• 自動運転で世界を取る、ウーバーを追放された男たちが見た夢

    Biz Carson , Forbes Staff

    トラビス・カラニックとアンソニー・レバンドウスキーは似たもの同士と言える──。両者ともテクノロジーの熱狂的支持者であり、自動運転のアイデアに取り憑かれ、人生の一時期をウーバーの役員会の重要メンバーとして過ごしたという点で。カラニックとレバウンスキーの2名はウーバーから追放された。ウーバーの共同創業者 ...

  • カラニックCEO辞任はウーバー立て直しの最善策ではない

    Davia Temin , CONTRIBUTOR

    ウーバーのトラビス・カラニックCEOが辞任を強いられたのは、私にとっては悲しいことだ。カラニック辞任のニュースについては世界中のメディアアナリストやリーダーシップ専門家が解説しているが、本記事ではそれとは全く異なる視点、特に、組織内の男女平等を声高に支持してきた人物からの視点を紹介したい。カラニック ...

  • ウーバーの成長の原動力、カラニックCEOの「問題解決型」思考とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ウーバーはなぜ、シリコンバレー史上最速の成長を実現し、世界最大のユニコーン企業になれたのか。その原動力には、カラニック流の創造的問題解決思考があった。ウーバー社の会議室で、トラビス・カラニックが雑音を遮断して考え込んでいた。グレーのポロシャツとチノパンに、黒のスニーカーを履いた彼は席を立つと、バスケ ...