• 混乱するトルコについて知っておくべき9つのこと

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    トルコは混乱に陥っている。同国の通貨リラは下落を続け、インフレは制御不能になっている。非常に多くのことが起きているトルコについて、知っておくべき9つのことを紹介する。1. 投資家の信頼感がゼロトルコの政策には、主に2つの問題がある。まず、通貨リラの下落と政府の信用保証基金の大幅な拡充は、景気の過熱を ...

  • トランプが追い詰めるトルコ、救うのは誰か

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    ドナルド・トランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争に、トルコが“参戦”することになった。トルコとの戦いは、米国の製造業を救うこととは全く関係がない。だが、トランプは8月10日、トルコ産の鉄鋼・アルミニウムに対する関税を2倍に引き上げ、それぞれ20%、50%とする方針を明らかにした。 ...

  • トルコでビットコイン取引が急増「リラより安全」との声も

    Billy Bambrough ,

    トルコでは経済危機の高まりとともに、ビットコインや仮想通貨の取引ボリュームがここ数日で急増している。トルコ最大の仮想通貨取引所「Koinim」は、ビットコインの取引高が63%の急増となったと報告した。一方、「CoinMarketCap」のデータでも、トルコの取引所「BTCTurk」と「Paribu」 ...

  • ファッション業界で急伸の「トルコ製」アパレルの存在感

    Declan Eytan , CONTRIBUTOR

    東西の文化や経済のハブであるトルコは、この数十年、世界のファッションの生産拠点として確固たる地位を築いてきた。トルコの繊維・アパレル製造業は低コスト・高品質で知られ、大手ファストファッションから「バルマン」や「ヒューゴ・ボス」といった高級ブランドまで、数多くの欧米企業が進出してきた。そして今、トルコ ...

  • 週平均60時間超働く人の割合、最多はトルコの23.3%

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    私たちの労働時間は、さまざまな要因に影響を受ける。医療従事者や警察官などは、明らかな必然性によって勤務時間を超過することがあるだろう。また、仕事に対する個人の意欲や、会社側の期待、あるいは国によって異なる文化的な背景なども、労働時間を左右する。経済協力開発機構(OECD)は加盟各国の統計に基づき、そ ...

  • どの新興市場がいま狙い目なのか?

    Chris Wright , CONTRIBUTOR

    ファンドマネージャーや銀行アナリストが年末の総括に取りかかろうとするなか、今こそ新興市場を見直そうという機運が高まりつつある。とはいえ、あらゆる資産クラスにまんべんなく資金を投じるのは火傷の元、選択と集中が必要なのだ。では、どこに集中運用をするべきなのか?新興国をひとつの均質なブロックと見ることがい ...