• 「ディープラーニングの現在地は、ネットの1998年」東大・松尾豊氏が語ったこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI研究の第一人者として知られる東京大学の松尾豊・特任准教授は、8月8日にオープンした日本初のAI特化型インキュベーション施設「KERNEL HONGO」(カーネル・ホンゴウ)の説明会で、注力分野であるディープラーニングの現在地についてこのように語った。以下、松尾特任准教授の言を紹介したい。数十年に ...

  • 日本初のAIインキュベーション施設「KERNEL HONGO」 東京・本郷にオープン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI特化型インキュベーターのディープコアは、AIに特化した日本初のインキュベーション施設「KERNEL HONGO」(カーネル・ホンゴウ)を8月8日、東京・本郷にオープンした。同社はソフトバンクグループが100%出資する子会社。AI分野、特にディープラーニング分野の技術者や研究者を起業家として育成す ...

  • 人間の動きを学習・生成するアニメーションAI「ディープミミック」

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    コンピュータグラフィックス技術(CG)やアニメーション技術により生み出された映画・ゲームのキャラクターは、年々その動きがリアルになり、昨今では実写と見間違うほどに再現度が高くなっている。今回、その自然な動きをさらに効率よく描写・生成するための、新しいディープラーニング技術が公開された。新技術を発表し ...

  • 韓国で「AI World Cup 2017」初開催 AI選手がプレースタイルを学習

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , Official Columnist

    2016年3月に、イ・セドル棋士とグーグル ディープマインドの囲碁AI「アルファ碁」の対決が実現した韓国。今回、そんな“AI所縁の地”で、世界初のAIフットボールゲーム大会が開催された。「AI World Cup 2017」と銘打たれた同大会を主催したのは、韓国理系大学の最高 ...

  • 日本がAIで勝つためには「魅力的な給与」があればいい

    岩坪 文子 , Forbes JAPAN 編集部

    今年1月、日本人で唯一AIの未来について議論する「アシロマ会議」に出席した東京大学准教授・松尾豊氏と、今秋、AIの世界的プレーヤーを東京に集めたシンポジウム「AI & Society」を企画するベンチャー、アラヤ代表・金井良太氏。両氏が語るAIのグローバルなトレンドと日本企業の現状、これから ...

  • 人工知能は「ITで敗北した」日本企業のチャンスとなるか

    岩坪 文子 , Forbes JAPAN 編集部

    ディープラーニングなどの技術的なブレークスルーにより、AIは企業があらゆる分野のビジネスに適用するようになってきた。企業と学会の連携も進み、AIの未来について考える国際的なコミュニティも続々と設立されている。スカイプの共同創業者ヤン・タリン、MIT教授マックス・テグマーク、イーロン・マスクらによって ...

  • 誤審を減らし、戦略を提案 テクノロジーでスポーツはどう変わる?

    AI Lab 編集部 , CONTRIBUTOR

    スポーツにさまざまなテクノロジーが取り入れられているのは今では常識だ。サッカーでは、2014年のブラジルW杯で、映像技術を用いて審判のゴール判定を補助する「ゴールライン・テクノロジー(Goal-line technology)」が導入された。最近では欧州サッカー連盟(UEFA)も導入している。「誤審 ...

  • 大企業と次々に協業する「プリファード・ネットワークス」のこだわり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「機械学習やディープラーニング(深層学習)により、賢くなった機械をどう賢くつなげていくか。コンピュータの強みは、コミュニケーションや能力共有を一瞬で大量に行うことができること。僕らはコンピュータ同士をつなげることで新しい産業が生まれるのではないかと思っています」最先端の人工知能(AI)関連技術の研究 ...

  • マイクロソフト「リアルタイムAI」目指すプロジェクトBrainwave始動

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    グーグルは人工知能(AI)領域で優位に立つため、専用プロセッサの「Tensor Processing Unit(TPU)」を開発した。TPUはディープラーニングのアルゴリズムに特化した機能を持つチップだ。グーグルはまた、グーグルクラウド上で動作する「Cloud TPU」と呼ばれるボードを開発し、外部 ...

  • IBM、ディープラーニング爆速化の新ツール発表 AI分野に衝撃

    Patrick Moorhead , Contributor

    IBMは2000年代にワトソンを開発して以来、AI業界を牽引してきた。IBMはディープラーニング用のソフトウェアツールキット「PowerAI」を発表し、AIシステムを一から開発しなくとも、ニーズに合わせて仕様をカスタマイズできるソリューションを提供している。IBMリサーチは8月8日、このPowerA ...

  • AIの世界王者決定戦「ImageNet」で中国チームが上位を独占

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    中国政府は2030年までにAI(人工知能)分野で世界トップになるため、企業や政府、軍に対して多額の投資を行うことを公表している。今年は世界的な画像認識コンテストである「ImageNet」で全27チーム中半分以上を中国勢が占め、上位を独占した。コンピュータによる画像認識精度を競うImageNetは、A ...

  • 「次世代のインテル」NVIDIAに学ぶ、飛躍的進化への道筋

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    “次世代のインテル”の呼び声高い米半導体大手エヌビディア。ゲーム屋からAI(人工知能)技術の黒子役へ。なぜ、見事な進化を遂げられたのか─。「社内であるゲームをしていましてね」いま最も注目集めるベンチャーキャピタルの米アンドリーセン・ホロウィッツ共同創業者、マーク・アンドリーセ ...

  • サイエンス作家・竹内 薫が描く、AIと自分の未来「4つのシナリオ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「テクノロジーは予測されたようにはやって来ない」。物理、数学、宇宙など幅広いジャンルで執筆を行う竹内薫はそう話す。量子コンピュータにAI。これらは私たちをどう変えるのか。2012年に始まった「電王戦」を見る限り、将棋においてはすでに人間がコンピュータの後塵を拝する時代になっています。では囲碁はどうな ...

  • グーグル超え狙うディープラーニング企業「ガマロン」の野望

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    現在、世界中のテクノロジー企業がこぞって「ディープラーニング」を導入している。ディープラーニングとは、ディープ・ニューラル・ネットワークを用いた機械学習で、例えば猫をあらゆる角度から撮影した画像1万点をニューラルネットワークに学習させると、猫を認識できるようになる。しかし、犬の画像を混ぜてしまうと、 ...

  • グーグルがAMDと提携 ディープラーニング技術をクラウドに投入

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    半導体メーカーAMDが初めてディープラーニング領域に踏み込もうとしている。11月14日、ソルトレイクシティで開催のカンファレンスで同社は、グーグルのデータセンターにおいて、AMDのグラフィックプロセッシングユニット(GPU)が採用されると発表した。現状では主にゲームのグラフィックに用いられるGPUは ...

  • 中国バイドゥ グーグルに対抗し人工知能技術をオープンソース化

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    ディープラーニングは人工知能分野で急速に発展しているカテゴリだ。アルゴリズム解析は自然言語処理やコンピュータビジョン、機械翻訳の分野に多大なメリットをもたらしつつある。しかし、このフィールドは技術に精通した一部のエンジニアのみがアクセス可能なものと思われてきた。9月1日、中国の検索エンジン大手バイド ...