見え始めている。ナイキは2015年度、売上高 ...

  • 北米で競争に直面のナイキ、増収増益も「期待外れ」?

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米スポーツ用品大手ナイキは3月21日、増収増益となる第3四半期(2016年12月~17年2月期)の決算を発表した。だが、売上高の伸びが大方の予想を下回る結果となったことから、同日の株価は時間外取引で1%下落した。ナイキの同期の売上高は、前年同期比5%増の84億3000万ドル(約9410億円)。増収と ...

  • 2016年株価が下がった「スポーツブランド」 3銘柄

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    2016年はスポーツ史における最高の年だったと言っていい。オリンピックではウサイン・ボルトやシモーネ・バイルズ、マイケル・フェルプスが活躍。シカゴ・カブスは107年にわたって苦しめられてきた“呪い”が解けて優勝を果たし、キャバリアーズはクリーブランドに52年ぶりのタイトルをも ...

  • 苦戦するリーボックに「第3ラウンド」はあるか

    AJ Agrawal , CONTRIBUTOR

    スポーツ用ブランド、リーボックは11月3日、マサチューセッツ州カントンにある本社オフィスを閉鎖すると発表した。スポーツシューズ部門で他社との競争に苦戦し、売り上げ低迷が続く同社は今後、回復を遂げることができるのだろうか。それともオフィス閉鎖は同社の最後のあがきなのだろうか。筆者はリーボックに大いに期 ...

  • スポーツ界4部門で最も価値が高いのは? ブランドはナイキ、選手はフェデラー

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    フォーブスは10月24日、今年の「スポーツ4部門のブランド・ランキング(Forbes Fab 40)」を発表した。このランキングは、スポーツ・ビジネスのほかチーム、アスリート、イベントの各部門のブランド価値トップ10をそれぞれ決定するもの。それぞれの収益ではなく、ブランドとしての「名称」そのものが価 ...

  • ナイキの魅力は失われつつあるのか? 縮まる期待と現実の差

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    米スポーツ用品大手のナイキは長年にわたり、優れた製品で消費者たちを、そして素晴らしい業績で投資家たちを高揚させてきた。予想を大幅に上回る増収増益を記録し、株価も上り調子を維持してきた。ところが、実際の売上高や利益と予想の差は縮まる傾向にあり、同社は以前ほどには、投資家たちを興奮させることがなくなって ...

  • ナイキが地域活性化に貢献、「コミュニティストア」の新店がデトロイトに

    Dale Buss , CONTRIBUTOR

    米スポーツ用品大手のナイキは5月26日、自動車の街として知られるミシガン州デトロイトに新たにナイキ・デトロイト・コミュニティストアをオープンした。ウッドワード・アベニュー沿いに開いた同店は、広さ2万平方フィート(約1,860平方メートル)を誇る大型店。資産家のダン・ギルバートやマイケル・イリッチなど ...

  • ナイキ創業者が若者たちにアドバイス、回顧録に綴られた記憶

    Carmine Gallo , CONTRIBUTOR

    ナイキの創業者で会長のフィル・ナイトが最初に就いた百科事典の販売の仕事は、うまくいかなかった。次に始めた投資信託の営業では、もう少しましな結果を残すことができた──。そして、ナイトがその後に売り歩くことになったのは、愛車のグリーンの1963年型プリムス・ヴァリアントのトランクに詰め込んだ、ランニング ...

  • ナイキが第3四半期の決算発表、「安定してバランスの良い」成長

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米スポーツ用品大手ナイキは3月22日、2015年12月から2016年2月まで(第3四半期)の決算を発表、前年同期比20%の増益を記録したことを明らかにした。増益幅はアナリスト予想を上回ったものの、ドル高の影響で売上高が市場予想を下回ったことを受け、同社の株価はこの日の時間外取引で2%以上下落した。 ...

  • ナイキ創業者、スタンフォード大学に4億ドル寄付の狙い

    Ryan Mac , Forbes Staff

    ナイキ創業者で会長のフィル・ナイトは2月24日、米スタンフォード大学と共同で、大学院生を対象とした7億5,000万ドル(約845億9,000万円)の奨学プログラム基金を設立すると発表した。これは、英オックスフォード大学のローズ奨学制度に倣ったものだ。スタンフォード大学ビジネススクール出身のナイトは、 ...

  • レブロン・ジェームズがナイキと生涯契約を締結、これまでの契約期間に株価はどう動いた?

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    全米プロバスケットボール協会(NBA)では、ゴールデンステート・ウォリアーズが今年初めから22連勝を記録。同チームに所属し、アンダーアーマーと契約するステフィン・カリーが今シーズンのNBAの話題となっていた。しかし、ナイキとクリーブランド・キャバリアーズに所属するレブロン・ジェームズが生涯契約を結ん ...