• 上司のためか、ユーザーのためか──次世代モビリティの開発で得た、最も重要な視点

    琴 章憲 , OFFICIAL COLUMNIST

    若手3人が浜松にいた頃は、就業時間後や週末に仕事のことを考えることはなかったという。浜松では、仕事とプライベートは切り分けて考えていた。(前編/中編)しかし、シリコンバレーでは3人が同じ屋根の下で暮らし、リビングルームの壁中に高齢者の発言や考え、感情などが書かれたポストイットが貼られている。そんな環 ...

  • 高齢者に必要な次世代モビリティとは? 共感インタビューで見えた衝撃の事実

    琴 章憲 , OFFICIAL COLUMNIST

    「シリコンバレーで、若手3名が一つ屋根の下で暮らし、デザイン思考を使って、今までにない全く新しい次世代モビリティを開発する」スズキの特別プロジェクト公募に自ら志願し、選抜された3名はデザイン思考のフレームワークに沿って、街頭インタビューを敢行。その結果をもとに、開発を進めていくこととなった。(奮闘記 ...

  • なぜ、デザイナーが経営に関わるべきなのか?

    坪田 朋 ,

    価値観の多様化が進んだ現代。人々が良いと思うものの基準が百人百様になっているため、ロジカルシンキングをもとにした課題解決思考ではニーズを掴むのが難しくなってきている。こうした時代において、必要なのは課題解決思考ではなく、「デザイン思考」だ。ヒューマン・セントリック・デザイン(人間中心的)とも呼ばれて ...

  • 次世代モビリティを開発せよ! 大企業の20代社員3名の奮闘記

    琴 章憲 , OFFICIAL COLUMNIST

    WiLのシリコンバレーオフィスは、透明なガラスが多く使われており、社長室はない。全員が同じフロア内で分け隔てなく座り、定期的に無作為な席移動が行われる。オフィスの至るところで行われる、英語や日本語での立ち話はオフィス内でのよくある日常の一コマだ。厳格な出勤時間もなければ、ランチ時間もない。ここで働く ...

  • VUCA時代にこそ、デザイン思考が必要なワケ

    琴 章憲 , OFFICIAL COLUMNIST

    BI(Before Internet)の時代に有効なアプローチは論理的思考であり、AI(After Internet)の時代に有効なアプローチはデザイン思考であると前回の記事で述べた。では、なぜデザイン思考が有効だと思うのか。今回はその理由を述べたい。現在、私が働いているベンチャーキャピタル(VC) ...

  • デザイン思考を活用するために、プロセスより大事な5つのこと

    IDEO (アイディオ) , Official Columnist

    大企業から教育現場まで、日本においても「デザイン思考」の導入を試みる組織が増えてきたのは前回の記事で触れた通りだ。そんななか、我々のもとにはプロジェクトの相談とともに、「デザイン思考の本などを読んでプロセスは理解したが、実務に活用しようとするとうまくいかない」という悩みが寄せられることがよくある。年 ...

  • 世界のエリートに学ぶ「創造的思考力」の伸ばし方

    秋山 ゆかり , Official Columnist

    この数年で「デザイン思考」が新しいフェーズに入り、イノベーションを生む手段としてのみならず、企業を変革する経営戦略のツールとしても使われるようになってきています。さらには、数年前から「デザイン」を「芸術」に広げた考え方も出てきています。特に、昨年ごろからその動きは顕著といえるでしょう。昨年、フィナン ...

  • 社員は誰もが「デザイナー」 IDEOが語るデザイン思考の本質とこれから

    IDEO (アイディオ) , Official Columnist

    世界の様々な分野においてイノベーションを後押ししてきたIDEO。数々の企業が抱える課題に、「デザインの力」で答えてきた彼らを代表し、IDEOビジネス・デザインディベロップメント担当ディレクター野々村健一が、デザイン思考を取り巻く潮流の変化を語る。米国西海岸に拠点を置く我々が、「日本の変化の触媒になる ...

  • イノベーション・チームが知るべき「2つの違い」

    佐宗 邦威 , CONTRIBUTOR

    セールスフォース・ドットコムでは顧客向けイノベーション支援プログラム「Ignite」を導入している。「Ignite」とは、ソリューションデザインチームが顧客の「デジタル・トランスフォーメーション(事業の構造的変革)」という経営課題に対し、顧客とともに課題の可視化、解決策のプロトタイプ化を行う取り組み ...

  • デザイン主導で「イノベーション支援」する方法

    佐宗 邦威 , CONTRIBUTOR

    世界的企業は今、なぜ「デザイン×経営」なのか──。「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」の著者でbiotopeのCEO、佐宗邦威氏が、協働や共創にデザインを活用している先進企業への取材し、その事例を紹介していくこの連載。今回のインタビュー相手は、セールスフォース・ドットコム(以 ...

  • 世界的企業は今、なぜ「デザインx経営」なのか?

    佐宗 邦威 , CONTRIBUTOR

    『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』の著者・佐宗邦威が、これからの経営に必要な新たな動きを3社への取材を通して読み解く。「デザイン×経営」という新しいフェーズへの地殻変動が起きています。この変化は「デジタル・エコノミー」に対応するため、大企業が組織のカタチや働き方を根本的につ ...

  • 「新たなデザイナー」たちが組織を変革していく

    佐宗 邦威 , CONTRIBUTOR

    Forbes JAPAN 4月号に連動する今回のインタビューでは、『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』の著者でBiotope・CEOの佐宗邦威氏が、IBMのディスティングィッシュド・デザイナーであるダグ・パウエルに話を聞いた。IBMでは、今後のさらなる成長のために、デザイナーとエンジニア ...

  • IBMがデザイナーを1000人雇い、デザイン思考を推める理由

    佐宗 邦威 , CONTRIBUTOR

    現在発売中のForbes JAPAN 4月号では、biotope・CEOで『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』の著者・佐宗邦威氏に「世界的企業は今、なぜ『デザイン×経営』なのか」という記事を寄稿していただいた。佐宗氏が「協働、共創、創発のOS(基本ソフト)として活用している」 ...

  • IBMやソニーに学ぶ「創造性を生む」環境づくり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    キーワードは“余白”と“スピード”。デザイン思考で考える「創造的ワークスタイル」とは? 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』の著者・佐宗邦威にこれからイノベーションを起こすために必要な「場」について聞いた。現在、クリエイティビティを経営に取 ...